大学院薬学研究科病院薬剤学

業績集

  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年

2016年

原著論文
Hotta Y, Ieda N, Fukamoto A, Kataoka T, Kawade Y, Maeda Y, Nakagawa H, Kimura K.
Light-controlled relaxation of the rat penile corpus cavernosum using NOBL-1, a novel nitric oxide releaser.
Investig Clin Urol. 57(3):215-220. 2016
Yamamoto S, Hotta Y, Maeda K, Kataoka T, Maeda Y, Hamakawa T, Sasaki S, Yasui T, Asai K, Kimura K
Mineralocorticoid receptor stimulation induces urinary storage dysfunction via upregulation of epithelial sodium channel expression in the rat urinary bladder epithelium.
J Pharmacol Sci. 130(4):219-225. 2016
Maeda Y, Nakajima Y, Gotoh K, Hotta Y, Kataoka T, Sugiyama N, Shirai N, Ito T, Kimura K.
Kinetic and molecular orbital analyses of dicarboxylic acylcarnitine methylesterification show that derivatization may affect the screening of newborns by tandem mass spectrometry
Bioorg Med Chem Lett. 26(1):121-125. 2016
SugiyamaY, Sakamoto N, Ohsawa M, Onizuka M, Ishida K, Murata Y, Iio A, Sugano K, Maeno K, Takeyama H, Akechi T, Kimura K.
A Retrospective Study on the Effectiveness of Switching to Oral Methadone for Relieving Severe Cancer-Related Neuropathic Pain and Limiting Adjuvant Analgesic Use in Japan
J Palliat Med. 19(10):1051-1059. 2016
原著論文(邦文)
堀田祐志、木村和哲
虚血に伴う勃起不全に対する新規アプローチ
日薬理誌 147:31-34. 2016
田代雄祐、黒田純子、山本清司、伊豆田美晴、竹本将士、鬼頭典子、片岡智哉、前田康博、木村和哲
アイソレーターと抗がん剤自動調製ロボットを使用した新たな抗がん剤調製業務の検討
医療薬学 42(3):209-214. 2016
学会発表
国内学会
片岡智哉、堀田祐志、前田康博、木村和哲
白金製剤抗がん剤オキサリプラチンがラットの排尿機能へ及ぼす影響
第23回排尿機能学会(東京)2016年12月
高橋瀬奈、堀田祐志、飯田悠貴、片岡智哉、前田康博、川出義浩、木村和哲
両側内腸骨動脈結紮ラットの膀胱機能障害に対するDPP-4阻害薬アナグリプチンの効果
第23回排尿機能学会(東京)2016年12月
中村宗一郎、加藤秀紀、真川明将、堀田雄志、江崎哲夫、木村和哲
吸入指導ネットワークに参加して得られたもの
-薬局薬剤師へのアンケート調査より-
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2016(岐阜)2016年10月
青木有希、奥苑朱加、林孝弘、近藤祐樹、田代雄祐、竹本将士、鬼頭典子、井口祐美子、黒田純子、木村和哲
曝露対策において調製済み輸液バッグを使い捨てポリ袋に入れて運用することの有用性
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2016(岐阜)2016年10月
所美里、高橋瀬奈、堀田祐志、片岡智哉、前田康博、川出義浩、内木綾、高橋智、木村和哲
DPP-4阻害薬アナグリプチンの膀胱機能に対する効果
―ラット膀胱血行動態に着目した検討―
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2016(岐阜)2016年10月
深本絢子、片岡智哉、堀田祐志、前田康博、川出義浩、木村和哲
テストステロンがラットの血管内皮機能に与える影響とその作用機序
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2016(岐阜)2016年10月
但馬剛、香川礼子、前田康博、深尾敏幸
フ゜ロヒ゜オン酸血症例の全国調査:発症後診断例とマススクリーニンク゛発見例の比較検討
第59回日本先天代謝異常学会総会(東京)2016年10月
柴田敬、秋山倫之、岡牧郎、吉永治美、久原とみ子、中島葉子、加藤武馬、前田康博、影山操、小林勝弘
多彩な先天異常を認めたβ-ウレイト゛フ゜ロヒ゜オナーセ゛欠損症の一例
第59回日本先天代謝異常学会総会(東京)2016年10月
中島葉子、前田康博、酒井好美、後藤佳奈、安井稔博、鈴木達也、倉橋浩樹、吉川哲史、伊藤哲哉
メチルマロニル CoA ムターセ゛欠損症 5 例における重症度と治療選択についての検討
第59回日本先天代謝異常学会総会(東京)2016年10月
前田康博、後藤佳奈、中島葉子、但馬 剛、前田陽子、堀田祐志、片岡智哉、伊藤哲哉、木村和哲
軽症プロピオン酸血症患者のプロピオニル-CoAカルボキシラーゼ活性
第59回日本先天代謝異常学会総会(東京)2016年10月
黒田純子、竹本将士、田代雄祐、江崎哲夫、楠本茂、木村和哲
HBs抗原陰性 固形がん患者に対する化学療法後のHBV再活性化リスク:単施設後方視的研究
第54回 日本癌治療学会学術集会(横浜)2016年10月
近藤祐樹、鬼頭典子、竹本将士、田代雄祐、山本由香、黒田純子、遠山竜也、木村和哲
外来通院での乳がんdose-dense AC療法の安全性に関する検討
第54回 日本癌治療学会学術集会(横浜)2016年10月
正木彩子、石田高司、前田康博、成田朋子、伊藤旭、木下史緒理、鈴木進、滝野寿、吉田嵩、李政樹、楠本茂、小松弘和、崔日承、末廣陽子、安部康信、稲垣宏、上田龍三、飯田真介
Prognostic significance of tryptophan catabolism in newly diagnosed Hodgkin lymphoma
第78回日本血液学会学術集会(横浜)2016年10月
奥苑朱加、青木有希、林孝弘、西出景子、近藤祐樹、片岡智哉、山本由香、田代雄祐、竹本将士、鬼頭典子、佐橋朋代、成瀬久美、黒田純子、木村和哲
ベッドサイドにおける抗がん剤の曝露調査
~外来化学療法室全体の曝露状況を考える~
第26回日本医療薬学会年会(京都)2016年9月
前田琴美、堀田祐志、片岡智哉、前田康博、川出義浩、木村和哲
シクロホスファミド由来の出血性膀胱炎におけるキヌレニン経路の役割
第26回日本医療薬学会年会(京都)2016年9月
前田康博、中島葉子、伊藤哲哉、木村和哲
ジアゼパム代謝におけるCYP2C19遺伝子多型の影響
第41回日本医用マススペクトル学会年会(名古屋)2016年9月
後藤佳奈、前田康博、中島葉子、伊藤哲哉、但馬剛、前田陽子、堀田祐志、片岡智哉、川出義浩、木村和哲
UPLC-MS/MSを用いたプロピオン酸血症患者の代謝酵素活性測定
第41回日本医用マススペクトル学会年会(名古屋)2016年9月
前田陽子、前田康博、戸川泰子、後藤佳奈、堀田祐志、片岡智哉、川出義浩、小山典久、幸脇正典、杉山成司、木村和哲
極低出生体重児におけるシベレスタットナトリウム投与前後の尿中および血中のアシルカルニチン変動
第41回日本医用マススペクトル学会年会(名古屋)2016年9月
前田康博、後藤佳奈、中島葉子、但馬剛、堀田祐志、片岡智哉、伊藤哲哉、木村和哲
UPLC-MS/MS によるフ゜ロヒ゜オン酸血症およひ゛メチルマロン酸血症の 酵素活性測定法の開発
第45回日本マススクリーニング学会学術集会(札幌)2016年8月
中島葉子、前田康博、後藤佳奈、但馬剛、堀田祐志、酒井好美、伊藤哲哉
フ゜ロヒ゜オン酸血症およひ゛メチルマロン酸血症の酵素活性測定法の臨床応用
第45回日本マススクリーニング学会学術集会(札幌)2016年8月
但馬剛、香川礼子、前田康博、深尾敏幸
新生児マススクリーニンク゛て゛発見されたフ゜ロヒ゜オン酸血症例の全国アンケート調査
第45回日本マススクリーニング学会学術集会(札幌)2016年8月
中村大学、堀田祐志、矢萩 亮、片岡智哉、前田康博、川出義浩、木村和哲
小児ラットのフルクトース過剰摂取による将来の勃起機能と陰茎海綿体中のTGF-β1の変化
第26回日本性機能学会中部総会・日本性機能学会第27回学術総会(大阪)2016年8月
堀田祐志、中村大学、高橋瀬奈、飯田悠貴、片岡智哉、前田康博、川出義浩、木村和哲
肥満2型糖尿病モデルSDT fatty ratは勃起障害を示さない。
第26回日本性機能学会中部総会・日本性機能学会第27回学術総会(大阪)2016年8月
片岡智哉、堀田祐志、前田康博、木村和哲
ビンカアルカロイド抗がん剤vincristineの投与がラットの勃起機能を継時的に低下させる
第26回日本性機能学会中部総会・日本性機能学会第27回学術総会(大阪)2016年8月
堀田祐志
泌尿器疾患の基礎研究~性機能障害&下部尿路機能障害のモデル作成から解析まで~
第58回日本平滑筋学会総会(仙台)2016年8月
黒田純子
がん化学療法に伴うHBV再活性化対策
第2回 日本医薬品安全性学会学術大会(岐阜)2016年7月
中村大学、堀田祐志、矢萩 亮、片岡智哉、前田康博、川出義浩、木村和哲
フルクトース過剰摂取によるEDの予後について~小児ラットを用いた検討~
第7回テストステロン研究会/第16回日本Men's Health医学会(札幌)2016年7月
片岡智哉、堀田祐志、前田康博、木村和哲
去勢ラットにおける酸化ストレス関連因子の分子生物学的検討
第7回テストステロン研究会/第16回日本Men's Health医学会(札幌)2016年7月
近藤勝弘、堀田祐志、安藤亮介、安井孝周、木村和哲
単腎尿路上皮がん患者における術後補助化学療法としてのGC療法の治療忍容性に関する検討
医療薬学フォーラム 2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム(滋賀)2016年6月
真川明将、堀田祐志、片岡智哉、前田康博、川出義浩、近藤勝弘、西川良平、頭金正博、木村和哲
大規模副作用データベースを用いたがん化学療法とB型肝炎に関する研究
医療薬学フォーラム 2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム(滋賀)2016年6月
堀田祐志、北川絢恵、内木綾、近藤勝弘、片岡智哉、前田康博、川出義浩、高橋智、木村和哲
シスプラチン誘発性の急性腎障害ラットを用いた近位尿細管障害と腎機能マーカーの関連性についての検討
医療薬学フォーラム 2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム(滋賀)2016年6月
片岡智哉、堀田祐志、前田康博、木村和哲
抗がん剤投与がラットの勃起機能に及ぼす影響
‐オキサリプラチンを用いた経時的変化の検討‐
日本アンドロロジー学会第35回学術集会(群馬)2016年6月
堀田祐志、中村大学、矢萩 亮、片岡智哉、前田康博、川出義浩、木村和哲
小児期のフルクトース過剰摂取は将来の勃起機能を障害する。-終末糖化産物の産生を指標としたラットによる検討-
第16回日本抗加齢医学会総会(横浜)2016年6月
片岡智哉、堀田祐志、前田康博、木村和哲
テストステロンの投与方法の違いが治療効果に違いをもたらす
‐去勢ラットの勃起機能を指標としたテストステロン補充療法の検討-
第16回日本抗加齢医学会総会(横浜)2016年6月
堀田祐志、木村和哲
男性における薬物性性機能障害に関する基礎研究
第10回日本緩和医療薬学会年会(浜松)2016年6月
片岡智哉
テストステロン補充療法の基礎研究から見た今後の展望
第9回東海SD研究会(名古屋)2016年5月
堀田祐志、矢萩亮、片岡智哉、前田康博、川出義浩、木村和哲
急性虚血後のラット膀胱括約筋の機能障害に対するvardenafil連日投与の効果
第104回日本泌尿器科学会総会(仙台)2016年4月
松山奈央、外ノ池文乃、戸田裕二、堀田祐志、川出義浩、近藤勝弘、中山明峰、木村和哲
ベンゾジアゼピン系薬剤の処方実態調査と新たな不眠治療への介入第3報~エチゾラム処方外来患者の追跡調査~
日本薬学会第136年会(横浜)2016年3月
外ノ池文乃、松山奈央、戸田裕二、堀田祐志、川出義浩、近藤勝弘、中山明峰、木村和哲
ベンゾジアゼピン系薬剤の処方実態調査と新たな不眠治療への介入 第2報~過去1年間の外来での処方調査~
日本薬学会第136年会(横浜)2016年3月
髙木三千代、中島健一、田邉宏樹、木村和哲、井上誠
褐色脂肪細胞様beige細胞への分化を促進する天然物の探索
日本薬学会第136年会(横浜)2016年3月
北川絢恵、堀田祐志、片岡智哉、前田康博、川出義浩、木村和哲
シスプラチン誘発性腎障害ラットにおける非対称性ジメチルアルギニンと既存腎障害マーカーの変動
日本薬学会第136年会(横浜)2016年3月
片岡智哉、堀田祐志、前田康博、木村和哲
Testosterone低下による膀胱機能への影響
日本薬学会第136年会(横浜)2016年3月
森泰毅、堀田祐志、前田康博、片岡智哉、木村和哲
水浸ストレスモデルを用いたストレス由来の性機能障害の発症メカニズムの検討
第26回日本性機能学会東部総会(小樽)2016年3月
片岡智哉、堀田祐志、前田康博、木村和哲
テストステロン低下による血管内皮機能障害発症メカニズムの検討
‐内因性NOS阻害物質の産生経路に着目した薬理学的検討‐ 第26回日本性機能学会東部総会(小樽)2016年3月
竹本将士、黒田純子、 近藤勝弘、江崎哲夫 木村和哲
血液毒性によりラムシルマブ+パクリタキセル投与が継続不可能となった症例報告
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016(鹿児島)2016年3月
近藤勝弘、堀田祐志、竹本将士、安藤亮介、安井孝周、木村和哲
単腎の尿路上皮がん患者におけるシスプラチンベース化学療法の治療忍容性に関する後方視的研究
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016(鹿児島)2016年3月
黒田純子
HBV再活性化対策を通したがん診療の均てん化の推進~愛知県薬剤師分科会の取り組み~
第2回 日本医療安全学会学術総会(東京)2016年3月
国際学会
Kataoka T, Hotta Y, Maeda Y, Kimura K
Influence of Anti-cancer Agent Oxaliplatin on Erectile Function in Rats
20TH WORLD MEETING ON SEXUAL MEDICINE. (Beijing, China) 2016.9
Hotta Y, Nakamura D, Iida Y, Takahashi S, Kataoka T, Maeda Y, Kawade Y, Kimura K.
Spontaneously diabetic toriifatty rats do not show erectile dysfunction under high-blood glucose levels in a preliminary study: The importance of model selection
20TH WORLD MEETING ON SEXUAL MEDICINE. (Beijing, China) 2016.9
Nakamura D, Hotta Y, Yahagi Y, Kataoka T, Maeda Y, Kawade Y, Kimura K
The prognosis of erectile dysfunction after stopping excessive fructose consumption from childhood in rats study
20TH WORLD MEETING ON SEXUAL MEDICINE. (Beijing, China) 2016.9
Mori T, Hotta Y, Nakamura D, Yahagi R, Kataoka T, Maeda Y, Kawade Y, Kimura K.
Stress-induced erectile dysfunction via enhancement of the RhoA/Rho-kinase pathway in a study that uses a water immersion-restraint stress rat model
20TH WORLD MEETING ON SEXUAL MEDICINE. (Beijing, China) 2016.9
Kataoka T, Hotta Y, Maeda Y, Kimura K
The influence of testosterone deficiency on urinary bladder smooth muscle contractile response in castrated rats
ICS 2016. (Tokyo, Japan) 2016.9
Hotta Y, Takahashi S, Kataoka T, Maeda Y, Kawade Y, Kimura K
Chronic treatment of anagliptin, a dipeptidyl-peptidase IV inhibitor, prevented bladder dysfunction after acute ischemia in rats
ICS 2016. (Tokyo, Japan) 2016.9
Kataoka T, Hotta Y, Maeda Y, Kimura K
Investigation for testosterone deficiency on erectile function through asymmetric dimethylarginine (ADMA) pathway in castrated rats
The 18th Congress of the ESSM. (Madrid, Spain) 2016.2
Hotta Y, Nakamura D, Yahagi Y, Kataoka T, Maeda Y, Kawade Y, Kimura K
Inhibition of advanced glycation end products prevents erectile dysfunction caused by excessive administration of fructose from childhood in rats
The 18th Congress of the ESSM. (Madrid, Spain) 2016.2

2015年

原著論文
Sanagawa A, Kuroda J, Shiota A, Kito N, Takemoto M, Kawade Y, Esaki T, Kimura K
Outcomes of the implementation of the computer-assisted HBView system for the prevention of hepatitis B virus reactivation in chemotherapy patients: a retrospective analysis.
J Pharm Health Care Sci. 1:29:00 (2015)
Muraki K, Hatano N, Suzuki H, Muraki Y, Iwajima Y, Maeda Y, Ono H.
Oseltamivir blocks human neuronal nicotinicacetylcholine receptor-mediated currents.
Basic Clin Pharmacol Toxicol. 116 (2), 87-95. (2015)
Masaki A, Ishida T, Maeda Y, Suzuki S, Ito A, Takino H, Ogura H, Totani H, Yoshida T, Kinoshita H, Narita T, Ri M, Kusumoto S, Inagaki A, Komatsu H, Niimi A, Ueda R, Utsunomiya A, Inagaki H, Iida S
Prognostic significance of tryptophan catabolism in adult T-cell leukemia/lymphoma
Clin. Cancer Res. 21 (12), 2830-2839. (2015)
Fukushima K, Chazono K, Hashimoto Y, Iwajima Y, Yamamoto S, Maeda Y, Ohsawa M, Ono H
Oseltamivir produces hypothermic and neuromuscular effects by inhibition of nicotinic acetylcholine receptor functions: Comparison to procaine and bupropion
Eur. J. Pharm. 762, 275-282. (2015)
原著論文(邦文)
正木彩子, 石田高司, 前田康博, 鈴木進, 伊藤旭, 滝野寿, 戸谷治仁, 吉田嵩, 木下史緒理, 小椋啓加, 成田朋子, 李政樹, 楠本茂, 稲垣淳, 小松弘和, 新実彰男, 上田龍三, 宇都宮與, 稲垣宏, 飯田真介
成人T細胞白血病/リンパ腫におけるトリプトファン代謝の予後に関する意義
臨床血液. 56 (11), 2295-2304
総説・解説
川出義浩, 若山尚士, 大槻貴子, 田子森和子, 寺田愛子
がん診療連携拠点病院などの院内がん患者サロン 名古屋第二赤十字病院「患者サロン」
がんサバイバーを支える緩和デイケア・サロン(青海社). 101-106. (2015)
川出義浩
地域包括ケアシステムにおける在宅栄養管理と薬剤師の役割について
日本静脈経腸栄養学会雑誌. 30(3), 771-774. (2015)
前田康博,中島葉子,伊藤哲哉
UPLC-MS/MSによるピリミジン代謝異常症スクリーニング法について
JSBMS Letters. 40 (1), 4-10. (2015)
学会発表
国内学会
片岡智哉, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
去勢ラットを用いた膀胱平滑筋収縮力の検討
第8回排尿障害モデル動物研究会(静岡)2015年12月
真川明将,堀田祐志,片岡智哉,川出義浩,西川良平,頭金正博,木村和哲
がん化学療法に関連したB型肝炎の解析:FDA有害事象自発報告データベースの新規解析法の検討
第9回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム(千葉)2015年11月
近藤祐樹,松山奈央,鬼頭典子,黒田純子,木村和哲.
乳癌化学療法の悪心に対するアプレピタント延長投与の効果
第25回日本医療薬学会年会(横浜)2015年11月
近藤勝弘,山本優子,田代雄祐,杉山洋介,内木拓,小松弘和,木村和哲
実測AUC値モニタリングによってCarboplatin投与量が決定された維持透析中の尿路上皮がんの1例
第25回日本医療薬学会年会(横浜)2015年11月
黒田純子,木全司,楠本茂,小松弘和,河田健司,室圭,木村和哲
愛知県がん診療連携拠点病院におけるPDCAサイクルを用いたがん診療体制の整備~HBV再活性化対策への取り組み~
第25回日本医療薬学会年会(横浜)2015年11月
前田康博,後藤佳奈,中島葉子,前田陽子,堀田祐志,片岡智哉,木村和哲,伊藤哲哉
UPLC/MS/MSによるプロピオニル-CoAカルボキシラーゼ活性測定法とプロピオン酸血症患者における活性測定
第57回日本先天代謝異常学会(大阪)2015年11月
但馬剛,香川礼子,前田康博,深尾敏幸
新生児マススクリーニングで発見されるプロピオン酸血症患者の臨床像と遺伝子型の相関:全国アンケート調査
第57回日本先天代謝異常学会(大阪)2015年11月
後藤佳奈,前田康博,堀田祐志,片岡智哉,中島葉子,伊藤哲哉,木村和哲
UPLC-MS/MSによる有機酸代謝異常症患者の代謝酵素活性測定
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2015(名古屋)2015年11月
川出義浩, 江崎哲夫, 岩尾岳洋, 鈴木匡, 木村和哲
病院実務実習での介護施設実習の取り組み
~地域包括ケアシステムを意識した教育プログラムを目指して~
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2015(名古屋)2015年11月
羽藤実真,片岡智哉,竹本将士,黒田純子,木村和哲
抗がん剤自動調製装置「サイトケア」導入後3年間の使用実績
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2015(名古屋)2015年11月
正木彩子, 石田高司, 前田康博, 鈴木進, 伊藤旭, 小椋啓加, 成田朋子, 戸谷治仁, 木下史緒理, 吉田嵩, 李政樹, 楠本茂, 小松弘和, 上田龍三, 稲垣宏, 飯田真介
Indoleamine 2,3-dioxygenase 1 as a novel molecular target in adult T-cell leukemia/lymphoma
第77回日本血液学会学術集会(金沢)2015年10月
川出義浩
病院における無菌調剤の実際と問題点 ~在宅中心静脈栄養法の導入の視点から~
第9回日本緩和医療薬学会(横浜)2015年10月
川出義浩,黒田純子,木村和哲
働く世代のがん治療と日常生活の両立を支援するための薬剤師の取り組み
第9回日本緩和医療薬学会(横浜)2015年10月
片岡智哉, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
リスペリドンによる薬剤性ED発症メカニズムの解明
日本性機能学会 第26回 学術総会(福岡)2015年9月
片岡智哉, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
去勢ラットを用いた新規低活動膀胱モデルの検討
第22回排尿機能学会(札幌)2015年9月
前田康博,皆川真里,中島葉子,後藤佳奈,堀田祐志,片岡智哉,川出義浩,伊藤哲哉,木村和哲
UPLC-MS/MSによるピリミジン塩基代謝物の定量によるピリミジン代謝異常症スクリーニング
第40回日本医用マススペクトル学会年会(浜松)2015年9月
後藤佳奈,前田康博,中島葉子,伊藤哲哉,前田陽子,堀田祐志,片岡智哉,川出義浩,杉山成司,木村和哲
UPLC/MS/MSによる日本人プロピオン酸血症患者のプロピオニル-CoAカルボキシラーゼ活性測定
第40回日本医用マススペクトル学会年会(浜松)2015年9月
髙木三千代,中島健一,田邉宏樹,木村和哲,井上誠
褐色脂肪細胞様beige細胞への分化を促進する生薬エキスの探索
日本生薬学会第62回年会(岐阜)2015年9月
堀田祐志,家田直弥,深本絢子,片岡智哉,前田康博,川出義浩,中川秀彦,木村和哲
光照射による陰茎海綿体弛緩反応の制御−青色光応答性NOドナーNOBL-1を用いた検討−
第57回日本平滑筋学会総会(山口)2015年8月
髙木三千代,中島健一,田邉宏樹,木村和哲,井上誠
防風由来panaxynolの多量体アディポネクチン産生分泌改善作用
第31回和漢医薬学会学術大会(富山)2015年8月
真川明将
地区薬剤師会とともに立ち上げた吸入指導マイスター制度について
日病薬東海ブロック 第31回東海医療薬学シンポジウム(名古屋)2015年8月
赤津裕康,川出義浩,正木克由規,大原弘隆,兼松孝好,岩田彰,早野順一郎,大原弘隆
「なごやかモデル」の紹介と在宅医療・高齢者医療での人工栄養の実態調査
第9回日本静脈経腸栄養学会東海支部学術集会(名古屋)2015年7月
前田康博
UPLC/MS/MSを利用した先天性代謝異常症における酵素活性測定法について
第29回日本医用マススペクトル学会東海支部講演会(名古屋)2015年7月
後藤佳奈, 前田康博, 伊藤哲哉, 中島葉子, 杉山成司, 片岡智哉, 堀田祐志, 木村和哲
UPLC/MS/MSによるメチルマロン酸血症患者におけるメチルマロニル-CoAムターゼ活性測定法の確立
第23回クリニカルファーマシーシンポジウム医療薬学フォーラム2015(名古屋)2015年7月
堀田祐志,木村和哲
虚血に伴う勃起不全および下部尿路症状に対するPDE-5阻害剤の「連日」投与による効果
第23回クリニカルファーマシーシンポジウム医療薬学フォーラム2015(名古屋)2015年7月
竹本将士,近藤勝弘,黒田純子,江崎哲夫,木村和哲
パゾパニブ投与によって腫瘍崩壊症候群をきたした悪性軟部腫瘍の一例
第23回クリニカルファーマシーシンポジウム医療薬学フォーラム2015(名古屋)2015年7月
片岡智哉, 岸本大輝, 堀田祐志, 前田康博, 金山博臣, 木村和哲
選択的MR阻害薬エプレレノンの食塩感受性高血圧に伴う勃起障害に対する新規治療法としての可能性‐Dahl食塩感受性ラットを用いた検討-
第23回クリニカルファーマシーシンポジウム医療薬学フォーラム2015(名古屋)2015年7月
堀田祐志
勃起現象は何に制御されるか?~創薬へとつなげる標的分子~
第25回日本性機能学会中部総会(大阪)2015年6月
前田康博,中島葉子,伊藤哲哉
UPLC/MS/MSによるピリミジン代謝異常症スクリーニング法の開発
第63回日本質量分析総合討論会(つくば)2015年6月
片岡智哉, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
テストステロン低下は内因性NOS阻害物質ADMAを増加させ血管内皮機能障害を引き起こす‐去勢によるEDモデルラットを用いた薬理学的検討
日本アンドロロジー学会第34回学術大会(福岡)2015年6月
片岡智哉, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
Androgen補充療法はいつまで続ければよいか?-去勢ラットの勃起機能を指標とした検討-
第15回日本抗加齢医学会総会(福岡)2015年5月
後藤佳奈,前田康博,伊藤哲哉,中島葉子,杉山成司,片岡智哉,堀田祐志,木村和哲
UPLC/MS/MSによるメチルマロニル-CoAムターゼ活性測定法の確立
日本薬学会第135年会(神戸)2015年3月
鬼頭 典子, 塩田 有史, 真川 明将, 近藤 祐樹, 江崎 哲夫, 木村 和哲
ボリコナゾールの血中濃度と肝障害発現に関する検討
日本薬学会第135年会(神戸)2015年3月
松岡由貴, 真川明将, 那須祥子, 山下迪子, 山本清司, 加藤弘子, 江崎哲夫, 木村和哲
次世代の持参薬入力システムの有用性と今後の展望
日本薬学会第135年会(神戸)2015年3月
山本由香,黒田純子,松山奈央,竹本将士,鬼頭典子,伊豆田美晴,江崎哲夫,木村和哲
がん化学療法におけるHBV再活性化アラートシステムの有用性の検討乳がん化学療法における口腔粘膜炎の経時的発生状況
日本薬学会第135年会(神戸)2015年3月
片岡智哉, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
The effect of mineralocorticoid receptor inhibition for high salt intake-induced erectile dysfunction in Dahl salt-sensitive rats
第88回日本薬理学会年会(名古屋)2015年3月
堀田祐志,木村和哲
虚血に伴う勃起障害に対する新規アプローチ
第88回日本薬理学会年会(名古屋)2015年3月
川出義浩
がん薬物療法からのエイジング・イン・プレイス ~住み慣れた場所でずっとその人らしく暮らせる社会づくり~
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2015(京都)2015年3月
堀田祐志,家田直弥,深本絢子,片岡智哉,中川秀彦,木村和哲
光応答性NOドナー「NOBL-1」を用いた陰茎海綿体平滑筋の弛緩反応の制御
第25回日本性機能学会東部総会(東京)2015年2月
国際学会
Ieda N, Hotta Y, Kimura K, Miyata Y, Nakagawa H
Development of blue-light-controllable nitric oxide releaser and its biological application
22nd Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2015). (Boston, USA) 2015.11

2014年

原著論文
Ohya S, Fukuyo Y, Kito H, Shibaoka R, Matsui M, Niguma H, Maeda Y, Yamamura H, Fujii M, Kimura K, Imaizumi Y
Upregulation of KCa3.1 K(+) channel in mesenteric lymph node CD4(+) T lymphocytes from a mouse model of dextran sodium sulfate-induced inflammatory bowel disease.
Am. J. Physiol. Gastrointest. Liver Physiol. 306 (10) G873-G885 (2014)
Kataoka T, Hotta Y, Maeda Y, Kimura K.
Assessment of Androgen Replacement Therapy on Erectile Function in Rats with Type 2 Diabetes Mellitus by Examining Nitric Oxide-related and Inflammatory Factors.
J Sex Med. 11(4):920-929. (2014)
Sato Y, Kondo M, Inagaki A, Komatsu H, Okada C, Naruse K, Sahashi T, Kuroda J, Ogura H, Uegaki S, Yoshida T, Mori Y, Sawada H, Watanabe S, Sugiura H, Endo Y, Yoshimoto N, Toyama T, Iida S, Yamada K, Kimura K, Wakita A.
Highly frequent and enhanced injection site reaction induced by peripheral venous injection of fosaprepitant in anthracycline-treated patients
J Cancer. 24;5(5):390-397 (2014)
Kikuchi C, Kajikuri J, Hori E, Nagami C, Matsunaga T, Kimura K, Itoh T.
Aortic superoxide production at the early hyperglycemic stage in a rat type 2 diabetes model and the effects of pravastatin.
Biol Pharm Bull. 37(6):996-1002 (2014)
Ieda N, Hotta Y, Miyata N, Kimura K, Nakagawa H.
Photomanipulation of vasodilation with a blue-light-controllable nitric oxide releaser.
J Am Chem Soc. 136(19):7085-7091 (2014)
Hotta Y, Shiota A, Kataoka T, Motonari M, Maeda Y, Morita M, Kimura K.
Oral l-citrulline supplementation improves erectile function and penile structure in castrated rats.
Int J Urol. 21(6):608-612. (2014)
総説・解説
川出義浩
オピオイドスイッチングでの切り替え方は?
Q&Aでわかる がん疼痛緩和ケア, 140-144, (2014)
川出義浩
文部科学省未来医療研究人材養成拠点形成事業 「地域と育む未来医療人「なごやかモデル」
愛知県病院薬剤師会雑誌, Vol.42 No.1 P2-4, (2014)
学会発表
国内学会
山本 清司、堀田 祐志、前田 康博、浅井 清文、木村 和哲
ラット膀胱上皮におけるミネラロコルチコイド受容体の発現および機能の解析
第7回排尿障害モデル動物研究会(静岡)2014年12月
前田康博、後藤佳奈、中島葉子、前田陽子、杉山成司、堀田祐志、木村和哲、伊藤哲哉
UPLC-MS/MSによるメチルマロン酸血症患者および保因者のメチルマロニル-CoAムターゼ活性測定
第56回日本先天代謝異常学会(仙台)2014年11月
竹本将士,黒田純子,江崎哲夫,木村和哲
大腸癌MECレジメンの制吐対策はパロノセトロンへの変更で改善されるか
第24回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会(静岡)2014年11月
嶌田 理佳, 藤井 聡, 水野 正子, 土肥 靖明, 木村 和哲
在宅高齢高血圧症患者の服薬アドヒアランス
第37回日本高血圧学会総会(横浜)2014年10月
家田直弥、堀田祐志、木村和哲、宮田直樹、中川秀彦
青色光制御型一酸化窒素発生剤の開発とその生体応用
2014年 光化学討論会(札幌)2014年10月
後藤佳奈、前田康博、伊藤哲哉、中島葉子、前田陽子、杉山成司、堀田祐志、木村和哲
UPLC-MS/MS による軽症メチルマロン酸血患者における酵素活性測定法の検討
第39回日本医用マススペクトル学会年会(千葉)2014年10月
杉山洋介、近藤勝弘、手崎世織、竹本将士、川出義浩、鬼塚真美、坂本宣弘、木村和哲
神経障害性疼痛に対するメサドン塩酸塩錠の有効性に関する後方視的検討
第8回日本緩和医療薬学会(松山)2014年10月
稲葉一郎、今村光一、川出義浩、高橋眞生、萩田均司、萬谷摩美子、二村昭彦、鈴木順子
「緩和医療における薬剤師業務の実態調査-第2弾-」 診療報酬改定後の薬剤師による在宅業務の動向~健康保険・介護保険対策委員会企画~
第8回日本緩和医療薬学会(松山)2014年10月
川出義浩
働く世代のがん治療と日常生活の両立を支援するための薬剤師の取り組み
第8回日本緩和医療薬学会(松山)2014年10月
稲葉一郎、今村光一、川出義浩、高橋眞生、萩田均司、萬谷摩美子、二村昭彦、鈴木順子
「緩和医療における薬剤師業務の実態調査-第2弾-」 診療報酬改定後の薬剤師による在宅業務の動向~健康保険・介護保険対策委員会企画~
第8回日本緩和医療薬学会(松山)2014年10月
川出義浩
働く世代のがん治療と日常生活の両立を支援するための薬剤師の取り組み
第8回日本緩和医療薬学会(松山)2014年10月
真川明将, 竹本将士, 伊豆田美晴, 黒田純子, 江崎哲夫, 木村和哲
がん化学療法におけるHBV再活性化対策~HBView導入によるリスクマネジメント意識の向上~
第24回日本医療薬学会年会(名古屋)2014年9月
家田直弥、堀田祐志、木村和哲、川口充康、宮田直樹、中川秀彦
青色光制御型NOドナーの開発と血管弛緩の光制御
第67回日本酸化ストレス学会学術集会(京都)2014年9月
岸本大輝, 片岡智哉, 堀田祐志, 六車ひろし, 三宅毅志, 由良健太朗, 泉和良, 藤沢尚人, 山中正人, 川西泰夫, 金山博臣, 木村和哲
食塩過剰摂取は高血圧とは独立してEDを起こす-そのメカニズムについての検討-
日本性機能学会 第25回 学術総会(仙台)2014年9月
矢萩 亮、堀田祐志、中村大学、片岡智哉、前田康博、木村和哲
両側内腸骨動脈結紮後のラット陰茎海綿体の炎症関連因子の経時的変化
日本性機能学会 第25回 学術総会(仙台)2014年9月
堀田祐志、中村大学、矢萩 亮、片岡智哉、前田康博、木村和哲
フルクトース過剰摂取が勃起機能に与える影響についての検討−小児ラットと成熟ラットを用いた検討−
日本性機能学会 第25回 学術総会(仙台)2014年9月
片岡智哉, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
Testosteroneが酸化ストレスおよび炎症マーカーに与える影響‐去勢ラットを用いたAndrogen補充療法と抗酸化物質投与との比較‐
日本性機能学会 第25回 学術総会(仙台)2014年9月
山本清司、堀田祐志、前田康博、浅井清文、木村和哲
ラット膀胱上皮におけるミネラロコルチコイド受容体‐上皮性Na+チャネル系の生理的役割
第21回 日本排尿機能学会(岡山)2014年9月
真川明将, 野田康弘, 小林孝志, 磯貝善蔵, 藤井聡
マクロゴールのアルカリホスファターゼ及びマトリックスメタロプロテアーゼ活性に与える影響 の酵素学的解析
第31回和漢医薬学会学術大会(名古屋)2014年8月
髙木三千代,中島健一,田邉宏樹, 木村和哲,井上誠
慢性炎症によるアディポネクチン産生抑制を改善する天然物の探索
日本薬学会第133年会(千葉)2014年8月
川出義浩
がん患者の褥瘡緩和医療を考える~緩和ケアチームと薬剤師の立場から~
第16回日本褥瘡学会学術集会(名古屋)2014年8月
家田直弥、堀田祐志、木村和哲、宮田直樹、中川秀彦
青色光で制御可能なNOドナーの合成とその機能評価
創薬懇話会2014(岐阜)2014年7月
加藤秀紀、黒田純子、水野裕之、江崎哲夫、木村和哲
注射薬の監査を支援する"チェックシート"の有用性について
第22回クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム2014(東京)2014年6月
家田直弥、堀田祐志、木村和哲、宮田直樹、中川秀彦
N-Nitrosoaminophenol骨格を有する可視光制御型NOドナーの開発 Development of Visible-Light-Controllable NO donor based on an N-nitrosoaminophenol structure
日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会(大阪)2014年6月
中村大学, 堀田祐志, 矢萩亮, 片岡智哉, 前田康博, 木村和哲
小児期の継続的なフルクトース過剰摂取がラットの勃起機能に与える影響
第25回 日本性機能学会 中部総会(和歌山)2014年6月
片岡智哉, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
Testosterone低下による酸化ストレスおよび炎症マーカーの変動‐去勢によるEDモデルラットを用いた検討‐
第14回日本抗加齢医学会総会(大阪)2014年6月
家田直弥、堀田祐志、木村和哲、宮田直樹、中川秀彦
青色光で制御可能なN-nitrosoaniline型NOドナーを用いた血管弛緩制御
第12回次世代を担う有機化学シンポジウム(東京)2014年5月
真川 明将, 竹本 将士, 黒井 美晴, 黒田 純子, 江崎 哲夫, 木村 和哲
がん化学療法におけるHBV再活性化アラートシステムの有用性の検討
日本薬学会第135年会(熊本)2014年3月
山下 迪子, 加藤 弘子, 早川 英子, 手崎 世織, 山本 清司, 小島 基嗣, 江崎 哲夫, 木村 和哲
外来受診で手術が決まった患者の術前中止薬の確認 入院指示オーダーの改良による有用性の検討
日本薬学会第135年会(熊本)2014年3月
鈴木 匡, 木村 和哲, 明石 惠子, 大原 弘隆, 金 兌勝, 藤井 聡
医療系学部連携による「チーム医療に貢献する薬局薬剤師養成」研修<3年間の成果検証>
日本薬学会第135年会(熊本)2014年3月
家田直弥、堀田祐志、木村和哲、川口充康、宮田直樹、中川秀彦
青色光制御型NOドナーの開発と血管弛緩の光制御
日本薬学会第135年会(熊本)2014年3月
川出義浩
がん薬物療法からのエイジング・イン・プレイス~住み慣れた場所でずっとその人らしく暮らせるコミュニティづくり~
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2015(京都)2014年3月
堀田祐志、中村大学、矢萩 亮、片岡智哉、前田康博、木村和哲
小児期からのフルクトース過剰摂取が将来の勃起機能に与える影響について-ラットを用いた検討−
第24回日本性機能学会西部総会(山口)2014年1月
国際学会
Hotta Y, Nakamura D, Yahagi R, Kataoka T, MaedaY, Kimura K
Excessive fructose administration from childhood may induce oxidative stress via the AGE-NADPH oxidase pathway, resulting in erectile dysfunction in adult rats
16th World Meeting on Sexual Medicine (São Paulo, Brazil) 2014.10
Hotta Y, Ieda N, Nakagawa H, Kimura K
Light-controlled relaxation of the penile corpus cavernosum using the novel nitric oxide releaser NOBL-1
16th World Meeting on Sexual Medicine (São Paulo, Brazil) 2014.10
Kataoka T, Hotta Y, Maeda Y, Kimura K.
Influences of testosterone deficiency for oxidative stress and inflammation markers in castrated rats
16th World Meeting on Sexual Medicine (São Paulo, Brazil) 2014.10
Ieda N, Hotta Y, Kimura K, Miyata N, Nakagawa H
Photo-manipulation of vasodilation with a novel photo-controllable nitric oxide releaser based on N-nitrosoaminophenol
Third International Conference on Hydrogen Sulfide in Biology and Medicine(H2S 2014) (Kyoto, Japan) 2014.9
Gotoh K, Maeda Y, Ito T, Nakajima Y, Hotta Y, Sugiyama N, Kimura K
An assay of methylmalonyl-CoA mutase activity by UPLC/MS/MS in patients with methylmalonic acidemia and carriers.
Annual Symposium of the Society for the Study of Inborn Errors of Metabolism (Innsbruck, Austria) 2013.6

2013年

原著論文
Ono H、 Iwajima Y、 Nagano Y、 Chazono K、 Maeda Y、 Ohsawa M、 Yamamoto S
Reduction in Sympathetic Nerve Activity as a Possible Mechanism for the Hypothermic Effect of Oseltamivir、 an Anti-influenza Virus Drug、 in Normal Mice.
Basic Clin. Pharmacol. Toxicol. 113(1):25-30. (2013)
Inoue M、 Tanabe H、 Matsumoto A、 Takagi M、 Umegaki K、 Amagaya S、 Takahashi J.
Astaxanthin functions differently as a selective peroxisome proliferator-activated receptor γ modulator in adipicytes and macrophages.
Biochem. Pharmacol. 84(5):692-700. (2013)
Shiota A、 Hotta Y、 Kataoka T、 Morita M、 Maeda Y、 Kimura K.
Oral L-citrulline supplementation improves erectile function in rats with acute arteriogenic erectile dysfunction.
J Sex Med. 10(10):2423-2429. (2013)
Kataoka T、 Hotta Y、 Ohno M、 Maeda Y、 Kimura K.
Limited effect of testosterone treatment for erectile dysfunction caused by high-estrogen levels in rats.
Int J Impot Res. 25(6):201-205.
総説・解説
前田康博、伊藤哲哉
核酸代謝異常症の質量分析
医用質量分析ガイドブック、 pp79-84、 (2013)
学会発表
国内学会
堀田祐志、服部由香、高畑 裕、前田康博、木村和哲
シクロホスファミド誘発性膀胱炎における一酸化窒素の役割
第64回名古屋市立大学医学会総会(名古屋)2013年12月
山下迪子、加藤弘子、早川英子、手崎世織、山本清司、小島基嗣、江崎哲夫、木村和哲
外来受診時に手術の予定が決定された患者における術前中止薬の確認とその問題点について
第23回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会(鈴鹿)2013年11月
田代雄祐、竹本将士、黒田純子、前田康博、木村和哲
陰圧式アイソレーター(ケモシールドⓇ)による抗がん剤調製にはオゾン水を用いた清拭が有用か?
第23回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会(鈴鹿)2013年11月
Ayako Masaki、 Takashi Ishida、 Yasyhiro Maeda、 Atsushi Inagaki、 Susumu Suzuki、 Asahi Ito、 Fumiko Mori、 Fumihiko Sato、 Tomoko Narita、 Masaki Ri、 Shigeru Kusumoto、 Hirokazu Komatsu、 Akio Niimi、 Ryuzo Ueda、 Hiroshi Inagaki、 Atae Utsunomiya、 Shinsuke Iida
Clinical significance of indoleamine 2、3-dioxygenase (IDO) expression in ATL.
第75回日本血液学会学術集会(札幌)2013年10月
堀田祐志、服部由香、高畑 裕、前田康博、木村和哲
シクロホスファミド投与による膀胱炎発症における一酸化窒素の関係について
第20回日本排尿機能学会(静岡)2013年9月
後藤佳奈、前田康博、堀田祐志、片岡智哉、岡田有武、岡田秀親、木村和哲
アナフィラトキシン阻害ペプチド(AcPepA)を用いた敗血症治療薬開発
―UPLC/MS/MSを用いたAcPepA濃度解析―
第38回日本医用マススペクトル学会(神戸)2013年9月
前田康博、伊藤哲哉、後藤佳奈、堀田祐志、中島葉子、加藤沙耶香、齋藤伸治、木村和哲
メチルマロニル-CoAムターゼ活性測定におけるUPLC/MS/MSによるアシル-CoA分析
第38回日本医用マススペクトル学会(神戸)2013年9月
前田康博
質量分析を利用した代謝異常症の病態解明」アシルカルニチン、アシル-CoAの解析と意義
第38回日本医用マススペクトル学会(神戸)2013年9月
山本清司、竹本将士、前田康博、黒田純子、江崎哲夫、木村和哲
陰圧式アイソレーター「ケモシールド」の導入前後の抗がん剤による環境汚染および人体への曝露の比較調査
第23回 日本医療薬学会年会(仙台)2013年9月
前田康博、後藤佳奈、伊藤哲哉、堀田祐志、中島葉子、加藤沙耶香、杉山成司、齋藤伸治、木村和哲
UPLC/MS/MSによるメチルマロニル‐CoAムターゼ活性測定
第61回質量分析総合討論会(つくば)2013年9月
村上 里奈、 飯塚 成志、 木村 和哲、 浅井 清文、 大原 弘隆、 酒々井 眞澄、 鈴木 匡、 明石 惠子
医療系学部連携チームによる東日本大震災被災地域(岩手県陸前高田市)訪問学習
第45回日本医学教育学会大会(千葉)2013年7月
飯塚 成志、 村上 里奈、 木村 和哲、 浅井 清文、 大原 弘隆、 酒々井 真澄、 鈴木 匡、 明石 惠子、 早野 順一郎
課題解決型学習におけるチーム内ピア評価尺度と学習評価との相関について
第45回日本医学教育学会大会(千葉)2013年7月
堀田祐志、片岡智哉、塩田有史、本成真理奈、前田康博、森田匡彦、木村和哲
去勢ラットの勃起障害に対するシトルリン飲水投与の効果について
第123回日本薬理学会近畿部会(名古屋)2013年7月
片岡智哉、堀田祐志、前田康博、木村和哲
去勢ラットの勃起障害に対するAndrogen補充療法の投与期間に関する検討
第123回日本薬理学会近畿部会(名古屋)2013年7月
水野裕之、金兌勝、鈴木匡、明石惠子、木村和哲
看護師教育を取り入れた「チーム医療に貢献する薬局薬剤師の養成」研修の有用性の検証
医療薬学フォーラム2013(金沢)2013年7月
片岡智哉、堀田祐志、山本侑佳、前田康博、木村和哲
陰茎海綿体内皮機能障害に対するAndrogen補充療法の効果
‐肥満モデルラットを用いた検討‐
第13回日本抗加齢医学会総会(横浜)2013年6月
小野秀樹、茶園かおり、橋本祐一、岩嶋優依、山本昇平、前田康博、大澤匡弘
体温低下作用と神経筋接合部遮断作用におけるリン酸オセルタミビル(タミフル)と局所麻酔薬の類似性
日本薬学会第133年会(横浜)2013年3月
鈴木 英子、 手崎 世織、 山本 清司、 加藤 弘子、 小島 基嗣、 浅野 知子、 近藤 勝弘、 黒田 純子、 江崎 哲夫、 木村 和哲
入院支援センターの新設に伴う持参薬確認業務の変化
日本薬学会第133年会(横浜)2013年3月
伊藤 邦彦、 藤井 聡、 大井 一弥、 堀 雄史、 川上 純一、 齋藤 寛子、 長谷川 高明、 水野 裕之、 木村 和哲、 増田 雅也、 大槻 眞嗣、 矢野 裕章、 岩本 卓也、 奥田 真弘、 小野 秀樹
大学連携による教育用症例作成と症例データベース構築 東海薬学教育コンソーシアムの取り組み
日本薬学会第133年会(横浜)2013年3月
鈴木 匡、 藤井 聡、 大原 弘隆、 明石 惠子、 木村 和哲、 金 兌勝
医療系学部連携によるチーム医療に貢献する薬局薬剤師養成研修(2年目の成果検証)
日本薬学会第133年会(横浜)2013年3月
渡辺 美里、 鬼頭 典子、 黒井 美晴、 鮫島 健太、 黒田 純子、 木村 和哲
外来化学療法室における薬剤師面談担当制の導入 曜日担当制による処方提案の質的改善効果について
日本薬学会第133年会(横浜)2013年3月
高橋瀬奈、堀田祐志、前田康博、木村和哲
ストレプトゾトシン誘発性糖尿病モデルラットにおける膀胱機能と酸化ストレスの経時的変化
日本薬学会第133年会(横浜)2013年3月
髙木三千代、中島健一、田邉宏樹、 木村和哲、井上誠
軽度炎症状態にある脂肪細胞のアディポネクチン産生低下を改善する天然物の探索
日本薬学会第133年会(横浜)2013年3月
堀田祐志、服部由香、高畑 裕、前田康博、木村和哲
一酸化窒素に着目したシクロホスファミド投与による膀胱炎発症機序の解明
日本薬学会第133年会(横浜)2013年3月
片岡智哉、堀田祐志、山本侑佳、前田康博、木村和哲
肥満に伴いテストステロンが低下したEDモデルラットを用いたテストステロン補充療法の開始時期の検討
日本薬学会第133年会(横浜)2013年3月
前田康博、那須徹也、堀田祐志、加藤沙耶香、中島葉子、齋藤信治、伊藤哲哉、木村和哲
UPLC/MS/MSによるメチルマロン酸血症・プロピオン酸血症患者の酵素活性測定
日本薬学会第133年会(横浜)2013年3月
堀田祐志
PDE5阻害剤の「連続」投与の効果とその可能性
− 動脈性EDモデルから得た知見 –
第23回日本性機能学会東部総会(仙台)2013年3月
山本侑佳、 片岡智哉、 堀田祐志、 前田博、 岸本大輝、 金山博臣、 木村和哲
食塩感受性高血圧モデルラット(Dhal salt-sensitive rat)を用いた勃起機能の検討
‐食塩過剰摂取による勃起機能への影響‐
第23回 日本性機能学会西部総会(徳島)2013年2月
片岡智哉、堀田祐志、山本侑佳、前田康博、木村和哲
Androgen補充療法の効果が不十分であった去勢ラットに対するAndrogen補充療法の長期治療の有効性の検討
第23回 日本性機能学会西部総会(徳島)2013年2月
国際学会
Kimura K.
Study of Effective Androgen Replacement Therapy on Erectile Function in Various Rat
Models
8th Japan-ASEAN Conference on Men's Health and Aging (Nagano、 JP) 2013.11
Maeda Y、 Ito T、 Gotoh K、 Nakajima Y、 Kato S、 Sugiyama N、 Saito S、 Hotta Y、 Kimura K
ACYL-COA ANALYSIS BY UPLC/MS/MS FOR ENZYME ACTIVITY ASSAY IN A PATIENT WITH METHYLMALONIC ACIDEMIA
12nd International congress of inborn errors of metabolism (Barcelona、 SP) 2013.9
Yamamoto S.、 Hotta Y.、 Maeda Y.、 Asai K.、 Kimura K.
Physiological Role of Mineralocorticoid Receptors in Rat Bladder Epithelium
43rd Annual Meeting of the International Continence Society (Barcelona、 SP) 2013.8
Hotta Y、 Hattori Y、 Maeda Y、 Kimura K.
Involvement of nitric oxide in cyclophosphamide-induced cystitis in rats
43rd Annual Meeting of the International Continence Society (Barcelona、 SP) 2013.8
Hotta Y、 Kataoka T、 Shiota A、 Morita M、 Kamimura A、 Maeda Y、 Kimura K.
Oral L-citrulline supplementation improves erectile function with an increase in L-arginine/asymmetric dimethylarginine ratios and decrease in NADPH oxidase 1 and 4 expression in castrated rats
International Symposium on Prostate、 Androgens and Men's Sexual Health (Berlin、 GE) 2013.6
Kataoka T.、 Hotta Y.、 Maeda Y.、 Kimura K.
How androgen replacement therapy affects the erectile function of metabolic syndrome rats
International Symposium on Prostate、 Androgens and Men's Sexual Health (Berlin、 GE) 2013.6
Yamamoto Y、 Kataoka T、 Hotta Y、 Maeda Y、 Kishimoto T、 Kanayama H、 Kimura K.
Effect of high salt intake on erectile function in Dahl salt-sensitive rats
14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine (Kanazawa、 JP) 2013.6
Kishimoto T、 Kataoka T、 Yamamoto Y、 Koizumi T、 Akazawa S、 Hotta Y、 Kanayama H、 Kimura K.
Salt excess-induced erectile dysfunction independent of hypertension: a preliminary report
14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine (Kanazawa、 JP) 2013.6
Kataoka T.、 Hotta Y.、 Maeda Y.、 Kimura K.
Adverse effect of excessive testosterone on the erectile function of rats
14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine (Kanazawa、 JP) 2013.6
Hotta Y.
Effects of Oral l-Citrulline Supplementation on Erectile Dysfunction
14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine (Kanazawa、 JP) 2013.6

2012年

原著論文
Hotta Y, Ohno R, Kataoka T, Mikumo M, Takahata Y, Ohno M, Maeda Y, Kimura K.
Effects of chronic vardenafil treatment persist after end of treatment in rats with acute arteriogenic erectile dysfunction.
J Sex Med. 9(7):1782-1788. (2012)
Abe Y, Hotta Y, Okumura K, Kataoka T, Maeda Y, Kimura K.
Temporal changes in erectile function and endothelium-dependent relaxing response of corpus cavernosal smooth muscle after ischemia by ligation of bilateral internal iliac arteries in the rabbit.
J Pharmacol Sci. 120(3):250-253. (2012)
Kimura S, Niwa Y, Iwajima Y, Nagano Y, Yamamoto S, Ohi Y, Maeda Y, Kurono Y, Ono H and Haji A
High doses of oseltamivir phosphate induce acute respiratory arrest in anaesthetized rats
Basic Clin Pharmacol Toxicol. 111 (4) 232-239. (2012).
Kato S, Maeda Y, Nakajima Y, Sugiyama N, Kurono Y, Ito T, Saitoh S
Tissue specificity of pivaloylcarnitine and short-chain acylcarnitine profiles after administration of pivalate-containing antibiotics in rat
Nagoya Med J., 52, 171-183. (2012).
近藤勝弘, 黒田純子, 猪飼誉友, 林留美子, 上垣史緒理, 吉田達哉, 吉田篤博, 小松弘和, 木村和哲
実測AUC値モニタリングによって安全かつ有効にCarboplatin併用化学療法を実施し得た維持透析中の原発不明がんの1例
癌と化学療法, 39(11), 1749-1752 (2012)
総説・解説
堀田祐志, 木村和哲
性機能up date 血管内皮機能からEDをみる
自律神経, 49巻2号 71-73, (2012)
木村和哲
慢性腎臓病におけるメチルアルギニンを介した内皮機能障害
薬学雑誌, 132(4), 443-448, (2012)
木村和哲
排尿困難・尿閉をきたす薬剤 (特集 薬剤投与と泌尿器科的副作用 : 泌尿器科医の必須知識)
臨床泌尿器科, 66(8), 567-570, (2012)
杉山洋介, 木村和哲
尿路結石をきたす薬剤 (特集 薬剤投与と泌尿器科的副作用 : 泌尿器科医の必須知識)
臨床泌尿器科, 66(8), 603-607, (2012)
学会発表
国内学会
早川智章,木村理恵,杉山洋介,近藤勝弘,黒田純子,江崎哲夫,木村和哲
デノスマブ投与例における低Ca血症発現状況と重症化回避に関する検討
第22回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会(岐阜)2012年11月
早川英子,手崎世織,加藤弘子,小島基嗣,上野朋子,浅野知子,近藤勝弘,黒田純子,江崎哲夫,木村和哲
入院支援センターにおける持参薬確認業務について
第22回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会(岐阜)2012年11月
小川修平,渡辺美里,黒井美晴,山本清司,黒田純子,江崎哲夫,木村和哲
外来化学療法施行患者に対する自己管理日記を用いた副作用モニタリング
第22回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会(岐阜)2012年11月
鬼頭典子,黒田純子,竹本将士,黒井美晴,山本清司,江崎哲夫,木村和哲
抗がん剤調製業務効率化への取り組みと検討[3]~サイトケア®およびケモシールド®導入による抗がん剤調製者の待機時間の変化とアンケート調査~
第22回 日本医療薬学会年会(新潟)2012年10月
黒井美晴, 黒田純子, 近藤勝弘, 竹本将士, 鬼頭典子, 江崎哲夫, 木村和哲
抗がん剤調製業務効率化への取り組み[1]~抗がん剤自動調製装置「サイトケア」および陰圧式アイソレーター「ケモシールド」導入による経費削減効果~
第22回 日本医療薬学会年会(新潟)2012年10月
竹本将士,前田康博,山本清司,鬼頭典子, 黒井美晴,黒田純子,近藤勝弘,木村和哲
抗がん剤調製業務効率化への取り組み~陰圧式アイソレーター
「ケモシールド®」使用時の閉鎖式調製補助具の必要性の検討~
第22回日本医療薬学会年会(新潟)2012年10月
丹村貴之,杉山洋介,坂本雅樹,奥山徹,内田恵,古賀和子,伊藤嘉規,明智龍男,黒田純子,江崎哲夫,木村和哲
緩和ケアチーム活動において薬剤師が主体的に介入した事例の検討
第6回日本緩和医療薬学会(神戸)2012年10月
服部由香,堀田祐志,高畑 裕,前田康博,木村和哲
シクロホスファミド誘発性出血性膀胱炎発症機序の解明~内因性一酸化窒素合成酵素阻害物質ADMAに着目した検討~
第22回 日本医療薬学会年会(新潟)2012年10月
久野亜耶奈,大野雅恵,堀田祐志,前田康博,近藤勝弘,木村和哲
シスプラチン誘発性腎障害に対する新規診断マーカーとしての尿中ADMAの検討
第22回 日本医療薬学会年会(新潟)2012年10月
黒田純子,石田曜子 ,中口智博 ,小松弘和 ,明智龍男 ,木村和哲
予期性悪心・嘔吐に対する新規制吐剤の有用性の検証
第50回 日本癌治療学会学術集会(横浜)2012年10月
木村和哲
コメディカル・メディカル合同ワークショップ 治療アドヒアランス向上と服薬指導 「CKD診療ガイド2012」改訂に伴うCKD合併時の服薬指導
第35回日本高血圧学会総会(名古屋)2012年9月
嶌田理佳, 明石惠子, 藤井聡, 土肥靖明, 木村和哲
高血圧患者を対象とした服薬アドヒアランス尺度の信頼性・妥当性の検証
第35回日本高血圧学会総会(名古屋)2012年9月
堀田祐志
教育講演:PDE5阻害薬無効例に対する対応 最新の知見を交えて 『シトルリンによるED改善の効果について』
第22回 日本性機能学会中部総会(大阪)2012年9月
前田康博,堀田祐志,縣優介,橋爪博隆,澵井美穂,小川洋史,木村和哲
維持血液透析患者における血圧と血清ADMA濃度との関連性
第35回 日本高血圧学会総会(名古屋)2012年9月
堀田祐志,片岡智哉,塩田有史,森田匡彦,神村彩子,前田康博,木村和哲
去勢ラットに対するシトルリン飲水による勃起機能の改善メカニズムの解明 内因性NOS阻害物質ADMA関連因子に着目した検討
日本性機能学会 第23回 学術総会(東京)2012年9月
片岡智哉,堀田祐志,山本侑佳,塩田有史,前田康博,木村和哲
肥満ラットに対するAndrogen補充療法の効果
日本性機能学会 第23回 学術総会(東京)2012年9月
那須徹也,前田康博,堀田祐志,伊藤哲哉,中島葉子,加藤沙耶香,齊藤伸治,木村和哲
UPLC-MS/MSを用いたメチルマロニル-CoAムターゼの活性測定
第37回日本医用マススペクトル学会年会(名古屋)2012年9月
前田康博, 加藤あゆみ, 伊藤哲哉, 中島葉子, 加藤沙耶香, 齋藤伸治, 木村和哲
UPLC-MS/MSによるピリミジン代謝経路における代謝物の同時定量と応用
第37回日本医用マススペクトル学会年会(名古屋)2012年9月
村上 里奈, 鈴木 匡, 前田 徹, 明石 惠子, 木村 和哲, 浅井 清文, 酒々井 眞澄, 飯塚 成志, 大原 弘隆, 早野 順一郎
1年間の課題解決型学習における学生チームの状況把握のためのピア評価尺度
第44回日本医学教育学会大会(東京)2012年7月
早野 順一郎, 鈴木 匡, 前田 徹, 木村 和哲, 浅井 清文, 酒々井 眞澄, 飯塚 成志, 村上 里奈, 大原 弘隆, 明石 惠子
活動計画に対するreview systemの導入による1年次の地域参加型チーム学習の充実
第44回日本医学教育学会大会(東京)2012年7月
飯塚 成志, 鈴木 匡, 前田 徹, 明石 惠子, 木村 和哲, 浅井 清文, 酒々井 眞澄, 村上 里奈, 大原 弘隆, 早野 順一郎
医薬看連携による「地域参加型学習」カリキュラムの開発とその評価
第44回日本医学教育学会大会(東京)2012年7月
黒田純子,石田曜子,中口智博,小松弘和, 明智龍男,木村和哲
新規制吐剤は予期性悪心・嘔吐および患者のQOLを改善させるか
日本薬学会第132年会(札幌)2012年3月
平野世織,山本清司,加藤弘子,小島基嗣,松尾一典,浅野知子,近藤勝弘,黒田純子,江崎哲夫,木村和哲
「持参薬チーム」による業務効率化がもたらした薬剤管理指導への影響
日本薬学会第132年会(札幌)2012年3月
種村妃紗, 山本清司, 杉山洋介, 近藤勝弘, 黒田純子, 江崎哲夫, 木村和哲
投与順序が複雑な長期レジメン監査の新しい取り組み
日本薬学会第132年会(札幌)2012年3月
前田徹, 鈴木匡, 飯塚成志, 酒々井真澄, 浅井清文, 明石惠子, 木村和哲, 早野順一郎
医療系学部連携地域参加型学習におけるピア(相互)評価を用いたチーム力評価の試み
日本薬学会第132年会(札幌)2012年3月
塩田 有史, 中村 敦, 脇山 直樹, 江崎 哲夫, 木村 和哲
抗菌薬の適正使用に向けた長期投与例に対する多職種協議の有用性
第27回日本環境感染学会総会(福岡)2012年2月
国際学会
Oda H, Maeda Y, Ito T, Nakajima Y, Kato S, Kimura K, Saito S , Sugiyama N
Simultaneous determination of acylcarnitines and amino acids for inborn error of metabolism using UPLC/MS/MS.
19th International Mass Spectrometry Conference (Kyoto, JP) 2012.9
Maeda Y, Oda H, Nakajima Y, Kato S, Saito S, Sugiyama N, Kimura K, Ito T
Detail analysis of acylcarnitines and amino acids for inboen error of metabolism using UPLC/MS/MS
Annual Symposium of the Society for the Study of Inborn Errors of Metabolism (Birmingham, UK) 2012.9
Kato A, Maeda Y, Nakajima Y, Kato S, Sugiyama N, Saito S, Kimura K, Ito T
Determination of pyrimidine metabolites for inborn error of metabolism in pyrimidine synthesis and degradation system by using UPLC/MS/MS.
Annual Symposium of the Society for the Study of Inborn Errors of Metabolism (Birmingham, UK) 2012.9
Hotta Y, Shiota A, Kataoka T, Morita M, Hara T, Maeda Y, Kimura K
A novel therapy, combination of L-citrulline and vardenafil, for erectile dysfunction with hypogonadism in rat study
World Meeting on Sexual Medicine 2012 (Cicago, USA) 2012.8
Kataoka T, Yamamoto Y, Shiota A, Hotta Y, Maeda Y, Kimura K
Effects of androgen replacement therapy for erectile function of OLETF metabolic syndrome rats.
World Meeting on Sexual Medicine 2012 (Cicago, USA) 2012.8

2011年

原著論文
Hotta Y., Hattori M., Kataoka T., Ohno R., Mikumo M., Maeda Y., Kimura K.
Chronic Vardenafil Treatment Improves Erectile Function via Structural Maintenance of Penile Corpora Cavernosa in Rats with Acute Arteriogenic Erectile Dysfunction.
J. Sex. Med. 8, 705-711 (2011)
Nakajima Y., Ito T., Maeda Y., Ichiki S., Kobayashi S., Ando N., Hussein M. H., Kurono Y., Sugiyama N., Togari H.
Evaluation of valproate effects on acylcarnitine in epileptic children by LC-MS/MS.
Brain Dev., 33, 816-823. (2011)
大野梨紗, 吉川一規, 前田徹, 木村和哲
処方箋に臨床検査データを記載することの有用性の検討
愛知県病院薬剤師会雑誌, 39, 4-9 (2011).
総説・解説
嶌田理佳, 藤井聡, 明石惠子, 土肥靖明, 木村和哲, 前田徹
高血圧症患者の服薬アドヒアランスの現状
名古屋市立大学看護学部紀要, 10, 9-14 (2011).
木村和哲
症例チャートからみる薬物治療マネジメント 「前立腺肥大症・過活動膀胱」
薬局別冊, 62, 197-207 (2011).
木村和哲
「在宅医療Q&A」
じほう
学会発表
国内学会
前田康博, 小田晴香, 伊藤哲哉, 木村和哲, 黒野幸久, 杉山成司
UPLC-MS/MSによるサリチロイルカルニチン定量と応用
日本薬学会 第131年会 (静岡)
木村和哲, 三雲真由美, 縣優介
CKDモデルラットにおける血管内皮機能障害およびエゼチミブ投与の効果
平成22年度 腎臓財団研究発表 (名古屋)
片岡智哉, 堀田祐志, 塩田有史, 大野雅恵, 前田康博, 黒野幸久, 木村和哲
去勢ラットを用いたAndrogen補充療法の治療開始時期の検討
第119回 日本薬理学会近畿部会 (名古屋)
堀田祐志, 大野梨紗, 片岡智哉, 大野雅恵, 前田康博, 佐々木昌一, 郡健二郎, 木村和哲
Vardenafil連日投与の効果は投与中止後も持続するのか? 動脈性EDラットによる検討
第99回 日本泌尿器科学会総会 (名古屋)
塩田有史, 堀田祐志, 片岡智哉, 高畑裕, 服部由香, 大野雅恵, 前田康博, 森田匡彦, 原孝博, 木村和哲
経口シトルリン連続投与によるラット動脈性EDの改善効果
第21回 日本性機能学会中部総会 (浜松)
木村和哲
教育講演 1  ED基礎と臨床の橋渡し
第22回 日本性機能学会学術総会 (倉敷)
片岡智哉, 堀田祐志, 塩田有史, 大野雅恵, 前田康博, 木村和哲
去勢ラットを用いたAndrogen補充療法の治療開始時期の検討
第22回 日本性機能学会学術総会 (倉敷)
堀田祐志, 片岡智哉, 塩田有史, 森田匡彦, 大野雅恵, 前田康博, 木村和哲
去勢ラットの勃起機能に対するシトルリン飲水投与の効果について
第22回 日本性機能学会学術総会 (倉敷)※発表者の堀田祐志さんは, 学会賞を受賞
堀田祐志, 服部由香, 大野雅恵, 前田康博, 小島祥敬, 窪田泰江, 佐々木昌一, 郡健二郎, 木村和哲
両側内腸骨動脈結紮ラットの排尿機能障害に対するvardenafil連日投与の効果
第18回 日本排尿機能学会 (福井)
前田康博, 加藤あゆみ, 中島葉子, 加藤沙耶香, 木村和哲, 黒野幸久, 伊藤哲哉
ピリミジン代謝異常症における代謝物のHPLC-MS/MSによる同時定量法の開発
第36回 日本医用マススペクトル学会年会 (大阪)
前田康博, 伊藤哲哉, 加藤あゆみ, 中島葉子, 加藤沙耶香, 木村和哲, 黒野幸久, 齋藤伸治
HPLC-MS/MSによるピリミジン代謝異常症のスクリーニング法確立とその応用
第53回 日本先天代謝異常学会 (千葉)
那須徹也, 前田康博, 伊藤哲哉, 但馬剛, 中島葉子, 加藤沙耶香, 木村和哲, 黒野幸久, 齋藤伸治
メチルマロン酸血症におけるメチルマロニ-CoAムターゼ活性の測定方法の確立
第53回 日本先天代謝異常学会 (千葉)
黒田純子, 近藤勝弘, 山本清司, 黒井美晴, 西山毅, 小松弘和, 木村和哲
外来化療室における予約取消しに関する要因分析
第49回 日本癌治療学会学術集会(名古屋)
杉山洋介, 丹村貴之, 近藤勝弘, 古賀和子, 中口智博, 坂本雅樹, 奥山徹, 明智龍男, 木村和哲
併用薬 (ドンペリドン) による発汗で効果が減弱したフェンタニル貼付患者の1症例
第5回 日本緩和医療薬学会年会 (千葉)
黒井美晴, 近藤勝弘, 黒田純子, 江碕哲夫, 木村和哲
パクリタキセル投与に関連した「アルコール過敏」の評価基準の現状とその一考察
第21回 日本医療薬学会年会 (神戸)
近藤勝弘, 小崎耕自, 宇都宮純平, 中村卓巨, 木全司, 黒田純子, 木村和哲
シンポジウム22 大腸がん化学療法における抗EGFR抗体製剤による皮膚症状対策の提案
第21回 日本医療薬学会年会 (神戸)
塩田有史, 市原菜月, 加藤樹理江, 水野裕之, 黒田純子, 江崎哲夫, 中村敦, 木村和哲
長期投与されたテイコプラニンのトラフ濃度と腎・肝機能障害発生との関係
第21回 日本医療薬学会年会 (神戸)
木村理恵, 服部隆宏, 近藤勝弘, 加藤樹理江, 江崎哲夫, 木村和哲
電子カルテを用いた個別安全性情報の提供は主治医に有効に活用されたか?
第21回 日本医療薬学会年会 (神戸)
前田徹, 飯塚成志, 浅井清文, 福留元美, 小黒智恵子, 明石恵子, 土肥靖明, 早野順一郎, 木村和哲, 鈴木匡
患者心理の理解と患者ストレスの評価を目的とした学生の体験入院の試み
第21回 日本医療薬学会年会 (神戸)
種村妃紗, 山本清司, 杉山洋介, 近藤勝弘, 黒田純子, 江崎哲夫, 木村和哲
小児領域における複雑なレジメン管理の重要性
第20回 日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会 (名古屋)
平野世織, 山本清司, 加藤弘子, 小島基嗣, 松尾一典, 浅野知子, 近藤勝弘, 黒田純子, 江崎哲夫, 木村和哲
効率的な持参薬管理業務を目指した「持参薬チーム」の取り組み
第20回 日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会 (名古屋)
加藤秀紀, 丹村貴之, 塩田有史, 黒田純子, 江崎哲夫, 木村和哲
フェンタニル貼付剤1日型製剤と3日型製剤の比較検討-病棟でのインシデント報告より-
第20回 日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会 (名古屋)
朝岡みなみ, 矢崎蓉子, 黒田純子, 塩田有史, 江崎哲夫, 木村和哲
災害時用の医薬品情報提供書の作成とその有用性の検討
第20回 日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会 (名古屋)
塩田有史, 中村敦, 加藤樹理江, 江崎哲夫, 木村和哲
アルベカシン最高血中濃度の肺炎症例における有効性の検討
第54回 日本感染症学会中日本地方会学術集会 (奈良)
国際学会
Kataoka T., Mikumo M., Ohno R., Shiota A., Hotta Y., Ohno M., Maeda Y., Kurono Y., Kimura K.
Studies on Initiation of Androgen Replacement Therapy on Erectile Function in Castrated Rats.
6th JAPAN-ASEAN Conference on Men's Health and Aging (Kamakura).
Hotta Y., Kojima Y., Hattori Y., Ohno M., Maeda Y., Sasaki S., Kohri K., Kimura K.
Effects of daily vardenafil treatment on voiding dysfunction caused by ligation of bilateral internal iliac arteries in rats.
41st Annual Meeting of the International Continence Society (ICS) (Glasgow, UK).
Nasu T., Maeda Y., Ito T., Nakajima Y., Tajima G., Kato S., Kurono Y., Kimura K., Sugiyama N.
Establishment of Simple and Easy Enzyme Activity Measurement with Lymphocyte by HPLC.
Annual Symposium of the Society for the Study of Inborn Errors of Metabolism (Geneva, Switzerland).
Kataoka T., Hotta Y., Shiota A., Ohno M., Maeda Y., Kimura K.
Effects of changes in the sex hormone milieu on male's erectile function in rats.
14th Congress of the European Society for Sexual Medicine (Milan, Italy).
Hotta Y., Kataoka T., Shiota A., Ohno M., Maeda Y., Morita M., Hara T., Kimura K.
The effects of oral treatment of L-citrulline on erectile function in castrated rats.
14th Congress of the European Society for Sexual Medicine (Milan, Italy).
Shiota A., Hotta Y., Takahata Y., Kataoka T., Ohno M., Maeda Y., Morita M., Hara T., Kimura K.
Oral L-citrulline supplementation improves erectile function in rats with acute arteriogenic erectile dysfunction.
14th Congress of the European Society for Sexual Medicine (Milan, Italy).

2010年

原著論文
Nakajima Y., Ito T., Maeda Y., Ichiki S., Sugiyama N., Mizuno M., Makino Y., Sugiura T., Kurono Y., Togari H.
Detection of pivaloylcarnitine in pediatric patients with hypocarnitinemia after long-term administration of pivalate-containing antibiotics.
Tohoku J. Exp. Med., 221, 309-313 (2010).
木村和哲
陰茎虚血モデルを用いた動脈性EDの病態解明
Nagoya Med. J., 51, 145-152 (2010)
総説・解説
黒田純子, 近藤勝弘, 木村和哲
薬剤師による処方設計 疑義照会に基づいた「抗がん剤処方支援システム」の改善
医薬ジャーナル, 46, 133-139 (2010).
岡田浩美, 鈴木匡, 木村和哲, 杉山正, 土屋照雄, 並木徳之, 賀川義之, 藤井聡
薬剤師リカレント体験学習の実施とその評価 患者生体情報としてのバイタルサイン学習法の構築
薬事, 52, 771-774 (2010).
吉川一規, 木村和哲
DI室Q&A 高リン血症治療薬ホスレノールチュアブル錠(炭酸ランタン水和物)の有効性と吸収について知りたい 高リン血症治療薬の有効性と吸収 (Q&A)
治療学, 44, 360-363 (2010).
木村和哲
病気と薬パーフェクトBOOK 「勃起障害/性腺機能低下症 (男性)」
薬局 増刊号, 61, 1134-1141 (2010).
学会発表
国内学会
木村和哲, 服部真由子, 堀田祐志, 大野梨紗, 片岡智哉, 三雲真由美, 前田康博
ラットの血圧変動と勃起機能の関係
第20回 日本性機能学会西部総会 (高松)
大野梨紗, 片岡智哉, 三雲真由美, 服部真由子, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
5/6腎摘出ラットを用いた腎不全に伴う勃起機能障害の病態解明
日本薬学会 第130年会 (岡山)
三雲真由美, 大野梨紗, 片岡智哉, 服部真由子, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
CKDによる血管内皮機能障害に対してエゼチミブ投与は有効か?
日本薬学会 第130年会 (岡山)
片岡智哉, 三雲真由美, 大野梨紗, 服部真由子, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
女性ホルモンが男性性機能に及ぼす影響 低テストステロンモデルラットを用いた検討
日本薬学会 第130年会 (岡山)
鈴木匡, 岡田浩美, 土屋照雄, 賀川義之, 木村和哲, 杉山正, 並木徳之, 平嶋尚英, 中村光浩, 小菅和仁, 前田徹, 林秀樹, 野口博司, 小野秀樹, 藤井聡
三公立連携薬剤師生涯学習支援講座 実習プログラムの試みと評価
日本薬学会 第130年会 (岡山)
前田徹, 飯塚成志, 浅井清文, 明石恵子, 早野順一郎, 木村和哲, 鈴木匡
地域に根づいた医療人教育を目指した医・薬・看護学部連携チームによる地域参加型早期体験学習の取り組み
日本薬学会 第130年会 (岡山)
伊東佐恵子, 黒田純子, 市原菜月, 柴本翔子, 近藤勝弘, 佐藤幹則, 小松弘和, 木村和哲
外来化学療法室の予約取り消し理由とそのレジメンの妥当性に関する研究
日本薬学会 第130年会 (岡山)
前田康博, 大参寛典, 黒野幸久, 木村和哲, 伊藤哲哉, 中島葉子, 一木沙耶香, 戸苅創, 杉山成司
HPLC-MS/MSによるアシルカルニチン類の一斉分析法開発と臨床応用
日本薬学会 第130年会 (岡山)
黒野幸久, 前田康博, 鈴木健史, 木村和哲, 白井直洋, 伊藤哲哉, 中島葉子, 一木沙耶香, 戸苅創, 杉山成司
ジカルボキシアシルカルニチンのメチルエステル化反応における速度論的検討 (第2報)
日本薬学会 第130年会 (岡山)
佐伯憲一, 難波昭雄, 五十鈴川和人, 小松一, 成田延幸, 荒木麻由, 鷲見正宏, 木村和哲
CYP2C9アイソザイムによるトルブタミド代謝へのフッ素置換の影響
日本薬学会 第130年会 (岡山)
木村和哲
特別講演 NOと勃起機能 -EDの基礎研究から新しい治療法への提言-
第4回 東海SD研究会 (名古屋)
木村和哲, 三雲真由美, 縣優介
維持血液透析患者における透析合併症と血清ADMA濃度との関連性
平成21年度 腎臓財団研究発表会 (名古屋)
片岡智哉, 三雲真由美, 大野梨紗, 塩田有史, 堀田祐志, 大野雅恵, 前田康博, 木村和哲
ラットの勃起機能に対するエストロゲンの影響
第20回 日本性機能学会中部総会 (名古屋)
前田康博, 一木沙耶香, 伊藤哲哉, 那須徹也, 中島葉子, 小田晴香, 黒野幸久, 木村和哲, 杉山成司, 戸苅創
Cefditoren pivoxil を服用させたラット組織中ピバロイルカルニチンおよびピバロイル-CoAの定量
第35回 日本医用マススペクトル学会年会 (名古屋)
三雲真由美, 縣優介, 前田康博, 橋爪博隆, 小野正孝, 澵井美穂, 小川洋史, 黒野幸久, 木村和哲
LC-MS/MS による血清ADMA 濃度測定とその臨床的意義の検討
第35 回 日本医用マススペクトル学会 (名古屋)
※発表者の三雲真由美さんは, 優秀ポスター賞を受賞
山本清司, 上野朋子, 小島基嗣, 松尾一典, 松本晴年, 浅野知子, 近藤勝弘, 黒田純子, 江碕哲夫, 小池香代, 木村和哲
持参薬管理業務の短縮を目指した薬剤部内「持参薬チーム」の運用について
第20回 日本医療薬学年会 (千葉)
黒田純子, 近藤勝弘, 塩田有史, 吉川一規, 市原菜月, 植田翔子, 前田祐香, 辻かおり, 小松弘和, 木村和哲
閉鎖式抗がん剤調整補助具使用開始前後の検討
第20回 日本医療薬学年会 (千葉)
黒田純子, 近藤勝弘, 服部隆宏, 小松弘和, 木村和哲
条件付承認および再審査となったレジメンの検証
第8回 日本臨床瘍学会(東京)
前田徹, 飯塚成志, 浅井清文, 明石恵子, 早野順一郎, 木村和哲, 鈴木匡
地域参加型学習を取り入れた医・薬・看護学部連携チームによる早期体験学習の取り組み
第20回 日本医療薬学年会 (千葉)
丹村貴之, 杉山洋介, 木村和哲, 奥山徹, 坂本雅樹, 佐川竜一, 伊藤嘉規, 古賀和子, 足立珠美, 前川有希, 明智龍男
緩和チームで関わった終末期がん患者におけるオピオイドローテーションの現状調査
第4回 日本緩和医療薬学会年会 (鹿児島)
近藤勝弘, 黒田純子, 小池香代, 春田真弓, 渡辺正一, 佐藤幹則, 小松弘和, 木村和哲
多職種連携による治療・ケアを目的とした「セツキシマブ皮膚症状対策マニュアル」作成と薬剤師による患者指導に関する検討
第8回 日本臨床腫瘍学会年会 (東京)
水野裕之, 塩田有史, 中村敦, 木村和哲
アルベカシンのコンパートメントモデルの違いによる予測値の違いについて
第58回 日本化学療法学会西日本支部総会 (大分)
国際学会
Sato G., Maeda Y., Ito T., Nakajima Y., Ichiki S., Kimura K., Kurono Y., Togari H., Sugiyama N.
Methylesterification of dicarboxyacylcarnitine in acidic methanol solution affecting newborn screening by tandem mass spectrometry.
The 1st Asian Congress for Inherited Metabolic Diseases (Fukuoka).
Ichiki S., Nakajima Y., Ito T., Ohmi H., Maeda Y., Kimura K., Kurono Y., Sugiyama N.
Development of simultaneous determination of C0-C18 acylcarnitine.
The 1st Asian Congress for Inherited Metabolic Diseases (Fukuoka).
Hotta Y., Ohno R., Kataoka T., Shiota A., Maeda Y., Ohno M., Kimura K.
The Effect of Daily Treatment of Vardenafil Remained after the End of the Treatment in Rats with Arteriogenic Erectile Dysfunction.
The 14th World Meeting of the International Society for Sexual Medicine (Seoul, Korea).
Kataoka T., Mikumo M., Ohno R., Shiota A., Hotta Y., Ohno M., Maeda Y., Kimura K.
Relevance of Estradiol - Testosterone Balance in Erectile Function of Rats.
The 14th World Meeting of the International Society for Sexual Medicine (Seoul, Korea).
Maeda Y., Ito T., Nakajima Y., Ichiki S., Kurono Y., Sugiyama N., Togari H.
Acylcarnitine Analysis in Serum and Urine on Severely Epileptic Children Long-Term Taking Valproic Acid.
Annual Symposium of the Society for the Study of Inborn Errors of Metabolism (Istanbul, Turkey).
Ichiki S, Nakajima Y, Ito T, Maeda Y, Kurono Y, Sugiyama N, Togari H.
Distribution of Pivaloylcarnitine after Administration of Pivalate containing Antibiotics in Rat.
Annual Symposium of the Society for the Study of Inborn Errors of Metabolism (Istanbul, Turkey).

2009年

原著論文
Ohya S., Kimura K., Niwa S., Ohno A., Kojima Y., Sasaki S., Kohri K., Imaizumi Y.
Malignancy grade-dependent expression of K+-channel subtypes in human prostate cancer.
J. Pharmacol Sci., 109, 148-151 (2009).
Yokoi K., Ito T., Maeda Y., Nakajima Y., Kurono Y., Sugiyama N., Togari H.
A case of holocarboxylase synthetase deficiency with insufficient response to prenatal biotin therapy.
Brain Dev., 31, 775-778 (2009).
Horita Y., Takii T., Chiba T., Kuroishi R., Maeda Y., Kurono Y., Inagaki E., Nishimura K., Yamamoto Y., Abe C., Mori M., Onozaki K.
Synthesis of new sugar derivatives and evaluation of their antibacterial activities against Mycobacterium tuberculosis.
Bioorg. Med. Chem. Lett. 19, 6313-6316 (2009).
総説・解説
木村和哲
【患者さんの背景・病態で考える 薬の選び方・使い方のエッセンス】
薬剤師の視点から 泌尿器 医薬品販売専門資格者制度 2009年6月からの心配ごと
治療, 91, 1090 (2009).
木村和哲
【患者さんの背景・病態で考える 薬の選び方・使い方のエッセンス】
薬剤師の視点から 泌尿器 勃起不全(ED)治療薬
治療, 91, 1080 (2009). 
木村和哲
DI室Q&A NASHに対するエゼチミブの効果
治療学, 43, 115-117 (2009).
塩田有史, 江崎哲夫, 小池香代, 岩島康仁, 中村敦, 木村和哲
MRSA感染症におけるリネゾリド注射剤の許可制度による管理体制と使用実態
日本化学療法学会雑誌 (1340-7007), 58, Suppl.A, pp299.
学会発表
国内学会
木村和哲, 奥村加奈, 堀田祐志, 菊池千草, 前田徹
ラットの慢性腎不全モデルにおける勃起機能とcGMP/NO系の変動について
第19回 日本性機能学会西部総会 (鳥取)
服部真由子, 阿部裕子, 奥村加奈, 堀田祐志, 菊池千草, 前田徹, 木村和哲
高血圧症は勃起機能にどのような影響を与えるか
日本薬学会 第129年会 (京都)
前田徹, 清武千恵子, 吉川一規, 菊池千草, 土肥靖明, 長谷川信策, 木村和哲
ワルファリンとプロトンポンプインヒビターの併用による血液凝固能の長期的変動についての検討
日本薬学会 第129年会 (京都)
菊池千草, 前田徹, 木村和哲, 今枝憲郎
糖尿病の薬物治療体験を通した臨床薬学教育の試み
日本薬学会 第129年会 (京都)
前田康博, 長尾麻以, 伊藤哲哉, 中島葉子, 黒野幸久, 戸苅創, 杉山成司
肝移植をおこなったメチルマロン酸血症患者におけるアシルカルニチンの挙動
日本薬学会 第129年会 (京都)
中山潤美, 前田康博, 白井直洋, 黒野幸久, 伊藤哲哉, 中島葉子, 戸苅創, 杉山成司
ジカルボキシリックアシルカルニチンのメチルエステル化反応における速度論的検討
日本薬学会 第129年会 (京都)
藤井聡, 木村和哲, 飯沼宗和, 土屋照雄, 杉山正, 賀川義之, 並木徳之, 平嶋尚英, 中村光浩, 小菅和仁, 栗本英治, 林秀樹, 小野秀樹, 野口博司, 水上元
三公立連携薬剤師生涯学習支援講座の平成20年度活動報告
日本薬学会 第129年会 (京都)
佐伯憲一, 雀欣鶴, 木村和哲
クロルキノリン類のヒトCYP分子腫選択的蛍光プローブとしての有用性
日本薬学会 第129年会 (京都)
堀田祐志, 片岡智哉, 三雲真由美, 服部真由子, 前田康博, 川野誠, 木村和哲
動脈性EDラットに対するvardenafil連続投与の効果-海綿体構造および血行動態から見た検討-
第19回 日本性機能学会中部総会 (奈良)
片岡智哉, 三雲真由美, 服部真由子, 堀田祐志, 前田康博, 木村和哲
加齢性ED治療を目指したLOH症候群モデルラットの確立
第19回 日本性機能学会中部総会 (奈良)
堀田祐志, 片岡智哉, 服部真由子, 前田康博, 木村和哲
vardenafil連続投与による陰茎海綿体のTGF-β1, VEGF mRNAの発現変動-動脈性EDモデルラットによる検討-
第20回 日本性機能学会学術総会 (東京)
黒田純子, 江崎哲夫, 竹内敏明, 小池香代, 長谷川信策
化学療法の副作用対策~院内向けガイドラインの作成~
第18回 日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会(岐阜)
黒田純子, 江崎哲夫, 木村理恵, 小島基嗣, 丹羽里実, 木村彩希, 塩田有史, 近藤勝弘, 長谷川信策, 小松和弘
外来化学療法室における薬剤師による患者指導の必要性
第7回 日本臨床腫瘍学会学術集会(名古屋)
黒田純子, 江崎哲夫, 近藤勝弘, 竹内敏明, 山内千佳, 岡部光邦, 春田真弓, 辻かおり, 小松弘和, 小池香代, 木村和哲
名古屋市立大学病院の外来化学療法室における副作用対策~化学療法による口内炎対策~
第47回 日本癌治療学会学術集会(横浜)
丹羽里美, 黒田純子, 那須史穗, 竹内敏明, 江碕哲夫, 小池香代, 木村和哲
薬剤師主導による放射性医薬品の適正使用に関するマニュアル作成
第19回 日本医療薬学会年会 (長崎)
塩田有史, 黒田純子, 近藤勝弘, 江崎哲夫, 小島基嗣, 柴本翔子, 小池香代, 木村和哲
閉鎖式抗がん剤調製システム「クレーブ®オンコロジーシステム」の使用経験から明らかとなった問題点
第19回 日本医療薬学会年会 (長崎)
前田徹, 木村和哲, 飯塚成志, 浅井清文, 明石恵子, 早野順一郎, 鈴木匡
名古屋市立大学における医療人教育を志向した医・薬・看護学部連携早期体験学習への取り組み
第19回 日本医療薬学会年会 (長崎)
那須史穗, 黒田純子, 近藤勝弘, 木村理恵, 木村彩希, 江崎哲夫, 服部隆弘, 首代みどり, 小池香代, 木村和哲
名古屋市立大学病院における注射用抗がん剤説明文書作成の試み
第19回 日本医療薬学会年会 (長崎)
前田佑果, 丹村貴之, 水野裕之, 小池香代, 山田礼子, 木村和哲
降圧薬に起因したと思われる転倒・転落事故の分析
第19回 日本医療薬学会年会 (長崎)
水野裕之, 塩田有史, 岩島康仁, 中村敦, 木村和哲
シミュレーション結果から見たテイコプラニンの至適初回血中濃度測定時期の検討
第57回 日本化学療法学会西日本支部総会 (名古屋)
塩田有史, 水野裕之, 岩島康仁, 中村敦, 木村和哲
リネゾリド投与による血小板減少症発現に関するリスク因子の検討
第57回 日本化学療法学会西日本支部総会 (名古屋)
佐藤豪, 前田康博, 伊藤哲哉, 中島葉子, 一木沙耶香, 黒野幸久, 木村和哲, 戸苅創, 杉山成司
タンデムマスによる新生児マススクリーニングに影響を及ぼすピバロイルカルニチン識別法の検討
第34回 日本医用マススペクトル学会年会 (大阪)
中島葉子, 前田康博, 大参寛典, 一木沙耶香, 小林悟, 安藤直樹, 伊藤哲哉, 黒野幸久, 杉山成司, 戸苅創
HPLC-MS/MSによるアシルカルニチン定量法を利用したバルプロ酸長期投与患者におけるカルニチン動態の検討
第34回 日本医用マススペクトル学会年会 (大阪)
前田康博,伊藤哲哉,大参寛典,中島葉子,一木沙耶香,木村和哲,黒野幸久,戸苅創,杉山成司
C0からC18までのアシルカルニチン同時定量法開発と臨床への応用
第51回 日本先天代謝異常学会 (東京)
吉川一規, 近藤勝弘, 江崎哲夫, 竹内敏明, 水野裕之, 小池香代, 木村和哲
アシクロビル注、ガンシクロビル注の適正使用についての検討
第3回 日本腎と薬剤研究会学術大会 (名古屋)
木村和哲
教育シンポジウム「優れた薬剤師を輩出するための広域総合教育連携」 実務実習指導・管理システムの運用について
第19回 日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会, 平成21年度日本薬学会東海支部例会 (四日市)
島田友里奈, 水野裕之, 前田徹, 湯浅博昭, 木村和哲
ネフローゼ症候群と乾癬におけるシクロスポリンマイクロエマルジョン製剤の薬物速度論的パラメータの比較
第19回 日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会, 平成21年度日本薬学会東海支部例会 (四日市)
新開慈子, 島田友里菜, 中山直美, 前田徹, 嶌田理佳, 明石恵子, 土肥靖明, 藤井聡, 木村和哲
外来患者の服薬アドヒアランスを客観的に評価するための試み -循環器内科を受診した外来高血圧患者56名の聞き取り調査を検討して-
第19回 日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会, 平成21年度日本薬学会東海支部例会 (四日市)
木村和哲
特別講演 (IV)  陰茎虚血モデルを用いた動脈性EDの病態解明
第60回 名古屋市立大学医学会総会 (名古屋)
国際学会
Hotta Y., Hattori M., Kawano M., Kataoka T., Hori E., Mikumo M., Ono R., Maeda Y., Kimura K.
Development of collateral circulation and structural maintenance of corpora cavernosum by chronic vardenafil treatment in rats with arteriogenic erectile dysfunction.
12th Congress of the European Society for Sexual Medicine (Lyon, France).
Kataoka T., Mikumo M., Ono R., Hattori M., Hotta Y., Maeda Y., Kimura K.
Inhibition of aromatase improves male erectile function in low testosterone model rats.
12th Congress of the European Society for Sexual Medicine (Lyon, France).
Maeda Y., Ito T., Nakayama H., Nakajima Y., Kurono Y., Togari H., Sugiyama N.
Methylesterification of glutarylcarnitine affecting newborn screening by tandem mass spectrometry.
11th International congress of inborn errors of metabolism (San Diego, USA).
Nakajima Y., Ito T., Ichiki S., Kobayashi S., Ando N., Maeda Y., Kurono Y., Sugiyama N., Togari H.
Acylcarnitine analysis using HPLC-MS/MS in pediatric patients with long-term VPA treatment.
11th International congress of inborn errors of metabolism (San Diego, USA).
Ito T., Nomura T., Ichiki S., Nakajima Y., Maeda Y., Kurono Y., Sugiyama N., Kato K., Hashimoto T., Togari H.
Change of methylmalonylcarnitine levels before, during and after the operation of living donor liver transplantation in a patient with methylmalonic acidemia.
11th International congress of inborn errors of metabolism (San Diego, USA).

2008年

原著論文
Maeda Y., Ito T., Ohmi H., Yokoi K., Nakajima Y., Ueta A., Kurono Y., Togari H., Sugiyama N.
Determination of 3-hydroxyisovalerylcarnitine and other acylcarnitine levels using liquid chromatography-tandem mass spectrometry in serum and urine of a patient with multiple carboxylase deficiency.
J. Chromatogr. B Analyt. Technol. Biomed. Life Sci., 870, 154-159 (2008).
首代みどり, 藤井希織, 黒田純子, 丹羽里実, 水野裕之, 鰐部昌彦, 前田徹, 木村和哲, 小松弘和, 長谷川信策
抗がん剤適正使用推進に向けた調製支援システムの構築と評価
癌と化学療法, 35, 1717-1720 (2008).
学会発表
国内学会
木村和哲, 菊池千草, 前田徹
名古屋市立大学薬学部における早期体験学習「透析施設での患者面談」の試み
日本薬学会 第128年会 (横浜)
阿部裕子, 伊藤亜由美, 菊池千草, 前田徹, 木村和哲
陰茎海綿体における虚血のもたらす影響
日本薬学会 第128年会 (横浜)
堀田祐志, 菊池千草, 前田徹, 木村和哲
ラットの内腸骨動脈結紮による陰茎海綿体への影響
日本薬学会 第128年会 (横浜)
前田徹, 杉谷真里, 中島葉子, 横井暁子, 伊藤哲哉, 戸苅創, 木村和哲
オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症の女児におけるOTC遺伝子変異の研究
日本薬学会 第128年会 (横浜)
菊池千草, 梶栗潤子, 渡邊義将, 伊藤猛雄, 木村和哲
2型糖尿病ラットモデルにおける血管のスーパーオキシド産生増加に対するプラバスタチンの慢性投与効果
日本薬学会 第128年会 (横浜)
長尾麻以, 前田康博, 伊藤哲哉, 横井暁子, 中島葉子, 植田昭仁, 黒野幸久, 戸苅創, 杉山成司
HPLC-MS/MSによるメチルマロン酸血症及びプロピオン酸血症患者のアシルカルニチンプロファイル
日本薬学会 第128年会 (横浜)
木村和哲, 阿部裕子, 堀田祐志
陰茎虚血モデルを用いた動脈性EDの病態解明
第19回 日本性機能学会学術総会 (秋田)
堀田祐志, 阿部裕子, 菊池千草, 前田徹, 木村和哲
動脈性EDモデルラットを用いた各NOS遺伝子の発現変動と勃起機能
第19回 日本性機能学会学術総会 (秋田)
木村和哲, 堀田祐志, 阿部裕子, 菊池千草, 前田徹
内腸骨動脈結紮による陰茎海綿体の各種NOS遺伝子の発現変動と勃起機能への影響
第18回 日本性機能学会中部総会 (神戸)
菊池千草, 前田徹, 木村和哲
大学と保険薬局が連携して解決すべき長期実務実習の問題点の検討
第18 回 日本医療薬学会年会 (札幌)
奥村加奈, 前田徹, 菊池千草, 吉田篤博, 木村和哲
予防に対する薬剤師の関わり-蛋白尿陽性患者における服薬指導とその重要性-
第18 回 日本医療薬学会年会 (札幌)
長尾麻以, 前田康博, 伊藤哲哉, 中島葉子, 横井暁子, 黒野幸久, 戸苅創, 杉山成司
メチルマロン酸血症患者の肝移植中におけるアシルカルニチンの挙動
第50回 日本先天代謝異常学会 (鳥取)
大参寛典, 前田康博, 伊藤哲哉, 中島葉子, 横井暁子, 黒野幸久, 戸苅創, 杉山成司
HPLC-MS/MSによる安息香酸服用患者におけるベンゾイルカルニチンおよび馬尿酸同時定量
第33回 日本医用マススペクトル学会年会 (東京)
黒田純子, 首代みどり, 木村理恵, 浅野知子, 矢崎蓉子, 丹羽里実, 加藤樹理江, 小島基嗣,松尾一典, 江崎哲夫, 鰐部昌彦, 長谷川信策, 小松弘和
疑義照会による抗がん剤処方支援システムの改善と今後の課題
第46回 日本癌治療学会総会学術集会(名古屋)
塩田有史, 江崎哲夫, 鰐部昌彦, 長谷川信策, 脇本幸夫, 長崎由紀子, 福留元美, 中村敦
カルバペネム系薬剤の届出及び使用状況分析とその改善に向けた取り組み
第24回 日本環境感染学会総会 (横浜)
国際学会
Abe Y., Hotta Y., Okumura K., Kikuchi C., Maeda T., Kimura K.
The effect of ischemia on erection in a rabbit model.
Pan-Pacific International Partnership Conference on Pharmaceutical and Life Sciences. The 4th US-Japan Joint Conference (Nagoya).
Hotta Y., Kataoka Y., Hattori M., Okumura K., Abe Y., Kikuchi C., MaedaT., Kimura K.
The probability of chronic vardenafil administration as a new therapy for arteriogenic ED.
Joint Congress of the European and International Societies for Sexual Medcine (Brussels, Belgium).
Abe Y., Hotta Y., Okumura K., Hattori M., Kikuchi C., MaedaT., Kimura K.
Changes of endothelial function followed by focal arterial occlusion in isolated rabbit penile erectile tissue.
Joint Congress of the European and International Societies for Sexual Medcine (Brussels, Belgium).
Nakajima Y., Ito T., Yokoi K., Ohmi H., Nagao M., Maeda Y., Kurono Y., Sugiyama N., Togari H.
Quantification of 3-Hydroxyisovalerylcarnitine by high performance liquid chromatography tandem mass spectrometry in two patients with holocarboxylase synthetase deficiency.
Society for the Study of Inborn Errors of Metabolism (SSIEM) 44th annual symposium (Lisbon, Portugal).
ページの先頭へ