大学院研究科   医学研究科修士課程概要

学生生活レポート

大学院修士課程の学生の方に、充実した学生生活をレポートいただきました。

修士課程学生レポート

人々の健康について探求してみたいということが大学院への進学の動機でした。本学は一般的な大学教育を終えた学生を広く受け入れているため同級生には理学部、工学部出身などいろいろな学部を卒業した学生がいます。何よりもいい友人たちに恵まれています。彼らが行っている研究についても話を聞くことができ、自分の研究分野だけでなく異分野の研究活動に触れることにより多角的に考えることができ、研究課題について深く考察することができます。

授業では高度な専門的知識を持った教授陣が最新の研究内容を講義しています。中には良く理解できないほどに難しい内容もありますが、適切な参考文献の提示により今まで興味のなかった分野についても触れることができ、知的好奇心を非常に刺激されます。

今では新たに始めた大学院生活によって何より充実した時間を送っています。研究活動は公衆衛生学教室に所属し疫学について学んでいます。疫学については今まであまりなじみのない分野でしたが、学会、研究会、セミナーへの参加により少しづつ研究の世界が広がっていくように感じています。

講義形式や演習により研究に対する知識や経験が増え豊かな人生が送れるように感じます。なにより自分が学びたいことが学べる環境に感謝しています。修士課程も2年となり残りの時間も少なくなりましたが入学時の目的を忘れずに最後まで研究を完成したいと思っています。