シラバス・開講スケジュールのご案内

開講日一覧表名市大 医療・保健 学びなおし講座 開講日カレンダー

2019年度春期(4/9~7/25):開講スケジュール

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
             
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             

2019年度秋期(9/3~12/17):開講スケジュール

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
             
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             

:春期 :秋期

春期:募集期間 2019年3月11日(月)~/募集〆切  4月1日(月)

秋期:募集期間 2019年7月22日(月)~/募集〆切  8月19日(月)

シラバス名市大 医療・保健 学びなおし講座 シラバス

2019年開講 シラバス一覧
学期 科目No. 科目名 曜日 科目概要および期待される成果 / 目標とする資格
コーディネーター
2019年
春期
19-101 プライマリケアに必要な皮膚疾患の知識と実践
PDFで開きます。 講座詳細 (PDF:195KB)
【概要】本講義では、多様な皮膚疾患を理解するために、わかりやすく、皮膚科医以外の医療従事者にとって必要な皮膚科プライマリケアの知識を概説する。最近問題となる在宅医療や施設でのプライマリケアも想定して、皮膚科専門医がすべての講義を担当し、一部に実践的な内容が含まれる様にする。その他、スキンケアや皮膚老化などの一般的な話題にもふれて、皮膚・皮膚疾患について、広範囲な理解を深めてもらう。
名古屋市立大学大学院 医学研究科加齢・環境皮膚科学分野
教授 森田 明理
【期待される成果】
【目標とする資格】本講義に出席することで、皮膚科プライマリケアが理解できるようにする。実践的な内容も紹介し、明日からの診療に役立つようにする。
19-102 チームで取り組む慢性疼痛
講座詳細PDFで開きます。 (PDF:180KB)
【概要】医療の進歩とともに様々な疾患の生存率は向上してきている。一方で、日本においては国民の4人に1人は慢性的な痛みを抱えていることが明らかとなっている。慢性疼痛は、やる気を喪失させ、生活の質を低下させ、制酸的活動を阻害するため、社会的な問題である。慢性疼痛への対応は、薬物療法、神経ブロック、手術、理学療法、心理療法など多角的なアプローチが必要であり、個々に合わせた方法の選択が重要である。
医療機関では、様々な慢性の痛みを抱えた患者が増加しており、医療従事者が慢性疼痛について理解していれば、より良い医療を提供できると考える。そこで本講座では、慢性疼痛の基礎から最新の治療まで幅広く解説し、慢性疼痛を理解できる医療人の育成を目的とする。
名古屋市立大学大学院医学研究科 麻酔科・集中治療医学
教授 祖父江和哉
【目標とする資格】
19-103 地域・在宅医療/老年医学
講座詳細PDFで開きます。 (PDF:218KB)
【概要】】2025年が間近に迫ってきました。しかし、2025年はあくまで通過点であり、本当に我々が取り組んでいかないといけない諸課題が矢継ぎ早にやってくるのは、以降の20~30年間と言われています。少子高齢化により子供や青壮年層がマイノリティーとなる時代になります。多死・人口減少がさらに加速していき、労働人口が減少します。その中でいかに我々がスマートに日本の将来を切り開いていくかが問われています。老化・加齢研究はまだまだ未解明の問題が山積しています。大学病院も患者層の高齢化が進み、認知症の方の比率も増えてきます。本講座では、高齢者の身体・精神的特徴を学び、健やかに人生を全うする方策を模索されている先生方をお招きし、高齢者医療と老年医学の基礎と現状を学びます。また、Cure からCareへの政策的取り組みとしての地域医療・在宅医療、地域包括ケアについても学び、今後の超高齢社会の根底を支える方向性を学びたいと思います。
名古屋市立大学大学院医学研究科 地域医療教育学
教授 赤津 裕康
【期待される成果】】老年医療、老年医学全般的知識の他、現場での現状、今後の社会構造の変化、老化・認知症などにおける最新の国内外の動向、研究の成果など、幅広く知識習得ができ、今後の超高齢社会に対応できる医療人としての幅広い知見を身に着ける事が期待できます。
【目標とする資格】
2019年
秋期
19-201 救急・災害医療スキルアップ
-緊急事態で慌てないために-

【概要】
名古屋市立大学大学院医学研究科 先進急性期医療学
教授 笹野 寛
【期待される成果】
【目標とする資格】
19-202 発達障害を学ぶ(2019):医学的理解から教育・療育へ
【概要】
名古屋市立大学・医学研究科・脳神経生理学
教授 飛田 秀樹
名古屋市西部地域療育センター
所長 宮地 泰士
【期待される成果】
【目標とする資格】
19-203 Birth Tour 2019-安全なお産を目指して-
【概要】
名古屋市立大学大学院医学研究科・高度医療教育研究センター・
産科婦人科学 教授 尾崎康彦
【期待される成果】
【目標とする資格】

[前年度までのカリキュラム]

ページの上部へ