名古屋市立大学病院 大学院医学研究科 放射線医学分野

研究内容

研究内容について

放射線生物学

放射線生物学

1)定位照射・IMRTの基礎研究

定位照射やIMRTにおいては、一回に大線量を集中したり間歇的に照射するという特 徴がありますが、これらが生物学的にどのような効果を発揮するかについては、十分に 解明されていないところがあります。この点に関して、培養細胞やマウスの腫瘍を用い て検討を行っています。

2)免疫細胞療法・放射線治療併用の基礎的臨床的研究

樹状細胞療法は新世代の免疫療法ですが、放射線を局所に集中して照射することと併 用すれば、アポトーシスを誘導して、より効果的になると考えられます。この点につい て、マウス腫瘍を用いて基礎研究を行っていますが、臨床的にもトモセラピーや三次元 原体照射との併用を推進しています。

3)微量の放射線の生体に対する影響

放射線はわずかな量でも害があると思われるかもしれませんが、近年の研究では微量 ならば免疫力を高めたり、放射線防護物質を誘導したりして、生体に対して有益に作用 する可能性が考えられるようになってきました。当教室でもマウスを用いて、その基礎 的検討を行っています。

4)化学的治療効果修飾剤と放射線療法の併用に関する基礎研究

放射線の効果を高める新しい放射線増感剤や抗癌剤、正常組織の放射線に対する影響 を軽減する放射線防護剤などについて、培養細胞、マウス腫瘍を用いて検討しています。

放射線治療

1)高精度放射線治療

臨床においては、I期肺癌に対する定位照射と前立腺癌に対する強度変調放射線治療 (intensity-modulated radiation therapy, IMRT)の検討を数多く行っています。

2)遺伝子多型と有害事象の関係

同意をいただいた患者さまから血液を頂いて遺伝子解析を行って、副作用の頻度との関連についての検討を、放射線医学総合研究所と共同で行っています。

画像診断学・IVR

画像診断学・IVR

1)Dual energy CTによる石灰化除去を応用した血管描出の臨床的検討

通常の3D-CT angiographyにおいては、石灰化が造影剤と同様に描出され、実際の血管狭窄の評価を困難にしています。当院にアジア1号機として導入された Dual source CT に搭載されている dual energy mode を用いて、血管壁の石灰化を除去した画像を作成し、臨床的有用性を検討しています。

2)Dual energy CTによる造影剤抽出画像作成と臨床的有用性の検討

病変が造影される程度により鑑別疾患を絞り込むことができますが、通常、非造影CTと造影後のCTを撮影し評価します。
しかし2つの異なった電圧で同時にデータを収集することにより、造影撮影のみで造影の程度が評価可能となります。 患者さんの体動による悪影響を取り除き、信頼性が向上します。また、非造影CTの省略により検査が簡便となります。

3)Dual source CTによる冠動脈描出の検討

CTを用いた冠動脈評価は、ここ数年急速に普及し、侵襲的な心臓カテーテル検査に取って代わる場面が増加しつつあります。しかし、通常の装置では心拍数が低く、不整脈がないという理想的な条件のみで検査が可能です。Dual source CTでは、新生児など120を超える心拍数や強度の不整脈症例においても非常に高い検査成功率を達成しています。
今後はさらに、高い時間・空間分解能を生かして、従来血管内超音波検査(IVUS)でなければ不可能であった冠動脈プラークの性状を解析し、冠動脈疾患の診断・治療ストラテジーに変革をもたらすべく検討を重ねています。

4)肝動注化学療法における超細径マイクロカテーテルの検討

肝細胞癌に対するマイクロカテーテルを用いた超選択下の動注化学療法は、広く施行されていますが、ときに動脈の形状、蛇行により超選択が困難な場合があります。
当科では、従来の4Fr.カテーテル、マイクロカテーテルの2段階システムに加え、超細径マイクロカテーテルを使用する3段階のシステム(triaxial microcatheter method)を構築し、選択性の向上の検討を行っています。

核医学

1)各種脳血流解析ソフトを用いた臨床的検討

2)ストロンチウム-89治療の臨床的有用性、合併症の検討

名古屋市立大学病院では、骨転移の疼痛緩和を図る放射性同位元素(ストロンチウム-89治療)が県下で最も早く導入されました。その有用性、合併症を含めた臨床的評価を行っています。

最近の当教室の研究論文(2016年掲載および in press 論文)

これら以外は、PubMed: Shibamoto-Yで検索してください。


Iwata H, Inoue M, Shiomi H, Murai T, Tatewaki K, Ohta S, Okawa K, Yokota N, Shibamoto Y. Evaluation of dose uncertainty to the target associated with real-time tracking intensity-modulated radiation therapy using the Cyberknife Synchrony system. Technol Cancer Res Treat 15: 101-106, 2016

Urano M, Shiraki N, Hara M, Toyama T, Shibamoto Y. Multi-detector row CT-guided marking technique for breast-conserving therapy of early breast cancer: margin positivity and local control rates. Breast Cancer 23: 252-260, 2016

Shimohira M, Nagai K, Hashizume T, Nakagawa M, Ozawa Y, Sakurai K, Matsushita Y, Yamada S, Otsuka T, Shibamoto Y. Preoperative transarterial embolization using gelatin sponge for hypervascular bone and soft tissue tumors in the pelvis or extremities. Acta Radiol 57: 457-462, 2016

Iwabuchi M, Shibamoto Y, Sugie C, Ayakawa S, Ogino H, Baba F. Partial-brain radiotherapy for primary central nervous system lymphoma: multi-institutional experience. J Radiat Res 57: 164-168, 2016

Ota K, Shimohira M, Murai T, Nishimura J, Iwata H, Ogino H, Hashizume T, Shibamoto Y. Percutaneous fiducial marker placement prior to stereotactic body radiotherapy for malignant liver tumors: an initial experience. J Radiat Res 57: 174-177, 2016

Murai T, Sato K, Iwabuchi M, Manabe Y, Ogino H, Iwata H, Tatewaki K, Yokota N, Ohta S, Shibamoto Y. Re-irradiation of recurrent anaplastic ependymoma using radiosurgery or fractionated stereotactic radiotherapy. Jpn J Radiol 34: 211-218, 2016

Nakagawa M, Ozawa Y, Nomura N, Inukai S, Tsubokura S, Sakurai K, Shimohira M, Ogawa M, Shibamoto Y. Utility of dual source CT with ECG-triggered high-pitch spiral acquisition (Flash Spiral Cardio mode) to evaluate morphological features of ventricles in children with complex congenital heart defects. Jpn J Radiol 34: 284-291, 2016

Hattori Y, Murai T, Iwata H, Uchiyama K, Mimura M, Kato E, Murata R, Shibamoto Y. Chemoradiotherapy for localized extranodal natural killer/T-cell lymphoma, nasal type, using a shrinking-field radiation strategy: multi-institutional experience. Jpn J Radiol 34: 292-299, 2016

Iwata H, Ogino H, Hashimoto S, Yamada M, Shibata H, Yasui K, Toshito T, Omachi C, Tatekawa K, Manabe Y, Mizoe J, Shibamoto Y. Spot scanning and passive scattering proton therapy: relative biological effectiveness and oxygen enhancement ratio in cultured cells. Int J Radiat Oncol Biol Phys 95: 95-102, 2016

Maki Y, Mizutani M, Morimoto M, Kawai T, Nakagawa M, Ozawa Y, Takeuchi M, Maki H, Kurosaka K, Shibamoto Y. The variations of the middle colic vein tributaries: depiction by three-dimensional CT angiography. Br J Radiol 89: 20150841, 2016

Kan H, Kasai H, Arai N, Kunitomo H, Hirose Y, Shibamoto Y. Background field removal technique using regularization enabled sophisticated harmonic artifact reduction for phase data with varying kernel sizes. Magn Reson Imaging 34: 1026-1033, 2016

Iwata H, Sato K, Nomura R, Tabei Y, Suzuki I, Yokota N, Inoue M, Ohta S, Yamada S, Shibamoto Y. Long-term results of hypofractionated stereotactic radiotherapy with CyberKnife for growth hormone-secreting pituitary adenoma: evaluation by the Cortina consensus. J Neurooncol 128: 267-275, 2016

Kawai T, Shimohira M, Ohta K, Hashizume T, Muto M, Suzuki K, Kurosaka K, Shibamoto Y. The role of time-resolved MRA for post-treatment assessment of pulmonary arteriovenous malformations: a pictorial essay. Cardiovasc Intervent Radiol 39: 965-972, 2016

Nagai A, Shibamoto Y, Ogawa K, Inoda K, Yoshida M, Kikuchi Y. Analysis and management of rectal gas with Kampo formulas during intensity-modulated radiotherapy of prostate cancer: a case series study. J Altern Complement Med 22: 480-486, 2016

Baba F, Tanaka S, Nonogaki Y, Hasegawa S, Nishihashi M, Ayakawa S, Yamada M, Shibamoto Y. Effects of audio coaching and visual feedback on the stability of respiration during radiotherapy. Jpn J Radiol 34: 572-578, 2016

Maki H, Shimohira M, Hashizume T, Kawai T, Nakagawa M, Ozawa Y, Sakurai K, Shibamoto Y. Visualization of the spinal artery by CT during embolization for pulmonary artery pseudoneurysm. Pol J Radiol 81: 382-385

Murai T, Kamata S, Sato K, Miura K, Inoue M, Yokota N, Ohta S, Iwabuchi M, Iwata H, Shibamoto Y. Hypofractionated stereotactic radiotherapy for auditory canal or middle ear cancer. Cancer Control 23: 311-316, 2016

Shibamoto Y, Miyakawa A, Otsuka S, Iwata H. Radiobiology of hypofractionated stereotactic radiotherapy: recommendation on optimal fractionation schedules. J Radiat Res 57(S1): i76-i82, 2016

Urano M, Shiraki N, Kawai T, Goto T, Endo Y, Yoshimoto N, Toyama Y, Shibamoto Y. Digital mammography versus digital breast tomosynthesis for detection of breast cancer in the intraoperative specimen during breast-conserving surgery. Breast Cancer 23: 706-711, 2016

Toshito T, Omachi C, Kibe Y, Sugai H, Hayashi K, Shibata H, Yasui K, Tanaka K, Yamamoto T, Yoshida A, Nikawa E, Asai K, Shimomura A, Okumura I, Suzuki T, Kinou H, Isoyama S, Ogino H, Iwata H, Shibamoto Y, Mizoe J. A proton therapy system in Nagoya Proton Therapy Cencer. Australas Phys Eng Sci Med 39: 645-654, 2016

Murai T, Hayashi A, Manabe Y, Sugie C, Takaoka T, Yanagi T, Oguri T, Matsuo M, Mori Y, Shibamoto Y. Efficacy of stereotactic radiotherapy for brain metastases using dynamic jaws technology in the helical tomotherapy system. Br J Radiol 89: 20160374, 2016

Takenaka R, Shibamoto Y, Miyakawa A, Hashizume C, Baba F. The fate of residual tumor masses that persist after stereotactic body radiotherapy for solitary lung nodules: will they recur? Clin Lung Cancer 17: 406-411, 2016

Hashimoto S, Shibamoto Y, Iwata H, Ogino H, Shibata H, Toshito T, Sugie C, Mizoe J. Whole-pelvic radiotherapy with spot-scanning proton beams for uterine cervical cancer: a planning study. J Radiat Res 57: 524-532, 2016

Ozawa Y, Hara M, Shimohira M, Sakurai K, Nakagawa M, Shibamoto Y. Associations between computed tomography features of thymomas and their pathological classification. Acta Radiol 57: 1318-1325, 2016

Ozawa Y, Hara M, Nakagawa M, Shibamoto Y. Utility of electrocardiography (ECG)-gated computed tomography (CT) for preoperative evaluations of thymic epithelial tumors. Pol J Radiol 81: 566-571, 2016

Kawai T, Ozawa Y, Ogawa M, Ohashi K, Suzuki K, Shibamoto Y. Quality improvement of dual-energy lung perfusion image by reduction of low-energy X-ray spectrum: an evaluation on clinical images. Pol J Radiol 81: 593-597, 2016

Sakurai K, Imabayashi E, Tokumaru AM, Ito K, Shimoji K, Nakagawa M, Ozawa Y, Shimohira M, Ogawa M, Morimoto S, Aiba I, Matsukawa N, Shibamoto Y. Volume of interest analysis of spatially normalized PRESTO imaging to differentiate between Parkinson disease and atypicall parkinsonian syndrome. Magn Reson Med Sci 16: 16-22, 2017

Shimohira M, Hashizume T, Sasaki S, Ohta K, Suzuki K, Nakagawa M, Ozawa Y, Sakurai K, Nishikawa H, Hara M, Shibamoto Y. Transcatheter arterial embolization for hepatic arterial injury related to percutaneous transhepatic portal intervenetion. Cardiovasc Interven Radiol 40: 291-295, 2017

Urano M, Maki Y, Nishikawa H, Kawai T, Shiraki N, Shibamoto Y. Diagnostic utility of a computer-aided diagnosis system for whole-body bone scintigraphy to detect bone metastasis in breast cancer patients. Ann Nucl Med 31: 40-45, 2017

Miyakawa A, Shibamoto Y, Takemoto S, Serizawa T, Otsuka S, Hirai T. Fractionated stereotactic radiotherapy for metastatic brain tumors that recurred after gamma knife radiosurgery results in acceptable toxicity and favorable local control. Int J Clin Oncol 22: 250-256, 2017

Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Matsuda S, Aoyagi K, Ono J, Saeki N, Iwadate Y, Hirai T, Takemoto S, Shibamoto Y. Robustness of the neurosurgical prognostic score in brain metastasis patients treated with Gamma Knife radiosurgery. J Neurosurg in press

Nagai A, Shibamoto Y, Yoshida M, Inoda K, Kikuchi Y. Intensity-modulated radiotherapy using two static ports of tomotherapy for breast cancer after conservative surgery: dosimetric comparison with other treatment methods and 3-year clinical results. J Radiat Res in press

Murai T, Hattori Y, Sugie C, Iwata H, Iwabuchi M, Shibamoto Y. Comparison of multileaf collimator and conventional circular collimator systems in Cyberknife stereotactic radiotherapy. J Radiat Res in press

Sakurai K, Tokumaru AM, Shimoji K, Kanemaru K, Morimoto S, Aiba I, Nakagawa M, Ozawa Y, Shimohira M, Matsukawa N, Shibamoto Y. Beyond the midbrain atrophy: wide spectrum of structural MRI finding in cases of pathologically proven progressive supranuclear palsy. Neuroradiology in press

Ogawa M, Ozawa Y, Ohta K, Sekiguchi T, Omata S, Urano M, Matsuo Y, Shibamoto Y. Usefulness of 3D balanced turbo-field-echo MR sequence evaluating the branching pattern of the intrahepatic bile ducts: comparison with drip infusion CT cholangiography. Abdom Radiol in press

Sakurai K, Kanoto M, Nakagawa M, Shimohira M, Tokumaru AM, Kameyama M, Shimoji K, Morimoto S, Matsukawa N, Nishio M, Shibamoto Y. Dinosaur tail sign: a useful spinal MRI finding indicative of cerebrospinal fluid leakage. Headache in press

Denewar FA, Takeuchi M, Urano M, Kamishima Y, Kawai T, Takahashi N, Takeuchi M, Kobayashi S, Honda J, Shibamoto Y. Multiparametric MRI for differentiation of borderline ovarian tumors from stage I malignant epithelial ovarian tumors using multivariate logistic regression analysis. Eur J Radiol in press

臨床研究

現在進行中の臨床研究

【研究課題名】Mutiparametric MRIによる嚢胞性卵巣腫瘍の良悪性鑑別
【研究責任者】放射線医学教室
【研究方法】観察研究、遡及的、多施設共同研究。
【意義・目的】
 卵巣腫瘍の手術適応判断や術式決定において術前の良悪性の鑑別が重要である。
超音波検査は卵巣腫瘍の診断において第一選択の検査ではあるが、大きな病変や肥満患者において正確な診断が困難となることも多い。
MRIはその高い組織分解能のため卵巣腫瘍の診断能の向上をもたらした。近年、従来のT1強調像やT2強調像に加えて拡散強調像やパーフュージョンイメージングが卵巣腫瘍の鑑別に有用との報告があるが、これらを組み合わせた場合に良性・境界悪性・悪性卵巣腫瘍をどの程度正確に分別できるかはいまだ不明であるため、卵巣嚢胞性腫瘍の良性・境界悪性・悪性の鑑別におけるMutiparametric MRIの診断能を調査する。
【方法】
本研究は遡及的な検討である。2004年1月~2015年5月の間に良性・境界悪性・悪性の卵巣嚢胞性腫瘍の病理診断が確定しており、かつ腫瘍マーカー検査(CA125、CA19-9、CEA)および造影MRI検査が行われている患者を対象とする。
良性・境界悪性・悪性卵巣腫瘍の鑑別において有用とされるMRI所見(形状、大きさ、充実成分の有無、多房構造、充実部分の信号強度、ADC値、造影効果)に着目して盲検下で読影実験を行う。腫瘍マーカー値とあわせ、多変量解析を行い、卵巣嚢胞性腫瘍の鑑別において有用な画像所見・腫瘍マーカーを同定し、ロジスティック回帰分析により診断モデルを作成する。
【研究成果の公開】
 腹部放射線研究会や日本医学放射線学会で報告を行う。
 英文雑誌へ投稿する。
【個人情報保護】
 患者さんの個人情報は外部への流出がないよう厳重に管理されます。研究成果の公開の際には個人情報は匿名化されますのでご安心ください。
【利益相反】なし
【お問い合わせ先】研究への参加に同意されない方はこちらへご連絡ください。
 名古屋市立大学医学部放射線医学教室 講師 竹内 充
 052-853-8276  ncuradkenkyu@gmail.com




終了した臨床研究

【研究課題名】膀胱内反性乳頭腫のMRI所見の多施設共同,後方視的検討【終了】
【研究責任者】放射線医学教室 講師 竹内 充
【研究分担者】放射線医学教室 教授 芝本 雄太 (指導)
【研究方法】観察研究、遡及的、多施設共同研究。
【意義・目的】
 膀胱の内反性乳頭腫はまれな疾患であり、malignant potentialを有するとされる。そのMRI所見については未だ知られていない。したがって本疾患の画像所見をあきらかにすることに意義がある。
【方法】
 対象は既に膀胱のMRI検査を受けられており、膀胱の内反性乳頭腫の組織診断が確定している患者10例である。および画像所見の比較のために膀胱癌の病理診断が確定しており、かつMRI検査を受けられた30例も対象とする。 膀胱内反性乳頭腫の発生頻度は低く、当院のみでは十分な症例数の収集が困難なため多施設共同で研究を行う。 MRI画像における膀胱内反性乳頭腫の大きさや形状や信号パターンについて解析を行う。膀胱癌との形状、信号パターンの差異についてもあわせて評価する。
【研究成果の公開】
 腹部放射線研究会で報告を行う。
 英文雑誌へ投稿する。
【個人情報保護】
 患者さんの個人情報は外部への流出がないよう厳重に管理されます。研究成果の公開の際には個人情報は匿名化されますのでご安心ください。
【利益相反】なし
【お問い合わせ先】研究への参加に同意されない方はこちらへご連絡ください。
 名古屋市立大学医学部放射線医学教室 講師 竹内 充
 052-853-8276  ncuradkenkyu@gmail.com


【研究課題名】肉腫様腎癌の存在はMRIで予測可能か【終了】
【研究責任者】放射線医学教室 助教 竹内 充
【研究分担者】放射線医学教室 教授 芝本 雄太 (指導)
【研究方法】観察研究、遡及的。
【意義・目的】
 腎細胞癌内の肉腫様腎癌が含まれていると生命予後が不良となることが知られている。腎細胞癌の術前に非侵襲的に肉腫様腎癌の有無が予測できれば腎細胞癌の患者の生命予後の推定や治療方針の決定に寄与することができる。本研究の目的はMRIを用いて肉腫様腎癌の有無を予測可能かを調査することである。
【方法】
 対象は腎腫瘍の術前MRI検査を受けており、腎腫瘍の組織診断が確定している150例。MRI画像を放射線科診断専門医が解析し、信号パターンや内部性状から肉腫様腎癌を含む群と含まない群を分別可能かを調査する。
【研究成果の公開】
 日本医学放射線学会や腹部放射線研究会で報告を行う。
 英文雑誌へ投稿する。
【個人情報保護】
 患者さんの個人情報は外部への流出がないよう厳重に管理されます。研究成果の公開の際には個人情報は匿名化されますのでご安心ください。
【利益相反】なし
【お問い合わせ先】研究への参加に同意されない方はこちらへご連絡ください。
 名古屋市立大学医学部放射線医学教室 講師 竹内 充
 052-853-8276
 ncuradkenkyu@gmail.com


【研究課題名】3D系MRIシーケンスによる膀胱癌の画像診断【終了】
【研究責任者】放射線医学教室
【研究方法】観察研究、遡及的、多施設共同研究。
【意義・目的】
 膀胱癌の検出は現在、膀胱鏡検査が標準的な検査であるが、近年利用可能となった3D系のMRIシーケンスは約1mmの高空間分解能があり、従来検出困難であった小膀胱腫瘍も画像で同定可能である可能性があるため、3D系MRIシーケンスの膀胱腫瘍の検出能を調査する。
膀胱癌の治療方針の決定においてT病期(深達度)が重要である。私たちは、膀胱癌のT病期診断において拡散強調像の有用性を既に報告したが、拡散強調像を含む新しい3D系MRIシーケンスにより、さらに正確なT病期診断が可能かを調査する。
【方法】
本研究は遡及的検討である。平成18年6月1日から平成27年5月1日までに膀胱のMRIが撮像されている患者を対象とする。膀胱腫瘍の検出能については、膀胱鏡検査結果をゴールドスタンダードとして膀胱腫瘍の検出能について従来の2D系MRIシーケンスと新しい3D系シーケンスとの比較を行う。膀胱癌のT病期診断能については病理学的T病期をゴールドスタンダードとして従来の2D系MRIシーケンスと新しい3D系シーケンスとの比較を行う。
【研究成果の公開】
 腹部放射線研究会や日本医学放射線学会で報告を行う。
 英文雑誌へ投稿する。
【個人情報保護】
 患者さんの個人情報は外部への流出がないよう厳重に管理されます。研究成果の公開の際には個人情報は匿名化されますのでご安心ください。
【利益相反】なし
【お問い合わせ先】研究への参加に同意されない方はこちらへご連絡ください。
 名古屋市立大学医学部放射線医学教室 講師 竹内 充
 052-853-8276  ncuradkenkyu@gmail.com


【研究課題名】低線量CTウログラフィーの画質および被曝量の評価【終了】
【研究責任者】放射線医学教室 助教 竹内 充
【研究分担者】放射線医学教室 教授 芝本 雄太 (指導)
【研究方法】観察研究、遡及的。
【意義・目的】
 CTウログラフィーは尿路の形態、走行の把握、尿路腫瘍の検出に有用な検査である反面、患者被ばく量が高いことが問題となってきました。当院に昨年導入されたCTはステラ検出器、逐次近似再構成法などの新しい被ばく低減技術が搭載されており、これをCTウログラフィーに応用できる可能性があります。
【方法】
 既に新型CT検査でCTウログラフィー検査を受けられた患者さんを対象として、得られた画像の画質評価や実効被ばく量の評価を行います。
【研究成果の公開】
 日本医学放射線学会や北米放射線学会で報告を行う。
 英文雑誌へ投稿する。
【個人情報保護】
 患者さんの個人情報は外部への流出がないよう厳重に管理されます。研究成果の公開の際には個人情報は匿名化されますのでご安心ください。
【利益相反】なし
【お問い合わせ先】研究への参加に同意されない方はこちらへご連絡ください。
 名古屋市立大学医学部放射線医学教室 講師 竹内 充
 052-853-8276
 ncuradkenkyu@gmail.com


【研究課題名】乳癌に対する乳房温存術(乳房部分切除+放射線治療)後の残存乳房のデジタルマンモグラフィ所見の検討【終了】
【研究責任者】放射線医学教室
【研究方法】観察研究、遡及的。
【意義・目的】
乳癌に対する乳房温存術(乳房部分切除術+放射線治療)術後のデジタルマンモグラフィでは乳房温存術と放射線治療(以下BCS+RT)後の治癒過程の変化がおこる。この良性の変化は乳癌の局所再発と鑑別困難となることや局所再発を隠す場合がある。
【方法】
2004年1月?2015年4月に乳房部分切除、術後放射線治療を施行した症例のうち、2012年4月以降に当院にて経過観察の両側乳房MMGを施行した約1000例の遡及的観察研究を行い、術後の良性変化の発生率、再発乳癌検出率、経時的な評価の検討を行う。
【研究成果の公開】
日本乳癌学会、日本医学放射線学会、国際学会で発表する。
英文雑誌へ投稿する。
【個人情報保護】
患者さんの個人情報は外部への流出がないよう厳重に管理されます。研究成果の公開の際には個人情報は匿名化されますのでご安心ください。
【利益相反】なし
【お問い合わせ先】研究への参加に同意されない方はこちらへご連絡ください。
 名古屋市立大学医学部放射線医学教室 病院助教 浦野 みすぎ
 052-853-8276
koremicchannodakara@yahoo.co.jp


【研究課題名】骨シンチ画像での経過観察おけるVSBONEは有用か【終了】
【研究責任者】放射線医学教室
【研究方法】観察研究、遡及的。
【意義・目的】
 骨シンチグラフィは乳癌患者の全身の骨転移の経過観察に有用な検査である。しかし、複数回の骨シンチグラフィを比較する際に患者の姿勢の違いや画像制作者の画像調整の違いにより、正確に比較できず診断に苦慮する場合がある。これらの問題を是正するために制作された骨シンチグラフィ用診断支援ソフトVSBONE(骨シンチ画像経過観察viewer)は集積カウントの正規化、位置補正により従来の骨シンチグラフィより正確な比較読影ができ、適切な診断・治療効果判定できる可能性があり、経過観察おけるVSBONEの有用性を検討する。 【方法】
 本研究は遡及的な検討である。2004年1月から2015年8月までに骨シンチグラフィを2回以上施行した乳癌患者250人のうち、2回目以降の検査の前後1ヶ月でMRIを撮像し、骨病変を比較できうる患者50人の患者を対象とする。骨シンチグラフィが経時的に施行された乳癌患者で、骨転移の有無や変化を既存の骨シンチグラフィ画像群とVSBONEによる正規化画像群に対し盲検下で読影実験を行う。
【研究成果の公開】
 英文雑誌へ投稿する。
【個人情報保護】
 患者さんの個人情報は外部への流出がないよう厳重に管理されます。研究成果の公開の際には個人情報は匿名化されますのでご安心ください。
【利益相反】なし
【お問い合わせ先】研究への参加に同意されない方はこちらへご連絡ください。
 名古屋市立大学医学部放射線医学教室 病院助教 浦野 みすぎ
 052-853-8276
koremicchannodakara@yahoo.co.jp

このページのトップに戻る

NCU
Copyright c Department of Radiology, Nagoya City University. All Rights Reserved