イベントのご案内

これまでに開催した、名古屋市立大学   大学院医学研究科・医学部主催・共催の学会、シンポジウム、ワークショップ、セミナーなどの履歴。

シンポジウム・学会 シンポジウム・学会  ~2008年度 履歴~

学会 学会
平成20年度日本生体医工学会東海支部学術集会
[大会長]:医学研究科 医学・医療教育学分野 教授 早野 順一郎
[日時]:2008年10月4日(土)午後1時~(予定)
[会場]:株式会社スズケン本社2階会議室 2室(第一会場、第二会場)
[大会テーマ]:
[特別講演]:「ゆらぎの生物学的意義」     午後4時~午後5時(予定)
東京大学大学院教育学研究科 教授 山本 義春
[詳細情報]: 日本生体医工学会 東海支部 ホームページ 別のウィンドウでを開きます
[大会リーフレットなど]:
シンポジウム シンポジウム
高温耐性FOKラットシンポジウム2008-環境ストレス生物学の新たな展開を目指して-
[日時]:2008年9月13日(土) 午後1時~(予定)
[会場]:研究棟11階 講義室A
[詳細情報]: 実験動物研究教育センター内 シンポジウムご案内ページ 別のウィンドウでを開きます

セミナー・ワークショップなど セミナー・ワークショップなど ~2008年度 履歴~

分子毒性学部門主催セミナーのご案内 分子毒性学部門主催セミナーのご案内
「5-フルオロウラシル誘導体とオキサリプラチンの抗腫瘍効果のメカニズム及びがん予防としてのラクトフェリン」(国立がんセンターでの研究を中心に)
[講師]:飯郷 正明 先生(分子毒性学分野客員教授)
[日時]:2009年3月23日(月)19時~20時
[会場]:医学部研究棟 1階 会議室1
[ご案内]: 講演内容のご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:484KB)
第4回再生医学分野公開セミナーのご案内~Olig2の細胞系譜と機能の解析~ 第4回再生医学分野公開セミナーのご案内
「Olig2の細胞系譜と機能の解析」
[講師]小野勝彦 教授 (京都府立医科大学)
[日時]2009年3月9日(月)午後4時
[会場]分子医学研究所 5階 会議室
[ご案内]:
中枢神経系が十分に機能を発揮するためには、ニューロンを機能的物理的に支持するグリア細胞が必須です。小野先生が長年研究されてきた「どのようにしてグリア細胞 が作られ、どのように成体脳に組み込まれていくのか?」という問題について、最新の研究成果を中心に解説していただきます。
興味のある方はご自由にご参加下さい。
[連絡先]:再生医学分野 澤本和延(内線8532)
Perspective of Neuroscience and Diagnostic Imaging  神経科学と医用画像診断の展望 トリノ工科大学からの招聘教員との研究交流会
「Perspective of Neuroscience and Diagnostic Imaging     神経科学と医用画像診断の展望」
[講師]Dr. Filippo Molinari
[日時]2009年3月5日(木) 18時30分 -20 時30分
[会場]名古屋市立大学大学院医学研究科 病棟10 階第4会議室
[ご案内]: 講演内容のご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:1.74MB)
第3回 名古屋総合診療ワークショップ 医学・医療教育学主催セミナー
「第3回 名古屋総合診療ワークショップ」
[日時]2009年2月7日(土)18時15分~20時30分
[会場]名古屋市立大学病院 中央診療棟4階 第一会議室
[特別講演]「感染症診療のロジック」18時30分~20時30分
[講演者]静岡県立静岡がんセンター 感染症科 部長 大曲貴夫
[ご案内]: 講演内容のご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:721KB)
Genetic pathways to human gliomas 分子毒性学部門主催セミナー
「Carcinogenicity of PPAR Agonists」
[講師]Samuel M. Cohen, M.D., Ph.D.
[日時]2009年1月30日(金)16時-17時
[会場]医学部研究棟1階 会議室1
[ご案内]: 講演内容のご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:721KB)
Genetic pathways to human gliomas 分子毒性学部門主催セミナー
「Genetic pathways to human gliomas」
[講師]Dr.Hiroko Ohgaki
International Agency for Research on Cancer (IARC), Lyon, France
[日時]2008年12月18日(木)午後4時00分~午後5時00分
[会場]医学部研究棟1階 会議室1
[ご案内]: 講演内容のご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:144KB)
Structure-function of Lactoferrin isoform 分子毒性学部門主催セミナー
「Structure-function of Lactoferrin isoform」
[講師]Dr. Annick Pierce
[日時]2008年12月2日(火)午後4時00分~午後5時00分
[会場]医学部研究棟1階 会議室1
[ご案内]: 講演内容のご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:80KB)
実験動物センター主催セミナー 実験動物センター主催セミナー
国内外における遺伝子改変マウスバンクの動向とこれらマウスへの生殖工学 の応用
[講演者]中潟直己
熊本大学生命資源研究・支援センター
動物資源開発研究部門(CARD)・資源開発分野
[日時]2008年11月14日(金)
[講演の概要]
近年、遺伝子の機能解析およびそれに関連した研究開発が、国家プロジェクトとして世界中で盛んに行われている。その中で重要な役割を果たしているのが遺伝子改変マウスであり、今後、その数は、爆発的な勢いで増えることが予想され、最近、これらマウスの系統保存と輸送が、世界中の実験動物施設においてきわめて深刻な問題になっている。今後のライフサイエンスの進展にとって、バイオリソースとしての遺伝子改変マウスは、まさに知的基盤の根幹を成すものと言っても過言でなく、その作製、収集、保存、供給を行うマウスバンクが世界中で設立されている。本講演では、遺伝子改変マウスバンクの国内外の動向とこれらマウスの作製・保存・輸送への生殖工学の応用について述べる。
[ご案内]: 実験動物センター セミナー案内ページ名市大 実験動物センターHP
がん相談支援セミナー がん 相談支援セミナー
Cancer Week 2008~がんと向き合いともに分かち合う~
[日時]2008年9月21日(日)~10月26日(日)午後1時30分~午後4時
[会場]名古屋市立大学病院、名古屋市立大学 ほか
[ご案内]: がん相談支援セミナーのご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:1.48MB)
生理学特別セミナー 生理学特別セミナー
「New concepts in enteric inhibitory neurotransmission in the gastrointestinal tract」
[講師]Dr. Kenton M. Sanders
[日時]2008年10月2日(木)午後4時30分~午後5時30分(予定)
[会場]研究棟1階 第1会議室
[ご案内]: 講演内容のご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:1.48MB)
第3回再生医学分野公開セミナー 第3回再生医学分野公開セミナー
「ケミカルバイオロジーによる細胞遊走機構の解析」
[講師]慶應義塾大学理工学部 生命情報学科 教授 井本 正哉
[日時]2008年9月22日(月)午後3時~午後4時(予定)
[場所]分子医学研究所 5階会議室
[ご案内]: 講演内容のご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:181KB)
特別セミナー 特別セミナー
バイオインフォマティクスの過去・現在・未来
[講師]:九州工業大学情報工学部生命情報工学科 教授 皿井 明倫
[日時]:2008年8月28日(木)午後5時~午後6時30分
[場所]:分子医学研究所 5階会議室
[ご案内]: 講演内容のご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:101KB)
危機管理セミナ 危機管理セミナー
新型インフルエンザの発生に備えて―社会機能の維持を石油危機とアスベストに学ぶ―
[講師]:お茶の水女子大学   教授
ライフワールドウオッチセンター長 増田 優
[日時]:2008年7月3日(木)午後4時~午後5時
[場所]:研究棟11階 講義室B
[ご案内]: 講演内容のご案内PDFでご案内ページを開きます (PDFファイル:540KB)