大学院研究科   医学研究科修士課程概要

名古屋市立大学大学院アドミッション・ポリシー

名古屋市立大学は、「全ての市民が誇りに思う・愛着の持てる大学をめざす」ことを大学の基本的理念として掲げ、大学院教育では、大学院生への研究指導は研究活動の活性化の一環であるとの認識に基づき、高度な専門性と学際的視点を備えた研究者及び職業人を育成することを目標としている。
本大学院では、これらの理念や目標のもとに、基本的な専門知識と技術を持ち、高度な専門性と国内外で活躍する意欲と適性を備えた、多様な能力や経歴を有する人材を広く求めている。

医学研究科 修士課程

求める学生像

  • 最先端の医学・医療及び生命科学に強い関心をもつ人。
  • 先駆的かつ独創的な研究者或いは高度専門技術者を志す人。
  • 自然科学の基礎分野における十分な学力を有するとともに、自ら学習や研究に主体的・自律的に取り組む意欲を持つ人。

修得しておくべき知識の内容・水準

自然科学諸分野の大学教養レベルの知識を取得していることに加え、生命科学又は関連する分野における専門基礎知識を身につけていることが求められる。また、研究を実施する過程では英語論文を読むことが必須のため、英語読解力も必要である。

医学研究科   修士課程   概要

医学部研究棟
医学部研究棟

医学研究科修士課程は、高度な専門教育を行うことにより医科学の専門知識を有する職業人と博士課程進学を目指す研究者を養成します。入学者は医療系学部に限らずサイエンスにかかわる多分野にわたる学部の卒業生であり、疾病の原因解明、その治療法や予防策の探索、健康の増進などに関する研究に意欲的に取り組んでいます。

博士課程 学位取得までのスケジュール

本学修士課程の特色

< 特色1 > 少人数によるきめ細やかな研究指導が受けられます

医学研究科の修士課程は定員10名と少人数指導体制が整備されています。入学後に修学に関するオリエンテーションがあり、各教室には指導教員を含め原則複数名の教員がおり、丁寧な指導を受けることができます。

< 特色2 > 臨床系教室でも研究ができます

配属先は生化学、生理学、病理学、細菌学をはじめとする基礎医学教室や、公衆衛生学、環境労働衛生学といった社会医学教室に加え、泌尿器科などの臨床教室を選択することもできます。医科学の専門知識を有し、最先端の医学を支える人材を育成するために、臨床系教室でも修士学生を受け入れている点は、本学修士課程の大きな特長です。

< 特色3 > 実験機器や設備が充実しています

医学研究科の修士課程へ進学することの最大の利点のひとつは、充実した機器・設備を利用可能なことかもしれません。高度最先端の医療・医学研究を遂行するために、基礎医学・臨床医学の枠を超え、横断的な学内連携体制も組織されています。

< 特色4 > 医学研究科修了者は高い就職・進学率を誇ります

第1期卒業生以来、就職・進学希望者に占める就職・進学率(進路決定者の割合)はほぼ100%です。就職希望者は、滝子(山の畑)キャンパスにある「名古屋市立大学キャリア支援センター」のサポートを受けられます。

医学研究科   修士課程   専門分野別研究内容一覧

平成28年度   研究指導教官及び研究内容
専門分野名 研究内容
担当教員名
統合解剖学 心身相関ダイナミズムの分子原理理解に資する下記の研究を、in vivo、in vitroにおいて行っている。
(1)脳内ニューロン・グリア相関の変容が、精神神経疾患を来す仕組みに関する神経免疫学的研究。
(2)下垂体前葉の細胞組織学、特にレプチンによる濾胞星細胞間ギャップジャンクションの維持・機能制御の分子メカニズムに関する分子解剖学的研究。
植木 孝俊教授
機能組織学 感覚器と脳の両方面でシームレスな研究を展開
(1)聴覚・味覚受容に関する遺伝子の同定と遺伝子改変動物を用いた機能解析
(2)成体脳海馬の新生神経に関する形態学的・分子生物学的・生理学的研究
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。鵜川 眞也 教授
病態生化学 (1)危険因子ApoE4、脳内脂質代謝変動、ならびに糖尿病が関与するアルツハイマー病分子病態解明
(2)血液脳関門を挟んだ神経系および体循環系間の代謝系のクロストーク
(3)歯科疾患とアルツハイマー病分子病態の研究
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。道川 誠 教授
細胞生化学 未定
未定
細胞生理学 平滑筋およびその周辺細胞に関する機能的、形態学的研究
主要実験方法:電気生理学的手法、細胞内カルシウムイメージング法および蛍光免疫染色法
(1)平滑筋自発活動の発生伝播機構
(2)平滑筋機能の神経性、液性制御機構
(3)内臓組織における微小血管の機能特性
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。橋谷 光 教授
脳神経生理学 発育期の外部環境刺激(豊かな環境、うま味摂取)による情動形成メカニズムの解明、中脳皮質辺縁ドパミン神経系と行動制御メカニズムの解明、障害モデル動物(脳室周囲白質軟化症、脳内出血)を用いた障害脳機能の再生・再建メカニズムの解明、ES細胞・iPS細胞から神経系細胞(ドパミン神経、オリゴデンドロサイト)への分化誘導と細胞移植による機能再建
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。飛田 秀樹 教授
腎・泌尿器科学 尿路結石の分子機構の解明、内分泌外科、内視鏡外科、前立腺がんの病態と骨転移機構、がん選択的温熱療法、男子不妊症の病態究明と補助生殖技術、小児泌尿器科学、宇宙医学(特に尿路結石と生殖)、泌尿器科手術術式の開発、泌尿器分子生物学、遺伝子治療の基礎的研究(特に尿路結石、男性不妊、膀胱がん)、排尿メカニズムの解明
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。安井 孝周 教授
実験病態病理学 前立腺癌化学予防に関する実験病理学的研究、前立腺癌、乳癌、婦人科腫瘍の発育・進展に関わる臨床病理学的解析、ギャップ結合タンパクから見た実験的肝発がん研究、健康食品を含む環境物質の発癌修飾作用およびその分子生物学的機構解明に関する研究、ヒト疾患モデル動物を用いた実験的腫瘍病理学
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。髙橋 智 教授
臨床病態病理学 人体組織に基盤を置いた病理学を実践する。造血器、消化器、呼吸器、軟部組織、唾液腺、胸腺などの腫瘍および反応性病変を主な研究対象とし、病態発生機序の解明を行う。さらに診断、最適治療法選択、予後推定などに有用な分子マーカーを同定し、診断試薬の開発を進める。細胞診断学に興味のある方や時間に制約がある方も歓迎する。
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。稲垣 宏 教授
病態モデル医学 未定
未定
薬理学 未定
未定
細菌学 A群レンサ球菌などの病原細菌の感染症発症のメカニズム、細菌毒素蛋白質の機能・発現機構の解析、重症細菌感染症に対する新たな治療法の開発
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。長谷川 忠男 教授
免疫学 (1)樹状細胞、制御性T細胞を利用した免疫系の特異的制御法の研究
(2)(1)を利用した細胞療法の開発
(3)免疫寛容解除及び補体系を利用した癌や感染症への免疫誘導の研究
(4)新規分子標的免疫療法の開発
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。山崎 小百合 教授
専門分野名 研究内容
担当教員名
ウイルス学 (1)肝炎ウイルス感染に対する応答性(発症感受性及び重症化)や薬剤応答性の個人差に関わるヒト及びウイルス両方の遺伝要因の同定。
(2)ゲノムワイド関連解析、オミックス解析を用いた新規バイオマーカー探索。
(3)B型肝炎創薬研究:免疫療法含む新規治療法の開発。
(4)ヒトおよび動物インフルエンザウイルスに対する受容体結合阻害剤の論理的創薬。
田中 靖人 教授
精神・認知・行動医学 不安障害・気分障害の認知行動療法、身体疾患患者のメンタルヘルス、緩和ケア、気分障害・統合失調症の家族介入学、てんかん学、発達障害・不登校児童・家族のQOLおよび介入、臨床精神薬理学、精神疾患の脳画像研究など。
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。 明智 龍男 教授
産科婦人科学 不育症病態解明、着床前診断、出生前診断胎児治療、生殖補助技術、生殖器腫瘍発生機序、遺伝カウセリング
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。杉浦 真弓 教授
新生児・小児医学 新生児中枢神経障害の成因解明と新しい治療法の開発、小児内分泌疾患の診断と治療、先天性心疾患の包括的管理、小児悪性腫瘍の診断と治療、小児肝疾患の発症機構、小児神経疾患の原因と病態解明、ゲノム医学を用いた小児疾患の病態解明、再生医療の小児医療への応用、発達障害の評価と介入方法の開発
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。齋藤 伸治 教授
分子神経生物学 脳内におけるニューロン・グリア相関、グリア機能が関連する疾患病態の解明、アストロサイト由来因子による中枢神経疾患治療薬の開発
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。浅井 清文 教授
細胞分子生物学 ヒト細胞の遺伝子発現調節機構を研究対象としたがん、自己免疫疾患・関節リウマチ、エイズおよび統合失調症など難治性疾患の病態解明と治療法の開発。特に(1)特定の転写因子(NF-κBやTat)と相互作用する分子の同定と作用機構の解析、(2) 相互作用蛋白の網羅的解明による転写制御の分子機構の解明、 (3)標的蛋白分子および機能的複合体の立体構造をもとにした分子間相互作用の解析とin silico 薬剤探索と分子設計、および(4)ヒトゲノム中に潜む内在性レトロウイルス関連遺伝子の病原性と生理活性について研究を進めている。
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。岡本 尚 教授
分子毒性学 (1)動物モデルを利用したナノサイズ粒子の肺傷害性に関する組織学的検証(悪性中皮腫、肺胞上皮および胸膜過形成、炎症)、分子レベルでの機序解析(サイトカイン、がん関連遺伝子)、
(2)毒性軽減を目指した新規抗がん物質の分子設計およびインシリコ標的分子解析、インビトロおよびインビボ機序解析(受容体型TK、転写因子、血管新生)、
(3)遺伝子改変技術を利用した発がん高感受性モデル動物の開発、ヒトへの外挿モデルとしての有用性評価
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。酒々井 眞澄 教授
再生医学 中枢神経系の発生・再生のメカニズム解明と再生医療への応用をめざして、成体脳における神経幹細胞の増殖・分化と新生神経細胞の移動・成熟機構を中心に、齧歯類と霊長類、正常動物と疾患モデルを比較しながら研究する
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。澤本 和延 教授
遺伝子制御学 疾患の発症に関わるエピジェネティクス異常について研究を行う。具体的には、 (1) がん等の疾患発症、病態修飾に関わるエピゲノム機構の解明、(2) 細胞へのエピゲノムの書き込みとその維持に関わる機構の解明、(3) エピゲノム異常を標的とした疾患の診断・治療の開発、について研究を展開する。
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。近藤 豊 教授
呼吸器・免疫アレルギー内科学 ・慢性気道疾患(喘息、慢性咳嗽、COPD、慢性気道感染症)の疫学、疾患概念、遺伝子を含む病態解析、CT画像解析、診断、治療
・肺癌の分子病態・抗癌剤感受性/反応性・多施設大規模試験
・呼吸器感染症(非結核性抗酸菌症、肺炎など)の疫学、病態、CT画像解析、診断、治療
・間質性肺疾患の病態・画像解析と治療
・呼吸器症状(特に咳)と胃食道逆流症の関連
・各種膠原病の新規自己抗原分子の同定、臨床検体を用いた病態解析・診断・治療法の開発
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。新実 彰男 教授
血液・腫瘍内科学 (1) 造血器腫瘍の分子病態解析、新規治療標的分子の同定、分子標的薬のバイオマーカー探索、薬剤耐性化機構とその克服に関する研究
(2) 抗体療法、細胞傷害性T細胞(CTL)療法を中心とするがん免疫療法の開発研究
(3) がん薬物療法の前臨床開発と臨床試験の計画・実施
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。飯田 真介 教授
専門分野名 研究内容
担当教員名
先進急性期医療学 (笹野寛教授)呼吸・循環連携(心拍・血流変動解析、呼吸性動性不整脈の生理)、臨床デバイスの開発(超音波ガイド下穿刺法、酸素投与法)、末梢静脈挿入型中心静脈カテーテル、医学シミュレーション教育
(服部友紀教授)敗血症における免疫異常と骨髄移植による免疫機能再生効果に関する研究、敗血症性ショック患者に対するPMX-DHP+HDFの治療効果
(松嶋麻子教授)敗血症の予後改善に関する臨床研究、重症外傷におけるチーム医療、院内感染予防と対策に関する臨床研究
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。笹野 寛 教授
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。服部 友紀 教授
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。松嶋 麻子 教授
環境労働衛生学 (1)環境化学物質(殺虫剤およびその他の有機化学物質)による健康障害の病態・機序・曝露と影響の量反応関係・曝露実態の解明に関する実験研究および環境疫学研究
(2)医療安全文化と組織レジリエンス、作業関連疾患の要因究明に関する人間工学研究
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。上島 通浩 教授
公衆衛生学 がんやメタボリックシンドロームなどの生活習慣病・健康・QOL・総死亡などに関連する要因(生活習慣,生育歴,心理社会的要因,遺伝子多型など,要因間の交互作用も含む)の種々の疫学研究による探索と評価、診断・検査法の評価と比較、臨床疫学,難病の記述疫学
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。鈴木 貞夫 教授
法医学 DNA多型・法医遺伝学、画像解析技術の法病理学的・法医人類学的応用
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。青木 康博 教授
医学・医療教育学 ウェアラブルセンサから得られる心電図、脈派、加速度データなどのビッグデータ化プロジェクトを推進しており、データベースを基に、突然死をはじめとする健康リスクの層別化、健康寿命の予測、日常生活中のストレスや疲労、睡眠障害に対する介入効果のフィードバック方法を開発している。
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。早野 順一郎 教授
次世代医療開発学 (1)消化管疾患に対する臨床、治療評価法の確立
(2)胃食道逆流症の病態、疫学に関する研究
(3)機能性消化管障害(機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群)の新規治療法の開発
(4)消化管内臓知覚のメカニズムに関する基礎的研究
(5)臨床試験方法論と臨床薬理学 
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。神谷 武 教授
臨床医療デザイン学
(平成29年1月新規設置予定)

※各教員は平成29年1月着任予定

<担当教員および研究内容>
名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。草間 晴幸 教授(兼務) ※平成30年3月退職予定

臨床医療デザイン学における数値シミュレーション手法

名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。國本 桂史 教授(兼務)

・医療機器開発・軟性消化管モデル・拍動する人工心臓・心臓代用弁・ストーマ・集束超音波の動的標的への自動照射システム開発・新型細径カテーテルの開発・新型ネブライザーの開発・新型喉頭鏡の開発・乳幼児と小児用医療機器の開発

名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。松本 貴裕 教授(兼務)

・ナノ材料(半導体・金属量子ドット)と近接場光(表面プラズモン光,エバネッセント光)との相互作用の研究およびそれを用いた局所光刺激技術の開発
・ナノ材料を利用した同位体分離濃縮技術の研究と新薬創製への応用

名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。森田 明理 教授(兼務)

光の波長ごとの特性を生かした医療機器の開発、医学・生物学・工学を結ぶ橋渡し研究(早期シーズ段階〜臨床研究・薬事承認プロセス)

植木 孝俊 教授(兼務)

・機械学習の計算解剖学への応用による脳神経回路のコネクトーム研究と、その成果の精神神経疾患診療への適用
・ビッグデータ解析によるCT、MRIなどの医療画像自動診断システムの構築に関する橋渡し研究
・低侵襲手術支援ロボットの駆動系創出と至適化に関する医療工学

名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。加藤 大香士 准教授(兼務)

医療機器制御技術、最小侵襲手術ロボット、人体力学・生理学を重視した予防医学デバイス、臨床医学に根ざしたあたらしいパーソナル健康指標などのデザイン研究開発

名市大HP:研究者データベースのプロフィールを開きます。塙 大 准教授(兼務)

・センサネットワークを活用した人間の生体・行動情報の計測と伝送に関する研究
・VR、 AR、 MRを活用した作業支援に関する研究

寺田 隆哉 助教(兼務) ※希望指導教員としての選択はできない

・生体医工学 ・レーザー光技術応用 ・医療機器開発