山川研究室/神経発達症遺伝学分野
Department of Neurodevelopmental Disorder Genetics
メインイメージ

神経発達症遺伝学HPへようこそWelcome to Department of Neurodevelopmental Disorder Genetics

ご挨拶Greetings from Prof. Yamakawa

 2019年10月1日付で名古屋市立大学大学院医学研究科 脳神経科学研究所 神経発達症遺伝学分野の教授を拝命致しました山川和弘(やまかわかずひろ)と申します。謹んでご挨拶申し上げます。
 私は、1979年に名古屋市にございます私立東海高校を、1984年には京都大学理学部を卒業した後、東洋紡株式会社で分子生物学用研究試薬、遺伝子診断システムの開発研究に、1990年からは癌研究会癌研究所において中村祐輔部長のご指導のもと、ヒト疾患のゲノム解析研究に携わりました。1994年から1997年までは米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部(遺伝医学部門)に博士研究員として留学し、Julie Korenberg教授の指導のもと、ダウン症およびてんかんの分子遺伝学的研究を行いました。帰国した1997年には、理化学研究所・脳科学総合研究センター(BSI)(現:脳神経科学研究センター(CBS))・神経遺伝研究チームのチームリーダー(研究室長)を拝命し、本年(2019年)まで発達障害・てんかん・ダウン症などの神経疾患の分子遺伝学的研究を進めてまいりました。
 私が所属する脳神経科学研究所は私の赴任と時を同じくして本年10月1日に開所されました。この研究所は神経発達・再生医学、認知症科学、神経発達症遺伝学などの研究室を擁し、様々な面から脳神経疾患へのアプローチを目指すものです。当研究所において私も、発達障害などの神経疾患の原因解明と治療法開発に全力を尽くしてまいる所存です。皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。  

大学院生募集中Recruit

神経発達症遺伝学分野では大学院生を募集しています。
てんかんや神経発達症に興味があり、研究に意欲のある方の参加をお待ちしています。

新着情報What's News

ページトップへ戻る
Copyright(C) Department of Neurodevelopmental Disorder Genetics All Rights Reserved.