「名市大 医療・保健 学びなおし講座」受講状況・受講者の声

  • 受講生の声
  • 受講状況
  • 受講者による講義評価
  • 学びなおし講座 座談会レポート

目次

レポート一覧レポート一覧    ※各詳細については、リンクをクリックしてご覧ください。
2016年度の総評
2015年度の総評
2014年度の総評
2013年度の総評
2012年度の総評
2011年度の総評
2010年度の総評
2009年度の総評
2008年度の総評

受講者による講義評価

2012年度の総評

創設から3か年間は文部科学省の委託事業として実施してきました。2011年度からは名古屋市立大学の独自事業として有料講座になり、今年度で2年目になります。

2011年度同様に、春期3科目・秋期3科目の計6科目(1科目15コマ、2単位)を開講しました。講座受講中は一時託児サービスを1回2000円で利用できる様にしております。

2012年度学びなおし講座の利用者数は、2012年4月~2012年12月までで延べ272名となりました。そのうち「受講修了証」を取得された方は延べ204名。さらに、4科目8単位以上の受講修了者は「履修証明試験」を受験することができ、2012年度は1名の合格者が「履修証明書」を取得されました(詳しくは「履修証明制度」を参照)。

2012年度は、実習中心科目を春期・秋期1科目ずつ含めた、合計6科目を開講しました。今年度のラインナップは、受講生の声を参考に、新科目を多く開講したところが特徴です。例えば、ハンズオン(実際にやってみる)中心科目の春期講座「チーム医療に必要な基礎体力作り」や、秋期講座の「画像診断・放射線治療を学ぶ」、さらに医学的理解を強化しリニューアルした「発達障害を学ぶ」を開講しました。新科目の開講により、これまで以上に多くの職場で働く受講生が集まり、大変活気ある講義が展開されました。ほとんどの受講生が講義内容について満足していただけており、次年度開講への期待度も大変高い結果でした。今年度人気講座の発達障害、周産期医療は、次年度も開講する予定です。



受講中の講座の内容について


次年度の開講への期待について


2012年度 評価レポート

各科目別の評価レポートは下記より参照いただけます。各講座名をクリックすると、PDFPDFにて評価レポートを開きます。

ページの上部へ