Home   >   研究概要について

研究概要

研究について

ヒトを含む動物には、"外部の状況に対しいかに最適な行動をとるか"が求められています。この一連のシステムには、感覚系および記憶にもとづき外部の状況を"認知・判断"すること、それを実行するための"運動"することが含まれます。当研究室では、健全な認知・判断システムと運動システムを知ること、そしてその障害された機能を再生・再建すること、を目指した研究に取り組んでいます。

現在、「細胞移植による運動機能の再建」、「脳内ドパミン神経系と行動」という2つの大きなテーマについて、動物レベルでは"発育・環境"という視点、細胞レベルでは"分化・発達"という視点から研究を展開しています。遺伝子/分子、細胞、動物/行動レベルと幅広くアプローチしています。

主な研究テーマ

  1. 幹細胞(ES, iPS細胞)を用いた障害運動機能の再建(飛田・三角)
    • パーキンソン病脳内に発現する栄養因子の生理機能
    • 幹細胞の神経系細胞への分化誘導とその分化機構の解明
    • 発達期白質障害(PVL)モデル動物の病態解析と細胞移植による障害機能の再建
  2. 脳内ドパミン神経系の解析および環境刺激による変化の解明(飛田・石田)
    • 発達期の豊かな飼育環境による情動行動発現メカニズムの解析
    • 注意欠陥・多動性障害(ADHD)モデル動物において外部環境(豊かな環境飼育・味覚刺激など)が中脳皮質辺縁ドパミン神経系に与える作用の解明
    • リハビリテーションによる中脳皮質ドーパミン神経系の変化
  3. 神経分化における転写因子ATBF1の機能解析(鄭)
  4. アルツハイマー病の病態におけるAFP代謝およびAβ産生機構におけるATBF1の機能解析(鄭)
  5. 脳(内包部)出血モデルラットを用いた、麻痺肢への集中的リハビリテーションによる中枢神経系の変化(石田)
    • 麻痺肢集中使用に伴う神経系の再編と、機能回復の責任領域・回路の解明
    • 麻痺肢集中使用に伴う栄養因子・興奮性グルタミン酸受容体等の発現パターンの変化と、実施プロトコールとの関係性の解析