総合内科のご案内

  1. ホーム
  2. 教室のご案内
  3. 総合内科のご案内

総合内科のご案内

2007年に患者中心医療と総合医療研修の重点化を目的内科的総合医療チーム「コア診療ユニット」が結成されました。診療チームでは、多臓器に問題を抱えたり、臓器別疾患に分類されにくい全身疾患、症候があっても診断がついていない患者さんなどの診療を受け持ち、市立大学病院の多くの診療科と協力しながら、総合的な患者さんのマネージメントを行ってきました。この活動を基に、2009年10月に地域医療教育学分野が新設されると同時に、病院診療科として「総合内科」を標榜することとなりました。

従来の診療科では統合的な診療や研修が困難でしたが、私たちは患者さんやや地域のニーズに合わせた、幅を持った診療を提案していきたいと考えています。標準的な診療をよく理解した上で、さらに自由な発想で活躍できるユニークで幅広い守備範囲を持つ新世代の医師を目指します。

特色

総合内科では研修医・学生教育を特に重視しており、単に診療するだけではなく、患者さんの診療を通じて研修医も指導医もそこから何を学ぶかを絶えず意識しながら診療に当たるように指導しています。

スタッフ紹介

大原弘隆 教授 総合内科学、医学教育、消化器内科学(特に膵胆道病学)
兼松孝好 講師 総合内科学、医学教育、消化器内科学(特に肝臓病学)
岡本泰幸 助教 総合内科学、消化器内科学
宮城壯太 臨床研究医 総合内科学、腎臓内科学
荒川和幸 臨床研究医 総合内科学、公衆衛生学
平田慶和 特任助教 総合内科学、 消化器内科学
海老正秀 特任助教 総合内科学、消化器内科学(特に肝臓病学)

▲このページの一番上へ

救急診療

平日(17時から翌朝8時30分まで)、及び土日曜祝日(24時間無休)の救急時間外受診、救急車以外で受診された患者さんの診療を行っています。(ご注意:現行では火曜日および土曜日の夜勤帯(17時から翌朝8時30分まで)につきましては輪番救急担当医による診療となり、総合内科担当医による診療は行っておりません。)

救急外来では、初診患者さんを中心に当科が担当していますが、各診療科のかかりつけ患者さんであっても、かかりつけ疾患とは関連の無い初発症状のある患者さんなどにつきましても同様に当科が担当しています。

重症患者さんや専門診療科のアドバイスが必要なケースでは、救急部や当直専門診療科と協力して診療させていただきます。

▲このページの一番上へ

外来診療

毎週金曜日の内科初診外来を大原・兼松で担当しています。
午後からの時間外受診をされる内科初診患者さんの診療を、当日の外来担当医が行っています。

▲このページの一番上へ

入院診療

約10床程度の総合内科病床を有しており、外来診察で入院が必要と考えられた患者さんの入院診療を行っています。主に、時間外・救急外来からの緊急入院が多いですが、他病院において診断困難な症例や、単一診療科では扱いにくい複合疾患症例なども担当しています。

▲このページの一番上へ

患者様のご紹介

近隣の医療施設の皆様へ

名古屋市立大学病院 総合内科にご紹介頂く場合には、紹介状を作成の上、下記の要領にてご紹介願います。

●緊急性が高い場合または入院診療が必要と考えられる場合

代表電話まで直接ご相談ください。(代表:052-851-5511  内線3939 )

●上記以外

市大病院地域連携室(052-858-7131)までご連絡下さい。

いずれにおきましても、事前にご報告頂く情報がございましたら、当教室FAX(052-853-0027)までご送信願います。

症例のご相談

その他、お困りの症例につきましても、メールなどにてお気軽にご相談下さい。

▲このページの一番上へ