中学生による職場体験学習


No.11 2016(平成28)年1月29日(金) 名古屋市立桜山中学校

実施日時:
2016(平成28)年1月29日(金曜日)
9時00分~15時00分 まで
校:
名古屋市立桜山中学校 9名

名古屋市立桜山中学校の2年生9名が、職場体験のために名古屋市立大学大学院医学研究科共同研究教育センター(形態部門)に来ました。

まず、はじめに中学校で使用してる顕微鏡にくらべ様々な顕微鏡がありそれらを使って研究をしていること、また、高額な研究機器を一括管理することでより有効に利用することが可能になる可能性など共同研究教育センターの概要を説明しました。
次に、本日の職場体験では、滅多にない設置備品の工事の監督の業務を見学してもらいながら、設備メーカーの担当の方に、普段気になっている理科室の設備について積極的に質問をしていました。

その後、電子顕微鏡室で、組織の凍結切片の作製の様子を見学してもらいました。
お昼を食べた後、透過型電子顕微鏡で実際の試料を観察してみたり、走査型電子顕微鏡で髪の毛を観察比較してみたりしました。
時間が経つにつれて緊張もとれたようで、最後には笑顔でいろいろと体験していました。

大変短い時間ではありましたが、生徒一人一人積極的に興味を持って体験していました。 今後職業を選択していく際に、本日体験した内容が少しでも参考にしてもらい今後の生活に役立ってもらえれば幸いです。

走査電子顕微鏡にて観察している様子

顕微鏡の前での様子