国際交流

No.05 名古屋市立大学付属病院での1ヶ月の経験は
私にとってとても素晴らしいものでした
キム セウン


名古屋市立大学付属病院での1ヶ月の経験は私にとってとても素晴らしいものでした。医療に関する知識が学べただけでなく、日本と韓国の医療システムの違いや患者さんへの対応、様々な状況を乗り切る方法などについても学ぶことができました。

私にとって初めての留学で、しかも日本語が全く話せなかったため、最初の頃はとても緊張していました。しかし優しい先生方や親切な学生さんたちに恵まれて、4週間後には本当に幸せな気持ちになりました。彼らがいつも助けてくれたので、日本での勉強や生活になじむことができました。


名古屋市立大学付属病院のすべての方にとても感謝しています。きっと私はこの4週間の事を忘れることはなく、とても恋しく思うでしょう。いつか名古屋市立大学の学生とハルリム大学の病院でお会いできるのを楽しみにしています。ありがとうございました。