Staff

教職員

教 授 /Professor
上島通浩(KAMIJIMA Michihiro)
博士(医学)

略 歴
1991年 東北大学医学部卒業
1991-1995年 名古屋大学大学院医学研究科博士課程(衛生学専攻)
1995-1998年 名古屋大学医学部助手(衛生学講座)
1997-1999年 米国カリフォルニア大学バークレー校自然資源学部環境科学政策管理学講座客員研究員
1998-2004年 名古屋大学大学院医学系研究科講師(社会生命科学講座環境労働衛生学)
2004-2009年 同助教授(2007年より准教授)
2009年- 名古屋市立大学大学院医学研究科環境労働衛生学教授

主な学会活動
日本産業衛生学会理事/代議員・東海地方会理事、同学会許容濃度委員会委員、日本衛生学会代議員、日本毒性学会評議員、東海公衆衛生学会評議員 他

社会活動
環境省子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)運営委員長、環境省 中央環境審議会 専門委員、愛知県健康・快適居住環境専門家会議、名古屋市食の安全・安心推進会議会長、名古屋市保健所運営協議会、他

専門医・資格等
社会医学系指導医および専門医、労働衛生コンサルタント、日本産業衛生学会専門医・指導医 他

 

准教授 /Associate Professor
榎原 毅(EBARA Takeshi)
博士(医学)

略 歴
2005年 名古屋市立大学大学院医学研究科 博士後期課程満期退学
2005-2007年 名古屋市立大学大学院医学研究科 労働生活・環境保健学分野 助手
2007-2009年 名古屋市立大学大学院医学研究科 労働生活・環境保健学分野 助教
2009年-2018年名古屋市立大学大学院医学研究科 環境労働衛生学分野 講師

2019年-名古屋市立大学大学院医学研究科 環境労働衛生学分野 准教授

研究領域
作業関連運動器疾患(WMSDs)予防策、生理測定(心拍変動解析・筋電図)、医療安全マネジメントシステム、人間中心設計評価技術など

主な学会活動
日本人間工学会(副理事)、日本人間工学会東海支部(役員)、人類働態学会(理事)、産業保健人間工学会(理事)、日本産業衛生学会(代議員)・同東海地方会(理事)、東海公衆衛生学会、産業・組織心理学会(理事)、産業保健人間工学会 理事、人類働態学会  理事

社会活動
「人間工学」誌副編集委員長、Journal of Occupational Health/産業衛生学雑誌 編集委員、ISO/TC159国内対策委員会SC3分科会委員長(主査)、日本人間工学会 学会改革・戦略委員会 委員長、日本人間工学会広報委員会 委員長、日本人間工学会 倫理指針検討委員会、日本人間工学会 表彰委員会、公益財団法人大原記念労働科学研究所 特別研究員、三重県立看護大学 非常勤講師、日本福祉大学看護学部 非常勤講師、中央労働災害防止協会 大阪安全衛生教育センター 講師

 

准教授 /Associate Professor
伊藤 由起(ITO Yuki)
博士(医学)

略 歴
2002年 名古屋大学医学部保健学科検査技術科学専攻卒業
2004年 名古屋大学大学院医学系研究科医療技術学専攻修了
2007年 名古屋大学大学院医学系研究科健康社会医学専攻修了
2007年 名古屋大学大学院医学系研究科医学教育研究支援センター 特任助教
2007-2009年 名古屋大学男女共同参画室 特任助教
2009年- 名古屋市立大学大学院医学研究科 環境保健学分野 助教
2013年- 名古屋市立大学大学院医学研究科 環境労働衛生学分野 講師           

2019年- 名古屋市立大学大学院医学研究科 環境労働衛生学分野 准教授

主な学会活動
日本産業衛生学会 代議員・東海地方会理事
日本産業衛生学会 東海地方会 技術部会世話人
日本衛生学会 評議員
日本衛生学会生殖次世代影響研究会世話人

社会活動
エコチル調査 中心仮説解析計画ワークショップ 参加メンバー
エコチル調査 調査計画策定ワーキンググループ メンバー
エコチル調査 曝露評価専門委員会精度管理分科会 座長
名古屋大学 非常勤講師
Fundamental Toxicological Sciences, Editorial Board

 

 

助教
加藤 沙耶香(KATO Sayaka)

 

特任助教

松木 太郎(MATSUKI Taro)

 

特任助教
玉田 葉月(Tamada Hazuki)

 

特任助教
金子 佳世(KANEKO Kayo)

 

 

 

大学院生

山田 翔太(博士課程4年)
研究領域
腰痛予防に関する産業疫学研究

ひとこと
腰痛の原因が複雑化する、また腰痛に対する運動療法のエビデンスが未だに確立されていない現代社会において、リハビリテーション、整形外科、疫学、人間工学の各領域が入り交じった、 新しい腰痛予防法を開発・効果検証を行い、社会貢献できるよう努力します。

略 歴
2010年3月:名古屋学院大学 人間健康学部 リハビリテーション学科 卒業(現:リハビリテーション学部 理学療法学科)
2010年4月:NTT西日本東海病院 リハビリテーション科 入職
2014年3月:NTT西日本東海病院 リハビリテーション科 退職
2015年4月~:名古屋市立西部医療センター リハビリテーション科 入職

 

Nayan Mohanto (博士課程2年)

中根 昇吾 (博士課程1年)

松﨑 一基(修士課程1年)

酒井 一輝 (修士課程1年)

MDPHDコース

野呂優樹 

日置啓介 

 


研究員

三宅 美緒
研究領域
農薬の生殖毒性および室内環境汚染物質の気道に与える影響

 

酒井 潔

 

久永 直見

 

山田 泰行

順天堂大学スポーツ健康科学部

 

酒井 康子

 

坂村 修

 

鈴木日美子
  

藤原久美子 (富山大学)

 

若山貴成(名古屋市衛生研究所)

 

職員

湊 京子