本文へスキップ
 平成28年度 医学会賞
       受付期間
 平成28年8月1日~8月31日 
       
応募資格   平成25年度 第64回医学会総会
                    平成26年度  第158回医学会例会 / 第65回医学会総会
                    平成27年度  第159回医学会例会 / 第66回医学会総会
                    平成28年度  第160回医学会例会

           上記の例会/総会いずれかにて一般講演発表をした医学会会員の者


 平成28年度受賞者
     
           
    平成28年度名古屋市立大学医学会賞・医学会奨励賞受賞者
医学会賞
 腎・泌尿器科学    惠谷俊紀 ヒストン脱メチル化酵素LSD1の新規阻害剤NCL1の前立腺癌に対する抗腫瘍効果
医学会奨励賞
 消化器代謝内科学   加藤晃久 膵臓に対するResvertrolとApocyninの化学予防効果とそのメカニズム解明

 
実験病態病理学    加藤寛之 アルコール性肝発がん分子機構とConnexin32の関与
 消化器外科学     佐川弘之 コネキン32とㇽテオリンはラットにおける非アルコール性脂肪肝炎の進行とそれに関連した肝
                 細胞癌形成に対し保護的役割を担う
 腎・泌尿器科学    濱川 隆 炎症性サイトカインIL-18が前立腺肥大症の間質過形成を誘導する



歴代受賞者

平成27年度
 ウィルス学      林佐奈衣  B型肝炎治療不応例における新規ETV耐性変異(rtA186T)の同定 
平成26年度
 腎・泌尿器科学    田口和己  腎結石溶解療法の開発を目指した抗炎症マクロファージ(M2)による結晶貪食作用の
                  解明 
 再生/麻酔機器管理医学 太田晴子   Rho制御タンパク質Gmipによる生後マウス脳内を移動する新生ニューロンの速度調節
平成25年度
 腎・泌尿器科学    新美和寛  尿路結石の初期形成における腎尿細管細胞のメカニズム解明と新たな
                  治療法への応用  
 ウィルス学      渡邊綱正  C型肝炎治療効果に影響するIL28B遺伝子多型と肝内自然免疫応答の解析
平成24年度      
 再生医学       加古英介  アシアロエリスロポエチアンの新生児脳低酸素虚血傷害に対する再生促進効果
 再生医学       澤田雅人  成体嗅球における新生ニューロンの分化・成熟の制御機構
腎・泌尿器科学     内木 拓  前立腺癌移転動物モデルの樹立と標的遺伝子GST-pi の同定

平成23年度
 再生医学       池田麻紀子 成体マウス脳内を移動する新生ニューロンにおけるDiversinの発現と
                  増殖促進機能


平成22年度           
 再生医学       金子奈穂子 グリアとの相互作用による新生ニューロンの移動制御と傷害脳の再生過程の解析
腫瘍・免疫内科学    李 正樹  Bortezomib耐性骨髄腫細胞株の樹立と薬剤耐性機序の検討      
 再生医学       廣田ゆき  非筋細胞ミオシンⅡによるマウス上衣細胞絨毛の平面極性制御                            
腎・泌尿器科学     濱本周造  オステオポンチンの腎結石形成に関わる機能的アミノ酸配列の同定と機能解析                     
平成21年度                                                腎・泌尿器科学    岡田淳志  腎ショウ酸カルシウム結晶の形態学的変化におけるオステオポンチン機能の解明        腫瘍・免疫内科学   伊藤 旭  ヒト免疫担当細胞移入NOD/Shi-scid,lL-2Ry null(NOG)マウスを用いた抗体療法評価                  システムの確立            
加齢・環境皮膚科学  前田 晃  体外循環式光化学療法(フォトフェレーシス)によるCD4陽性CD25陽性制御性T細胞の誘導                 

平成20年度                                                
実験病態病理学     内木 綾  乳腺発がんに重要な遺伝子同定の試み                   
消火器・代謝内科学   志村貴哉  HB-EGF-CTFを標的とした新規胃癌分子標的治療の可能性                          
平成19年度                                                臨床分子情報医学    杉山真也  B型肝炎ウィルス遺伝子型の違いと病態                  口腔外科学       岡部光邦  唾液腺原発粘表皮癌におけるMECT1-MAML2キメラ遺伝子;71症例による
                  分子生物学的、臨床病理学的検討     
平成18年度                                                細胞分子生物学     金澤 智  関節リウマチ様病変を示す新規トランスジェニックマウス(D1CCマウス)の解析        臨床病態内科学     吉田孝幸  収縮後期大動脈血流の慣性力欠如は冠動脈疾患患者の左室拡張不全と関連する 腫瘍・免疫外科学    佐々木秀文  ジスノタイピング(プローブ)を用いた肺癌におけるEGFR遺伝子変異検索                     
平成17年度                                                臨床病態病理学     稲垣 宏  MTLTリンパ種におけるAPI2-MALT1キメラ遺伝子の意義            共同研究教育センター  田中靖人  B型肝炎ウゥルス(HBV)遺伝子型の違いによるウィルス増殖、HBe抗原産生機構の解明細胞分子生物学     今井健一  HIV-1・TatによるOGG1遺伝子のフィードフォード活性化                              
平成16年度                                                生殖・発生医学    鈴木佳克  Preeclampsia抵抗血管における内皮由来弛緩反応の特性変化の検討      臨床機能内科学    谷田諭史  炎症性サイトカインによる胃上皮細胞EGF受容体リン酸化機序             臨床病態内科学    宇佐美武  末期腎疾患マップとangiotensin変換酵素阻害薬消費量の地域差                           
平成15年度
臨床機能内科学    久野 篤  ラット自然発症慢性膵炎に対するアンジオテンシンⅡ阻害を介した抑制効果
臨床分子内科学    菅内文中  B型肝炎ウィルスgenotypeBの検討         (代理発表 溝上雅史)

平成14年度
生化学1        伊藤仁一   アストロサイトにおける細胞内コレステロール輸送機構
臨床機能内科学    安藤麻章  G2チェックポイントにおけるp21タンパクの役割

平成13年度
産婦人科学      松原寛和  ヒト黄体化顆粒膜細胞のゴナドトロピン、サイトカインによるアポト-シスを介した黄体機能調節機                 構の検討
臨床機能内科学    片岡洋望  AFP産生胃癌における転写制御因子ATBF1の意義 

平成12年度
第3内科        山田 彰  心室応答の不規則性の減少は慢性心房細胞の死亡率を予測する
脳神経外科      谷川元紀  Prostaglandin A1 Analogによるp21CKIの発現増強とCyclin E の発現抑制を
                  介した腫瘍増殖抑制効果

平成11年度
第1生理        山本喜通  モルモット腸管膜細胞脈における内皮依存性過分極反応とギャップ結合
第2解剖        鵜川眞也  酸味受容体遺伝子の同定

平成10年度
生体高分子      呉 笑山  糖鎖抗原GM2に対するヒト型IgMモノクローナル抗体の抗HIV活性について

平成9年度
第2生化       野中昌一  神経系のおけるトランスポーターの機能解析   
               

名古屋市立大学医学会

〒467-8601
名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1

TEL 052-853-8408
FAX 052-853-4627
igakkai@med.nagoya-cu.ac.jp
 月・火・木
     10:00~15:00