名市大   医学部   カリキュラムの特色

医学部2年生のコメント

m2米津大貴さん

医学部2年の米津大貴です。2年生の授業内容について簡単ですが紹介したいと思います。

2年生ではオリエンテーション期間後すぐに専門科目の勉強が始まります。4月から早速、生化学や解剖学、生理学など基礎医学の授業が続々と始まり、授業の予習や復習で忙しくはなりますが、ようやく医学の第一歩を踏み出せたという実感もあり充実した日々を送ることができます。

そして9月からは2年生の中で一番大きな実習でもある解剖実習が始まります。解剖実習は昼の1時に始まってから夜の7時くらいまでかかることもあり、体力的にすごくハードな実習ですが、この9月からの約3ヶ月間、献体してくださった方の人体を実際に見て、触れることで、そこから本当に多くのことを学ぶことができます。それまでの解剖の授業や教科書で得た断片的な知識を、実習を通してそれを再確認するとともに、その複雑である人体構造に対し体系的な理解を深めることができます。

また、この解剖の実習期間中にも生理学や解剖学の試験があったり、新しく免疫学、細菌学などの授業が始まったりと、9月からの後期はとても忙しい毎日を送ることになります。年が明けてからも試験がたて続いてあり、それが終わるとようやく春休みとなります。
このように2年生はとても勉強に忙しい1年ではありますが、とても充実した重要な1年を送ることになります。2年の最初の頃は初めて専門科目の勉強をするということもあって、何から勉強すればいいのか、どうやって勉強を進めていけばいいのか、など戸惑うところも多々ありましたが、その都度多くの先輩方からいろいろなことを丁寧に教えていただき乗り越えることができました。

僕は医学部サッカー部に所属していますが、そういった医学部の先輩方が多数所属する部活やサークルなどに入って新しい人間関係を築くことというのは、医学部の学生生活をより楽しく充実したものにするだけでなく、このように勉強の面においてもとても大切だと感じています。