中学生による職場体験学習


No.6 2016(平成28)年9月15日(木)、16日(金) 東郷町立諸和中学校

実施日時:
2016年9月15日(木曜日)、16日(金曜日)
10時00分~15時00分 まで
校:
東郷町立諸和中学校 2名

諸輪中学校の2年生2名が、職業体験のために名古屋市立大学大学院医学研究科共同研究教育センター(形態部門)に来ました。

初日は
今回は本年度新規導入されるイメージングサイトメーター(InCellAnalyser6000)の導入にあたり、学内向けのセミナーに一緒に参加してもらいました。訪問早々に、薬学研究科まで自転車で行き、セミナーの準備を手伝ってもらい、そのまま研究者の先生や大学生とともにセミナーを受講しました。
中学生には、かなり難しい内容だと思いました があえて難しい内容だけれども 一緒に話を聞いてもらいました。
午後は医学研究科でのセミナーの実施を手伝ってもらうとともに、同じく受講してもらい少しでも記憶に残ってもらえればと思いました。

2日目は、
午前中は、形態実験室で緩衝液の作り方を学んでもらい、中学校では酸性、アルカリ性までしか勉強しないところを、pHメーターを用いて指定のpHに調整したリン酸緩衝液の調整にチャレンジしてもらいその中で、モル計算を含め勉強してもらいました。
午後は、システム自然科学(湯川教授)の研究室に訪問し、システム自然科学の施設を見学させていただきました。

職場体験で初めて大学の3キャンパスを移動して、場所毎でいろいろ体験し大学の研究を知ってもらったことで、よりいっそう科学に対して興味をもち自ら学んで もらえればと思います。

セミナー受講の様子

システム自然科学での見学の様子