TOPICS

更新日時:2019年5月09日

河邉眞由美 助教が定年退職されました。(2019.3.31.)

第96回日本生理学会大会,9th FAOPS Congress (FAOPS2019)(合同開催)(神戸)で発表しました。
(2019.3.28.-31.)
Susumu Ohya, Miki Matsui, Junko Kajikuri, Hiroaki Kito, Kyoko Endo, Yuki Hasagawa, Shinya Murate
Inhibition of IL-10 transcription by KCa3.1 K+ channel activation in human T-cell lymphoma

Hiroaki Kito, Haruka Morihiro, Susumu Ohya
Down-regulation of KCa3.1 K+channel by the treatment with VDR agonists in mouse pre-osteoblasts

日本薬学会第139年会(千葉)で発表しました。(2019.3.21.-23.)
鬼頭宏彰,大矢 進(シンポジウム)
骨芽細胞機能制御におけるカリウムチャネルの生理学的役割

薬理学セミナー(演者:薬理学分野 河邉眞由美 先生)「胡蝶の夢 ~スフィンゴミエリナーゼから動脈硬化まで~」を開催しました。(2019.3.19.)
セミナー後、サクラサイドテラスにて慰労会を開催しました。

第92回日本薬理学会年会(大阪)で発表しました。(2019.3.14.-16.)
大矢 進(シンポジウム)
がん創薬標的としてのカルシウム活性化カリウムチャネル

松井未来,梶栗潤子,鬼頭宏彰,遠藤京子,長谷川勇樹,村手慎哉,大矢 進
ヒトTリンパ腫細胞におけるカルシウム活性化カリウムチャネルKCa3.1活性化によるIL-10産生抑制機構の解明

鬼頭宏彰,大矢 進
骨芽細胞分化における内向き整流性K+チャネルKir2.1の役割

遠藤京子,鬼頭宏彰,松井未来,梶栗潤子,大矢 進
炎症性腸疾患モデルマウスのCD4陽性T細胞におけるHIF-1αを介したK2P5.1 K+チャネル転写制御

大矢 進,松井未来,梶栗潤子,鬼頭宏彰,遠藤京子、鈴木孝禎
炎症性腸疾患モデルマウスの炎症性T細胞におけるカルシウム活性化カリウムチャネルKCa3.1の転写・活性亢進メカニズム

Molecular Pharmacology誌の2019年3月号において、当研究室の研究成果がHighlighted articleに選出されました。
Congratulations – Your MolPharm article has been highlighted!
Dear Dr. Ohya and Co-authors
We are excited to inform you that an image from your article “Inhibition of Interleukin 10 Transcription through the SMAD2/3 Signaling Pathway by Ca2+-Activated K+Channel KCa3.1 Activation in Human T-Cell Lymphoma HuT-78 Cells” published in the March 2019 issue of Molecular Pharmacology is being featured in the image carousel on the journal’s homepage at http://molpharm.aspetjournals.org/. The image will be linked to your article and will remain there until the next issue is published.Please share this exciting news with your co-authors, friends and colleagues.
Jackie Perry
Peer Review manager, Journals


Biochemical and Biophysical Research Communications誌に原著論文が掲載されました(薬学研究科細胞分子薬効解析学分野 今泉特任教授、山村教授との共同研究)。
大学院生(薬学研究科博士後期課程)の佐伯さんらは、リアノジン受容体、Ca2+活性化K+, Cl-チャネル、コネキシンの発現系を作成し、消化管のペースメーカー細胞モデルを再構築しました。このモデル細胞を用いて、リアノジン受容体からのCa2+遊離が電気的シグナルに変換されるペースメーカーの調節機序を明らかにしました。
Takanori Saeki, Taisuke Kimura, Keigo Hashidume, Takashi Murayama, Hisao Yamamura Susumu Ohya, Yoshiaki Suzuki, Shinsuke Nakayama, Yuji Imaizumi*
Conversion of Ca2+ oscillation into propagative electrical signals by Ca2+-activated ion channels and connexin as a reconstituted Ca2+-clock model for the pacemaker activity
Biochem Biophys Res Commun, 510, 242-247 (2019).

Scientific Reports誌に原著論文が掲載されました(京都薬科大学 藤井准教授との共同研究)。
藤井准教授(京都薬科大学)は、ニューロステロイドであるallopregnanoloneの大槽内投与により、食餌誘発性慢性アトピー性皮膚炎モデルマウスにおける掻痒による引っ掻き行動が顕著に増強されることを明らかにしました。また、飲酒による掻痒の閾値上昇にallopregnanoloneが関与することを解明しました。2月21日にプレスリリースしました。
Masanori Fujii*, Sayaka Ohgami, Erika Asano, Takanori Nakayama, Takahiro Toda, Takeshi Nabe, Susumu Ohya
Brain allopregnanolone induces marked scratching behavior in diet-induced atopic dermatitis mouse model
Sci Rep, 9, 2364 (2019).

薬理学セミナー(演者:河辺眞由美 先生)を開催します。
3月19日(火)の17時30分より(1時間程度)医学部研究棟の11階講義室Bで行います(参加自由)。
講演後(19時より)、サクラサイドテラスにて慰労会を行います(会費制)。慰労会に参加を希望される方は、鬼頭までご連絡ください。

Molecular Pharmacology誌に原著総説が受理されました。
Tリンパ腫細胞を用いて、Ca2+活性化K+チャネルKCa3.1活性化薬により抗炎症性サイトカインIL-10の転写・産生が抑制されることを明らかにしました。また、IL-10転写はSmad2/3シグナルにより制御されており、KCa3.1活性化によるCa2+依存性カルモジュリンキナーゼII(CaMKII)が活性型Smad2の核移行を抑制することを明らかにしました。昨年度の基礎自主研修生の村手さんも共同研究者として貢献しました。

Miki Matsui, Junko Kajikuri, Hiroaki Kito, Kyoko Endo, Yuki Hasegawa, Shin-ya Murate, Susumu Ohya
Inhibition of interleukin 10 transcription through SMAD2/3 signaling pathway by Ca2+-activated K+ channel KCa3.1 activation in human lymphoma HuT-78 cells
Mol Pharmacol, accepted on January 6, 2019.

The 49th NIPS International Symposium(岡崎)で発表しました。(2018.12.5.-6.)
Susumu Ohya, Miki Matsui, Junko Kajikuri, Hiroaki Kito, Kyoko Endo: Inhibition of IL-10 transcription by Ca2+-activated K+channel KCa3.1 activation in human T-cell lymphoma

Kyoko Endo, Natsumi Kurokawa, Kazutaka Tagishi, Ayaka Shimizu, Hiroaki Kito, Masanori Fujii, Susumu Ohya: Suppressive effect on two-pore domain K+channel K2P5.1 activity caused by pre-mRNA splicing inhibition in T lymphocytes

基礎自主研修発表会の打ち上げを行いました。(2018.11.29.)

第134回日本薬理学会近畿部会(神戸)で発表しました。(2018.11.23.)
鬼頭宏彰,森広晴香,大矢 進
マウス前骨芽細胞におけるビタミンD受容体を介したCa2+活性化K+チャネルKCa3.1の発現抑制機構

基礎自主研修発表会が行われました。(2018.11.22.)
高田英里
乳がん細胞におけるヒストン脱アセチル化酵素SIRT1によるカルシウム活性化カリウムチャネル発現・活性制御
徳田 華
制御性T細胞におけるカルシウム活性化カリウムチャネル阻害によるIL-10発現制御
若山 茜
マウス腹腔マクロファージの遊走におけるカルシウム活性化カリウムチャネルの生理的役割

Biological and Pharmaceutical Bulletin誌に依頼総説が掲載されました。
Susumu Ohya, Hiroaki Kito
Ca2+-activated K+channel as KCa3.1 as a therapeutic target for immune disorders
Biol Pharm Bull. 41, 1158-1163 (2018).

International Journal of Molecular Sciences誌に原著論文(京都府立医大・鈴木教授との共同研究)が掲載されました。
炎症性腸疾患モデルマウスの炎症性CD4陽性T細胞におけるCa2+活性化K+チャネルKCa3.1の発現・活性亢進にヒストン脱アセチル化酵素HDAC2及びHDAC3が寄与することを明らかにしました。また、HDAC3を介した制御性T細胞分化にKCa3.1が寄与する可能性を示しました。

Miki Matsui, Kyoko Terasawa, Junko Kajikuri, Hiroaki Kito, Kyoko Endo, Pattaporn Jaikhan, Takayoshi Suzuki, Susumu Ohya
Histone deacetylases enhance Ca2+-activated K+ channel KCa3.1 expression in murine inflammatory CD4+ T cells
Int J Mol Sci. 19, E2942 (2018).

European Journal of Pharmacology誌に原著論文(京都薬科大学・藤井准教授との共同研究)が掲載されました。
藤井准教授(京都薬科大学)らの研究グループは、アトピー性皮膚炎モデルマウスにおける掻痒による引っ掻き行動がバルビツール酸系薬物によって亢進することを明らかにしました。

Masanori Fujii, Kaori Takeuchi, Yuna Umemura, Masafumi Takeuchi, Takanori Nakayama, Sayaka Ohgami, Erika Asano, Takeshi Nabe, Susumu Ohya
Barbiturates enhance itch-associated scratching in atopic dermatitis mice: a possible clue to understanding nocturnal pruritus in atopic dermatitis
Eur J Pharmacol. 836, 57-66 (2018).

Cancer Science誌に原著論文が掲載されました。
乳がん細胞において、クロライドトランスポーターClC-3の阻害によりHER2転写が抑制されることを明らかにしました。また、クロライドチャネルANO1とクロライドトランスポーターClC-3の阻害によるHER2転写制御にPI3K/AKT/mTORおよびJNK/STAT3シグナル経路が関与すること明らかにしました。

Mayu Fujimoto, Hiroaki Kito, Junko Kajikuri, Susumu Ohya
Transcriptional repression of HER2 by ClC-3 Cl-/H+ transporter inhibition in human breast cancer cells
Cancer Sci. 109, 2781-2791 (2018).

第77回日本癌学会学術集会(大阪)で発表しました。(2018.9.27.)
大矢 進,梶栗潤子,鬼頭宏彰
ヒトT細胞リンパ腫HuT-78細胞におけるK+チャネル活性化剤によるIL-10転写抑制

The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018)(京都)で発表しました。(2018.7.2.-7.5.)
Hiroaki Kito, Haruka Morihiro, Yuka Sakakibara, Masanori Fujii, Susumu Ohya: Down-regulation of Ca2+-activated K+ channel KCa3.1 in mouse pre-osteoblast cells treated with vitamin D receptor agonists

Susumu Ohya, Mayu Fujimoto, Hiroaki Kito, Takahiro Inoue: Transcriptional repression of HER2 by Cl- channel blockade in human breast cancer cells

Kyoko Endo, Natsumi Kurokawa, Kazutaka Tagishi, Ayaka Shimizu, Hiroaki Kito, Masanori Fujii, Susumu Ohya: Decrease in two-pore domain K+channel K2P5.1 activity caused by pre-mRNA splicing inhibition in T lymphocytes

Miki Matsui, Kyoko Terasawa, Hiroaki Kito, Masanori Fujii, Susumu Ohya: Post-transcriptional regulation of Ca2+-activated K+ channel KCa3.1 by histone deacetylase in CD4+ cells of the inflammatory bowel disease model mice

Satomi Niwa, Yuki Kobayashi, Anowara Khatun Taku Naiki, Takahiro Yasui, Satoru Takahashi, Masanori Fujii, Susumu Ohya: Ca2+-activated K+ channel KCa2.2 as a possible therapeutic target for androgen-sensitive prostate cancer

Yuji Imaizumi, Katsuhisa Matsuki, Yoshiaki Suzuki, Hisao Yamamura, Susumu Ohya, Hiroshi Takeshima: Unique functions of ryanodine receptor type 3 in vascular and myometrial smooth muscles

Masanori Fujii, Sayaka Ohgami, Erika Asano, Susumu Ohya: Brain allopregnanolone is involved in itch-associated scratching in atopic dermatitis mice

Yuma Yasui, Hoshi Watanabe, Chihiro Sakurai, Masayuki Nakashima, Susumu Ohya, Masanori Fujii: Dietary induction of pruritic atopic skin in C57BL/6 mice

Shuhei Kobayashi, Rieko Matsui, Yumeka Yamada, Hiroaki Kito, Susumu Ohya, Masanori Fujii: STIM/Orai-mediated store-operated Ca2+ entry may contribute to overproduction of TSLP in epidermal cells isolated from atopic dermatitis mice

基礎自主研修の学生が配属しました。(2018.9.1.)
薬理学分野に3名と臨床薬剤学分野に2名の学生が配属しました。

第133回日本薬理学会近畿部会(広島)で発表しました。(2018.6.1.)
松井未来,長谷川勇樹,村手慎哉,梶栗潤子,鬼頭宏彰,大矢 進
ヒトTリンパ腫由来HuT-78細胞におけるカルシウム活性化カリウムチャネルKCa3.1活性化剤による抗炎症性サイトカインIL-10発現・産生抑制

日本薬学会(金沢)で発表しました。(2018.3.26.-28.)
Anowara Khatun, 下澤 基,鬼頭宏彰,川口真由,藤本万由,丹羽里実,藤井正徳,大矢 進
Antiandrogen-induced protein degradation of Ca2+-activated K+ channel KCa1.1 in human breast cancer cells

鬼頭宏彰,森広晴香,川岸怜子,榊原侑香,藤井正徳,大矢 進
マウス前骨芽細胞におけるビタミンD受容体を介した中コンダクタンスCa2+活性化K+チャネルの活性抑制

原著論文が受理されました。(2018. 3.14.)
アンドロゲン受容体発現乳癌細胞においてアンドロゲンによるCa2+活性化K+チャネルKCa1.1活性調節機構を明らかにしました。基礎自主研修生の李萌(現4年次生)さんも共同研究者として貢献しました。

Khatun A, Shimozawa M, Kito H, Kawaguchi M, Fujimoto M, Ri M, Kajikuri J, Niwa S, Fujii S, Ohya S*
Transcriptional repression and protein degradation of Ca2+-activated K+ channel KCa1.1 by androgen receptor inhibition in human breast cancer cells
Frontiers in Physiology. 9, 312 (2018).

原著論文が受理されました。(名古屋市立大学大学院薬学研究科、京都大学大学院薬学研究科との共同研究)(2018. 3. 8.)
腸間膜動脈平滑筋において3型リアノジン受容体Ca2+遊離チャネルが細胞内Ca2+動態を相対的に負に制御することが明らかにされました。

Matsuki K, Katoh D, Takemoto M, Suzuki Y, Yamamura H, Ohya S, Takeshima H, Imaizumi Y*
Negative regulation of cellular Ca2+mobilization by ryanodine receptor type 3 in mouse mesenteric artery smooth muscle
American Journal of Physiology. DOI: 10.1152/ajpcell.00006.2018.

原著論文が受理されました。(愛知学院大学薬学部、名古屋市立大学大学院薬学研究科、カナダ・カルガリー大学との共同研究)(2018. 2.24.)
心線維芽細胞においてATP刺激を介した細胞内Ca2+流入によりCa2+活性化Cl-電流が活性化刺されることが明らかにされました。

Hatano N*, Ohya S, Imaizumi Y, Clark RB, Belke D, Giles WR*
ATP increases [Ca2+]iand activates a Ca2+-dependent Cl- current in rat ventricular fibroblasts
Experimental Physiology. 103(5):666-682 (2018).

新年会 & 鬼頭先生歓迎会を開催しました。(2018.1.5.)

鬼頭助教が着任しました。(2018.1.1.)

日本免疫学会(仙台)で発表しました。(2017.12.14.)

Miki Matsui, Susumu Ohya
The role of Ca2+-activated K+ channel KCa3.1 in mesenteric lymph node CD4+ T cells of chemically-induced murine inflammatory bowel disease model

ConBio 2017(神戸)で発表しました。(2017.12. 7.)

大矢 進,藤本万由,鬼頭宏彰,遠藤京子,松井未来,丹羽里実
乳癌細胞におけるクロライドチャネル阻害によるヒト上皮成長因子受容体HER2転写抑制

遠藤京子,黒川なつ美,たぎし和隆,清水彩夏,鬼頭宏彰,丹羽里実,藤井正徳,大矢 進
two-pore型カリウムチャネルK2P5.1スプライスバリアントの同定と活性化Tリンパ球における
pre-mRNAスプライシング阻害剤によるK2P5.1活性抑制

第132回日本薬理学会近畿部会(大阪)で発表しました。(2017.11.24.)

Anowara Khatun,下澤 基,鬼頭宏彰,川口真由,藤本万由,丹羽里実,藤井正徳,大矢 進
Protein degradation of KCa1.1 K+channel by androgen receptor inhibition in breast cancer cells

第67回日本薬学会近畿支部総会・大会(神戸)で発表しました。(2017.10.14.)

川口真由,Anowara Khatun,下澤 基,藤本万由,鬼頭宏彰,丹羽里実,大矢 進
乳癌細胞における抗アンドロゲン剤によるカルシウム活性化カリウムチャネルKCa1.1活性抑制
機構の解明

長谷川勇樹,松井未来,鬼頭宏彰,大矢 進
ヒトTリンパ球由来HUT-78細胞におけるカルシウム活性化カリウムチャネルKCa3.1活性化剤
による抗炎症性サイトカインIL-10発現・産生抑制

第76回日本癌学会学術集会(横浜)で発表しました。(2017. 9.29.)

大矢 進,藤本万由,鬼頭宏彰
乳癌細胞における抗アンドロゲン剤によるカルシウム活性化カリウムチャネルKCa1.1発現抑制

藤本万由,鬼頭宏彰,大矢 進
ヒト乳癌細胞増殖におけるHER2転写制御に対するクロライドチャネルの寄与

基礎自主研修発表会打ち上げ & 特別研究学生歓迎会をしました。(2017.11.24.)

基礎自主研修発表会(学部内)が開催されました。(2017.11.24.)

村手 慎哉
カルシウム活性化カリウムチャネルKCa3.1による抗炎症性サイトカインIL-10発現制御

李 萌
乳癌細胞における抗アンドロゲン剤によるカルシウム活性化カリウムチャネルKCa1.1活性
抑制機構の解明

特別研究学生(京都薬科大学博士課程)が2名加わりました。(2017.11.1.)

基礎自主研修配属学生の歓迎会をしました。(2017.9.1.)

基礎自主研修の学生が配属しました。(2017.9.1.)
薬理学分野に2名と臨床薬剤学分野に2名の学生が配属しました。

大矢教授が着任しました。(2017.9.1.)
 伊藤猛雄教授(現 名誉教授)の後任として着任されました。