先輩達からのメッセージ

医学部生の先輩達から、本学に入学のお考えの方へのメッセージ。

2010年度

医学部生からのメッセージ

医学部4年 為近 舞子
医学部4年
小南 あおい

名市大の医学部は地下鉄桜山駅からほど近い川澄キャンパスにあり、春には構内やキャンパス周辺の桜が咲き、とてもきれいです。

毎年、桜が咲く季節になると名市大に入学した頃を思い出します。医学部へ合格するまでの道のりは一筋縄でいかないことも多く、苦しい時期もありましたが、家族の支えもあり乗り切ることができました。

医学部では主に2年生から本格的に医学の専門教育が始まります。講義は、最先端の研究の話を聞ける授業もあり、一日一日がとても刺激的です。また実習は、机上で学んだことを実際に自分たちの手で学ぶことのできるいい機会であり、学生は真剣に取り組んでいます。

学生は学年を問わず仲がとてもよく、また教員と学生の距離も近いので、構内では互いに挨拶の言葉がいきかい、雰囲気のよい大学だと思います。先生方は教育にも熱心で、私たち学生を分け隔てなく病院の見学や勉強会などに誘ってくださり、意欲があればどれだけでも学べる環境を与えてもらっています。学生の中には、学生のうちから研究室に出入りし、先生の指導のもとに研究を進めている人もいます。

私が名市大のいいところだと思うのは英語教育にも力を入れているところです。私も将来は医師として海外に留学できるチャンスがあれば、自分の知識や技術を磨くために挑戦したいと考えており、少しずつですが英会話の勉強を続けています。

もちろん勉強だけではなく、多くの学生が部活やサークルに属しており、それぞれが時間を有効に使い、学生生活を有意義に過ごしています。

私は将来医師になるものとして、名市大でその礎を学べることを本当に幸せに感じています。皆さんが受験を乗り越えられ、このキャンパスで一緒に学べる日を楽しみにしています!