私たちについて

理念・基本方針

理念・基本方針

理念

  • 総合的かつ専門的な診療能力をバランス良く修得し、プロフェッショナルとしての自覚を持って、患者さんのためのチーム医療を実践できる。
  • 最新知識の吸収意欲と医学研究マインドを備え、医療の発展に寄与するようなヒューマニズムとアカデミズムにあふれる医師になる。

基本方針

  • 将来専門とする分野にかかわらず、全ての医師が身に付けるべき基本的診療能力を実践できる。
  • 大学病院ならではの幅広い専門性を有効に活用できる。
  • 協力施設と連携して、研修医の多種多様なニーズに柔軟に対応した研修プログラムを通じて、多様性のある医師像を体現化できる。
  • 医学教育の精神を持ち、高い倫理観と思いやりを持てる。
  • 医療安全管理の意識を身に付け、適切な危機管理ができる。
  • コミュニケーション能力を身に付けて、医師、看護師、メディカルスタッフ等との連携・協力による最良のチーム医療を実践できる。
  • 地域医療プログラムを通じて、地域背景や患者さんのニーズに応じた柔軟な対応ができる。

総合研修センター構成

名古屋市立大学臨床研修病院群の臨床研修の円滑な実施を図るために、名古屋市立大学病院に総合研修センターを置きます。当センターは、研修プログラ ムの企画と管理・総合内科・救急研修を円滑に行うためのプログラム作成、協力型臨床研修病院および協力研修施設との連絡調整、研修医の募集・採用、研修環 境の整備・管理などを担当します。

センター長 明智龍男
副センター長 林祐太郎
服部友紀
兼松孝好
髙橋広城
高桑修
センター長補佐 西田絵美
センター専任事務担当 小島沙織
青島健太
教育研究課医療人育成係 滝塚厚夫

研修責任者

研修責任者一覧

総括責任者 名古屋市立大学病院長 
小椋祐一郎
臨床研修責任者 総合研修センター長 
明智龍男
プログラム責任者
大学病院基盤研修 兼松孝好
協力型病院連携研修 明智龍男
(副:林祐太郎・髙橋広城)
小児科重点研修 齋藤伸治
産科婦人科重点研修 尾崎康彦

プログラムの構成

当院では4つのプログラムを用意しています。