愛知県肝疾患診療連携拠点病院 名古屋市立大学病院 肝疾患センター

名古屋市立大学病院肝疾患センター画像1 名古屋市立大学病院肝疾患センター画像2 名古屋市立大学病院肝疾患センター画像3 名古屋市立大学病院肝疾患センター画像4 名古屋市立大学病院肝疾患センター画像5

お知らせ

2022年 9月15日
令和4年度 肝臓病教室(第1回目)を開催中です
2022年 8月31日
令和4年度 市民公開講座を開催しました
2022年 3月 6日
令和3年度愛知県肝疾患診療連携拠点病院・専門医療機関等連絡協議会を開催しました

名古屋市立大学病院 肝疾患センターについて

肝疾患診療連携拠点病院とは、都道府県が肝炎治療の中心的役割を果たす病院を指定するもので、全国で71病院が指定されています。 名古屋市立大学病院は平成20年4月1日に愛知県内では初の病院として指定されました。名古屋市立大学病院では、肝疾患診療連携拠点病院としての役割を 担うために肝疾患センターを設置しています。肝疾患センターでは、医師・医療従事者向け研修会の開催や専門医療 機関との協議会の開催、患者さん・ご家族からの相談に応じる肝疾患相談室の運営などに取り組んでいます。

肝疾患相談室 お気軽にご相談下さい!

名古屋市立大学病院肝疾患センターは「肝疾患相談室」を設置し、肝疾患に関する相談を お受けしています。相談は面談や電話で行っています。予約の必要はなく無料でお受けしています。専任の相談員(肝炎医療コーディネーター)が 患者さんやご家族の方々からご相談をお受けし、情報提供を行っていますので、ご利用ください。
また、必要に応じて医師に相談しお答えしています。

専門相談担当医

医療費助成・無料検診

肝炎情報センター

愛知県肝炎総合対策

よくあるご質問

肝炎肝がん

研修会のご案内

これまでの研修会など


アクセスマップ

ページの先頭へ