大学院研究科   医学研究科博士課程概要

人と未来をみつめるあなたへ

名古屋市立大学は大学院中心の教育施設に生まれかわり発展しています。

名古屋市立大学   医学研究科の特徴
    研究指導スタッフの大幅な拡充
    基礎・臨床の領域を越えた総合的教育・研究システム
    社会人対応カリキュラム実施

名古屋市立大学大学院アドミッション・ポリシー

名古屋市立大学は、「全ての市民が誇りに思う・愛着の持てる大学をめざす」ことを大学の基本的理念として掲げ、大学院教育では、大学院生への研究指導は研究活動の活性化の一環であるとの認識に基づき、高度な専門性と学際的視点を備えた研究者及び職業人を育成することを目標としている。
本大学院では、これらの理念や目標のもとに、基本的な専門知識と技術を持ち、高度な専門性と国内外で活躍する意欲と適性を備えた、多様な能力や経歴を有する人材を広く求めている。

医学研究科 博士課程

求める学生像

  • 将来の医学研究をリードする国際的医学研究者を志す人。
  • 高度最先端医療を創出し、実施する医療人を志す人。

修得しておくべき知識の内容・水準

欧文論文読解と作成のための英語能力に加えて、医学・医科生命科学研究遂行に必要となる理系大学学部、あるいは大学院修士課程修了レベルの生命科学・基礎医学知識を有すること、または高度最先端医療の実践を目指しうる基礎的医療技術と知識・経験を有すること。

医学研究科     博士課程 概要

医学部研究棟
医学部研究棟

医学研究科博士課程は、基礎医学、臨床医学の枠を超えた横断的な生体機能・構造医学生体情報・機能制御医学生体防御・総合医学予防・社会医学の4専攻から構成されています。基礎医学研究者と臨床研究者とが自由に最先端の医学研究を共同で実施できる体制を組織して大学院生の教育にあたり、独創的かつ応用範囲の広い医学研究者及び高度の医療知識と技量を備えた医師を養成することを目的としています。

分子医学研究所は生体高分子、生体制御、分子遺伝、分子毒性、再生医学の5部門で構成され、高度な研究を行っています。

さらに平成18年度には国立がんセンター、国立感染症研究所と連携大学院の協定を締結し、比較ゲノム医学、精神腫瘍学、感染制御機能学の3分野を増設し、博士課程の充実を図っています。


医学研究科の教育課程

写真2

医学研究科は、生体機能・構造医学、生体情報・機能制御医学、生体防御・総合医学、予防・社会医学の4専攻により構成されているが、各専攻とも下記の4つの科目群により教育を実施しています。

また、医学研究科では、広く人材を求め受け入れる目的で、平成16年より夜間や特定期間の集中講義など社会人が受講可能な教育カリキュラムを設定しています。


主科目

専門分野の知識・技術を習得し、医学研究科大学院生としての専門性を獲得するとともに、博士論文の立案、制作時に、基盤となる知識・技術を習得することを目的とした科目。

副科目

主科目において習得する知識・技術の理解を深めるとともに、応用の幅を広げ、博士論文作成の推進を補完することを目的とした、主科目と関連の深い領域の科目。

共通科目

医学研究科大学院生が、医学の研究や実践を遂行する上で、各領域の枠を越え、共通して必要と考えられる基礎的知識・技術を習得することを目的とした科目。

特別研究

特定の研究テーマを設定し、主科目、さらには、副科目、共通科目で習得した知識・技術を応用し、博士論文を作成することを目的とした科目。

博士課程 学位取得までのスケジュール

各専攻科の研究と教育内容

生体機能・構造医学専攻

生体機能を生み出す構造及び形態の解析に重点を置いて研究を行う専攻である。生物を構成する細胞、臓器、器官の形態はそれぞれ合目的に創られていて、自然が生みだした創造物である。機能を生み出す正常な形態の作用機構、病的な状態での形態変化、各臓器や特殊感覚器官の疾患と形態的変化との関連及びその治療法の開発研究と教育を行う。

生体情報・機能制御医学専攻

生体の生理機能および情報処理を介した機能制御という視点から研究を行う専攻である。個体の発生、生後の発育・成長及び成熟・老化・損傷(疾病)の異なった各ステージにおいて、生体情報の処理、制御がいかに機能の発現に結びつくかについて教育及び研究を行う。一方脱落した機能の再建を図り治療後の社会への積極的な復帰を目指す研究にも視点を拡げている。

生体防御・総合医学専攻

物質・分子という側面から生体機能やその制御機構について研究・教育する専攻である。正常及び種々の疾患時の生態ならびに防御と再生とその破綻に至る機構について物質、分子さらにその遺伝子レベルでの研究を行い、また学際的かつ多方面の診断及び検査法への応用を視野に入れた基礎的研究を行い、専門性に立脚した疾病の総合的な診断と治療法の開発を目指す。

予防・社会医学専攻

人と環境・社会的要因との相互関連について解析し、種々の障害や疾病に結びつく過程やリスクファクターについて研究し、健康増進・疾病予防に視点をおき、さらには安全・安心な社会づくりの基盤を築くことに貢献する人材育成を行う。

専攻・講座案内ページへ各専攻の詳細は「 専攻・講座案内 」ページをご覧ください。