研修医の皆さんへ

多施設、他診療科を経由して、実地診療から高度先進医療までを幅広く経験し、単に医術に留まらず、患者さん中心の医療ニーズに応えられるだけの応用力が本当の実力です。

高度先進病院から診療所まで、幅広い範囲で活躍できるために、

  1. 基本に忠実に、医療面接と身体診察を重視した医療診断能力
  2. 高い初期診療対応能力
  3. 患者さんと多職種医療者を交えたチーム医療を牽引できる総合マネージメント能力
  4. 知識と技術を偏らずに駆使でき、バランス感覚のある適応能力

などが求められます

これらを個人レベルで獲得することは至難の業です。個々の医師のニーズに応え、高い水準で、自由度の高い研修を提供し、統合していくお手伝いをいたします。

様々な将来像に合わせた、長期的キャリア形成を支援します。

2018年度から開始となる、新たな総合診療専門研修プログラムに関する資料は下記3ファイルとなります。ただし、『本専門研修プログラム』は、一次審査を通過したものであり、まだ二次審査を踏まえて修正・変更があることをご承知おきください。

▲このページの一番上へ

特色

準備中

▲このページの一番上へ

具体的な研修コース例

準備中

▲このページの一番上へ

担当教員からのコメント

総合内科では、内科的な疾患の診察法、検査を主治医として独立して行うことが出来る水準を目指して指導しています。
また、時間外も担当するので、内科医として必要な経験を積むためのトレーニングにも最適です。
ぜひ若い研修医の先生をお待ちしています。

▲このページの一番上へ

よくある質問

準備中

お問い合わせ

ご質問がございましたら下記までお問い合わせください。
見学についても随時受け付けていますので、メールにてお気軽にご相談下さい。

▲このページの一番上へ