大学院研究科   医学研究科博士課程概要

学生生活レポート

大学院博士課程の学生の方に、充実した学生生活をレポートいただきました。

博士博士学生レポート

私は動脈硬化疾患を対象とした臨床に携わるうちに、動脈硬化のしくみ、成り立ちをより理解し解明することにより、医学の発展にわずかばかりでも寄与したいと思うようになりました。そのなかでも脂質代謝の研究に興味を持ち、この分野で高名である本研究室の大学院生になりました。

入学して2年が経過しましたが、科学としての医学の探求の難しさを感じる一方で、少しずつ研究を進めていくことが出来ている現在の状況にとても満足しており、研究室の関係の方々にとても感謝しています。疾病のしくみを理解し治療や予防に役立てるという医学の大きな目的の中で、自分の成せることはごくわずかなことだと思います。しかし研究科ではその分野での専門の方々から指導を受け、また交流しながら研究を進めることができます。その1つの成果として論文を作成し世の中に公表する、こういったことの積み重ねが医学の発展には必要で、臨床へのフィードバックとなることを信じて、これからも研究に取り組みたいと思います。