名古屋市立大学病院 薬剤部 薬剤部特任助教募集

薬剤師の未来が、変わるかもしれない
  • 名古屋市立大学病院薬剤部
  • 名古屋市立大学病院薬剤部
  • 名古屋市立大学病院薬剤部
  • 名古屋市立大学病院薬剤部
  • 名古屋市立大学病院薬剤部
  • 名古屋市立大学病院薬剤部
  • 名古屋市立大学病院薬剤部

名古屋市立大学薬学部では、病院薬剤部での実務・教育・研究を通して、より高度な知識や臨床問題解決能力を持った薬剤師を実務家教員として養成するために、平成27年度より特任助教の制度を創設します。

採用日
平成27年4月1日以降、随時
※随時募集となりました。
試験日時
随時実施

採用に関するお知らせ

2015年3月10日
*採用について、随時募集となりました。
募集定員等を変更しました。
応募に関する詳細は「こちら」をご覧下さい。
2015年1月21日
願書締切日程、採用試験日程が決まりました。願書締切は平成27年1月23日(金)17時必着、採用試験日程は平成27年2月2日(月)となりました。応募に関する詳細は「こちら」をご覧下さい。
2014年12月24日
名古屋市立大学病院薬剤部 特任助教募集をします。平成27年度は10名程予定しています。採用試験、願書締切日程は近日中確定予定です。改めてホームページにてお知らせ致します。
2014年12月24日
「名古屋市立大学病院薬剤部 特任助教募集」ホームページ、開設しました。
募集概要
業務内容
*病院薬剤部にて、薬剤師としての基本的実務
*学生の実習指導や臨床研究・学会発表等の活動
任期
3年間(1回に限り更新可能とし、最長5年まで)
応募資格
薬剤師免許を有する者。
または採用年に薬剤師国家試験に合格見込みの者。
土曜日・日曜日・祝日勤務をできる方。
お問い合わせ
応募に関する手続き等の照会
名古屋市立大学病院 管理部事務課事務係 担当:加太、橋本
〒467-8602 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地
Tel:052-858-7109
http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/
業務内容等の照会
名古屋市立大学病院 薬剤部 担当:江崎
Tel:052-851-5511(内線3430)
E-mail:yakuzai@med.nagoya-cu.ac.jp
http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/pharmacy/

概要紹介概要紹介

特任助教の新設にあたって

木村和哲教授・薬剤部長

教授・薬剤部長
木村  和哲
Kazunori Kimura, Ph.D.

名古屋市立大学大学院医学研究科臨床薬剤学
名古屋市立大学大学院薬学研究科病院薬剤学
名古屋市立大学病院薬剤部

薬剤師の新たな可能性を共に築きましょう

このたび、大学および薬学部のご理解により特任助教制度の創設が実現しました。教育機関としての大学病院において、次世代の医療人の育成は重要な使命の一つであります。私たちは本制度を通して、高度な知識や臨床薬学的問題解決能力、薬学教育や研究などに対する深い理解を持った実務家教員としての能力を持つ薬剤師を養成することを目標としております。

ぜひ特任助教として私たちとともに大学病院での業務を体験し、臨床に精通した薬剤師に目指していただきたいと思います。多くの薬剤師の皆さんの応募をお待ちしています。

名古屋市立大学病院 薬剤部 スタッフ
<名古屋市立大学病院 薬剤部 スタッフ>

募集要項募集要項

趣旨

薬学部の臨床系教員の養成及び臨床研究の推進を目的として、薬学部に「特任助教」を配置するもの。
また、病院の臨床業務に就くことで病棟の薬物療法の質の向上を図るもの。

尚、特任助教として、薬学部及び医学部生などへの臨床教育や薬剤師の臨床業務を背景とした研究をおこなっていき、高度な知識、臨床薬学的解決能力、薬学教育や研究などに対する深い理解を持った実務家教員としての能力を持つ薬剤師を養成する。

内容

身分

特任助教(薬学部所属)

応募資格

薬剤師免許を有する者、または採用年に薬剤師国家試験に合格見込みの者
土曜日・日曜日・祝日勤務をできる方

採用日

平成27年4月1日以降、随時  ※各月1日採用

任期

3年間(1回に限り更新可能とし、最長5年まで)

試験日時

随時実施

試験内容等

筆記試験(小論文)及び面接

試験会場

名古屋市立大学病院(名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地)
※詳細については、受験票と共に郵送にて連絡します。

業務内容

  • 病院薬剤部にて、薬剤師としての基本的実務
  • 学生の実習指導
  • 臨床研究・学会発表等の活動

応募方法

事前に下記「書類提出先」へ連絡の上、次の書類を郵送してください。

  • 履歴書(写真貼付)
  • 研究業績目録(A4サイズ・様式自由)
    ※詳細は、「研究業績目録について」を参照ください。
  • 薬剤師免許証の写し(有資格者のみ。A4サイズに縮小)
  • 成績証明書(学部および大学院)
  • 推薦状(所属長又は卒業時の大学指導教員)
    (A4サイズ・様式自由、宛先:名古屋市立大学病院長)
  • 特任助教業務に対する抱負(A4用紙2枚程度)

※封筒には、「薬学部における特任助教応募書類在中」と朱書きしてください。

その他のご案内

公立大学法人職員としての採用です。
免許取得見込みの方が国家試験不合格の際には、本試験に合格した場合でも採用することができませんのでご了承ください。
その他、詳細はお問い合わせください。

書類提出先

〒467-8602
名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地
名古屋市立大学病院
管理部事務課事務係 担当:加太(かぶと)、橋本

業務内容について

前期(1年目)

薬剤部の基礎的な業務を行い、病院薬剤師としての基本的な知識、技能を修得する。また、薬学部5年次学生の長期実務実習や医学部5年次学生のBSL研修などの指導の補助を行うことで臨床における指導力を修得していく。さらに臨床業務を背景とした研究テーマを定め、学会発表・論文作成などの準備を行う。

後期(2年~3年目)

基礎的な業務に加え、がん化学療法(緩和医療を含む)、感染制御、糖尿病、栄養サポートなどの専門的なチームに参加し、薬剤師としてチーム医療の中で患者に貢献するために必要な知識・技能・態度を習得していく。

また、薬学部5年次学生の長期実務実習や医学部5年次学生のBSL研修、特任助教(前期)などの指導を行うことで、臨床における指導力の 一層の修得に努める。さらに臨床業務を背景とした研究テーマを定め、学会発表・論文作成を行う。

再任後(4~5年目)

後期の業務内容と原則として同じ。

お問い合わせお問い合わせ

応募に関する照会、その他お問い合わせはこちらまでご連絡下さい。

<応募に関する手続き等の照会>
問い合わせ先
名古屋市立大学病院 管理部事務課事務係 担当:加太(かぶと)、橋本
住所
〒467-8602 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地
TEL
052-858-7109(直通)※平日8時30分~17時00分(12時00分~13時00分は除く)
URL
http://w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp/
<業務内容等の照会>
問い合わせ先
名古屋市立大学病院 薬剤部 担当:江崎
TEL
052-851-5511(内線3430)
E-mail
yakuzai@med.nagoya-cu.ac.jp
URL
http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/pharmacy/
名古屋市立大学病院薬剤部名古屋市立大学病院薬剤部名古屋市立大学病院薬剤部