先輩達からのメッセージ

医学部生の先輩達から、本学に入学のお考えの方へのメッセージ。

2011年度

医学部生からのメッセージ

医学部4年 宇佐美 寿彦
医学部
医学科4年
宇佐美 寿彦

大学生活も丸三年過ぎ、今思うと貴重な体験ができたと思います。僕達の通う名古屋市立大学桜山(川澄)キャンパスは、大学二年から通うことになります。地下鉄桜山駅から歩いて五分程の距離で、通学にとても便利です。僕は、豊田からの通学で、毎日一時間半かかりますが、充分通えます。

高校時代は、高い目標を持ち、それに向かって努力し続けることが大切です。苦しい受験生活も自分を成長させる良い思い出になります。あきらめない気持ちと必ずやれるという強い意志はどんな状況でも必要です。

医学部では、二年目から本格的に医学の専門教育が始まります。講義では、最先端の研究や医師の心構えなどについても聞くことができ、実習では、講義で学んだことを実際に自分達の手で行い、確認します。どの学生も集中して授業に取り組んでいます。

学生は、皆和気合々とした雰囲気で、他の学年とも、入学時の新入生歓迎週間や、部活やサークル活動、学園祭を通して早い時期から親しくなれます。学生同士の関わる場が多いことも、名市大の良い所だと思います。また、先生方に、勉強会に誘っていただけることもかなりあり、興味があれば自分達が進んで学ぶことのできる環境が整っています。三年生後半には、研究室にメンバーの一人として参加する基礎自主研修があります。実際の医学研究の基礎について知ることのできる貴重な機会です。基礎自主研修の後、研究の大変さについて改めて学びました。英語教育も導入が進んでいて、海外留学を目指す人達には、助けになると思います。

大学生活は、時間が過ぎるのが速いと思います。勉強会や研究に一心に打ち込むも良し、部活やサークルで人の輪を深めるも良し、と、どれを選んでも充実したものになると思います。大切なことは、目標を持ち、あきらめずに努力し続けることだと思います。受験は大変ですが、皆さんと一緒にこのキャンパスで学べる日を楽しみにしています。