初期研修プログラム

産科婦人科重点研修プログラム(産婦人科コース)

産科婦人科重点研修のポイント

  1. 診察の介助を経験しながら、基本的な産婦人科診療技術(内診や画像診断など)を習得できる。
  2. 生殖医療、周産期医療、婦人科腫瘍などの専門的先端医療の現場を体験することができる。
  3. 産科・婦人科に関連した、麻酔技術や未熟児・新生児の管理技術を学ぶことができる。

研修について

1年目に内科を6か月間集中研修するなど、女性のためのプライマリーケア能力の基盤をしっかりと養います。多数の指導医のもと幅広い臨床研修を重ね、本来であれば3年次の専攻医研修で経験する産科婦人科の基本的手技を2年次に習得することができます。また、2年次からは指導医と共に主治医となり、患者さんに積極的に関わることができるのも大きな利点です。

モデルコース

大学2年コース、たすきがけコースと同じようにローテートすることも可能です。

1年目

4月 必修6ヶ月 総合内科・総合診療科
5月 消化器内科
6月 循環器内科
7月 呼吸器・アレルギー内科
8月 神経内科
9月 総合内科・総合診療科
10月 必修3ヶ月 救急科

11月
12月
1月 選択1ヶ月 産科婦人科
2月 選択必修1ヶ月 消化器・一般外科
3月 必修1ヶ月 麻酔科

2年目

4月 選択2ヶ月 産科婦人科
5月 小児科(NICU)
6月 必修1ヶ月 地域医療
7月 選択9ヶ月 耳鼻いんこう科
8月 産科婦人科
9月 その他選択科目
10月
11月
12月
1月 産科婦人科
2月
3月

※4週間を1タームとしてローテートするため、実際のローテートは月単位ではありません。

  • 必修科目:内科6ヶ月、救急科3ヶ月、麻酔科1ヶ月、地域医療1ヶ月
  • 選択必修科目:産科婦人科1ヵ月
  • 選択科目:約30診療科を選択 (診療科はこちら
  • 短期研修:最大3ヶ月まで約40の連携病院での研修が可能

産科婦人科について

産科婦人科は女性がかかるすべての疾患を診断して治療する、女性のためのプライマリーケアを行う能力が必要です。当院の外来や病棟、臨床シミュレーションセンター(http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/simncu/)において、基礎能力を身につけた上で生殖医療、周産期、腫瘍などを専門として技術を習得していきます。特に全国に先駆けて行われた出生前診断・胎児治療および不育症(習慣流産)治療は多くの実績を残し、最近では着床前診断にも取り組んでいます。また、臨床遺伝医療部による遺伝性疾患に対する診断、カウンセリング、治療を学ぶことができるのも大きな魅力です。

プログラム責任者からのメッセージ

可能性を追求し夢を実現していく


プログラム4責任者
分娩・成育先端医療センター副センター長
病院教授 尾崎康彦

人生における「仕事(works)」とは、社会との関わりを通じて自分を理解し、可能性を追求し夢を実現していくことであると考えています。

産科婦人科医という人生を選択し数多くの患者様やスタッフと出会い、名古屋市立大学に育てていただいた(さば読んで)約25年間において、幸運なことに1秒たりとも悔いはありません。

我が医師としての後半戦に、数多くの資質溢れるタレントを導き育む事を、ひとつ のworkとしたいと思い、コアメンバーに参加させて頂きました。我々と共に、ここで人生をエンジョイしましょう。