中学生による職場体験学習


No.1 2015(平成27)年6月12日(金) 岐阜県高山市立国府中学校

実施日時:
2015年6月12日(金曜日)
10時30分~12時00分
校:
岐阜県高山市立国府中学校 6名

岐阜県高山市から高山市立国府中 学校の生徒6名が、名古屋市内職場研究のために名古屋市立大学大学院医学研究科共同研究教育センター(形態部門)に来ました。

梅雨のあいまの蒸し暑い日でしたが、始めに、元気よく挨拶をしていただきました。
学内の空調がまだ動いていないため、会議室が少し暑かったと思いますが説明をすると興味津々で聞いていました。

まず、大学のことを簡単に説明してから、共同研究教育セン ターの仕組みを簡単に説明しました。
その後今回は、初めて会議室まで2種類の顕微鏡を持参して、実際に顕微鏡を目の前において観察してもらいながらその違いを説明しました。
実際に顕微鏡を目の前にして中学校で勉強したことを少し思い出してもらったり、顕微鏡を見るときの大きさの単位などいろいろな質問に答えてもらいました。

説明が終わってから、電子顕微鏡室に移動し、走査型電子顕微鏡や透過型電子顕微鏡、共焦点レーザー顕微鏡を見学してもらいました。
その後に、実際に蛍光顕微鏡で免疫染色した切片を観察してもらったり、透過型電子顕微鏡で腎臓の切片を観察してもらいました。
時間が余りなかったので、じっくりとは装置を使用してもらうことはできませんでしたが、電子顕微鏡を操作して画像を取得するということを体験してもらいました。

電子顕微鏡室の見学が終わってからは、生徒のみなさんの考えた質疑応答を行いまして見学が終了となりました。
来校された皆さんの好きな科目に「理科」が入っており、将来の研究者を目指すきっかけにでもなれればと思っております。

電子顕微鏡観察時の様子

電子顕微鏡観察時の様子