本文へスキップ

信頼できる、小児外科医・小児泌尿器科医・小児口腔外科医の集まりです 

プロフィールprofile

日本小児外科学会 東海北陸地方会は、小児外科医療に興味のある方たちに向け,学術的研鑚と診療技術向上および会員の親睦を図り,もって患者さんにも医療者にも安心・安全な医療を目指して活動しています。

組織・役員・事務局

役 職 氏 名 所 属
会長(幹事) 川原 央好 浜松医科大学病院 小児外科
副会長(幹事) 廣川 慎一郎 富山大学第二外科(小児外科)
前会長(幹事)  河野 美幸  金沢医科大学病院 小児外科
監 事 加藤 純爾 愛知県心身障害者コロニー中央病院 小児外科
 監 事 漆原 直人 静岡県立こども病院 小児外科
事務局(幹事) 近藤 知史 名古屋市立大学病院 小児外科

日本小児外科学会東海北陸地方会について

日本小児外科学会東海地方会と日本小児外科学会北陸地方会は,H27 (2015) 年12月に静岡で行われた合同学術集会において,満場一致をもって合併しました.新しい名称は,日本小児外科学会東海北陸地方会です.事務局は,名古屋市立大学病院小児外科内にあります.


日本小児外科学会東海北陸地方会 会則

第1章  総則
(名 称)
第 1 条 本会は、日本小児外科学会東海北陸地方会と称する。

第2章  目的および事業
(目 的)
第 2 条    本会は、東海北陸地区における小児外科の進歩、普及および会員の親睦を図ることを目的とする。
(事 業)
第 3 条   本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。また事業の円滑な運営のために事務局を設け、
      事務局施設の代表者を事務局長とする。
       (1) 毎年 1 回年次集会(評議員会を含む)を開催し、研究の発表を行う。
       (2) その他、前条の目的を達成するために懇談会等の必要な事業を行うことができる。

第3章  会員
(会員および名誉会員)
第 4 条   会員は、東海北陸地区で活動する医師および医学研究者であって、本会の目的に賛同し、この方面に
       興味を持つ者とする。
      2.名誉会員は、会長経験者など本会に多大の貢献があり、評議員会にて推薦・承認された者とする。
(会 費)
第 5 条   会員の年会費は、2,000 円とする。
      2.幹事・評議員の年会費は、諸経費を含み 5,000 円とする。
      3.名誉会員の年会費は、免除する。
(入 会)
第 6 条   本会に入会を希望する者は、所定の入会申込書を会長(事務局)に提出し、当該年度の会費を収める。
(退 会)
第 7 条   退会を希望する者は、退会届を会長(事務局)に提出する。その場合、既納の会費は、原則として返却
      しない。
      2.連続して2年間会費を納入しなかった者は、退会とする。

第4章  役員等
(役 員)
第 8 条   本会に、次の役員をおく。
      (1)会長 1名
      (2)副会長 1名
      (3)幹事 4名
      (4)監事 2名
(役員の選任)
第 9 条   会長、副会長は、評議員会において評議員の中より選任されるものとする。
      2.幹事は、前会長および現会長ならびに副会長と事務局長とする。
      3.監事は、評議員会において評議員の中より選任されるものとする。

(役員の職務)
第 10 条  会長は、すべての会務を統括し、本会を代表する。また、年1回の学術集会を開催する。
      2.副会長は会長を補佐し、万が一会長に事故ある場合は会長を代行する。
      3.幹事は幹事会を構成し、幹事会において本会の企画・立案を行い、本会の円滑な運営を計る。
      また、幹事会は必要な者を評議員会に参加させることができる。
      4.監事は、本会の会計を監査し、評議員会において報告する。

(役員の任期)
第 11 条  会長および副会長の任期は、学術集会の翌日から次の学術集会の終了日までの 1 年とする。
      2.会長には、学術集会の翌日に副会長が就任する。
      3.副会長には、学術集会の翌日に次々期会長候補者が就任する。次々期会長候補者は、評議員会に
      おいて評議員の中から選出される。
      4.幹事の任期は、3 年とする。また、事務局長の幹事としての任期は定めない。
      5.監事の任期は、1 期 4 年とし、連続する再任を認めない。任期中に 65 歳になる場合は、
      その年の総会終了日までとする。

(役員の報酬)
第 12 条  役員は、報酬を受け取ることはできない。
      2.役員には、その職務を執行するために要した費用を弁償することができる。

(評議員)
第 13 条   本会に評議員を置く。評議員となり得る者は、日本小児外科学会または本会の会員で、
       日本小児外科学会専門医または施設の診療科の代表者あるいはそれに準ずる者であり、
       1名以上の本会評議員の推薦を得た会員の中から、評議員会の議を経て選任され、会長が委嘱する。
       2.評議員は、評議員会に出席し評議・議決に参画する。なお、3回連続で連絡無く欠席した場合は、
       評議員の資格を失うものとする。
       3.評議員の任期は、2 年とし、再任を妨げないが、任期中に 65 歳になる場合は、その年の
       総会終了日までとする。

第5章  会議
(評議員会および総会ならびに幹事会)
第 14 条   評議員会は、年次集会の会期中に会長が召集する。
       2.評議員会は、評議員総数の過半数の出席をもって成立する。
       3.評議員会の議長は、会長とする。
       4.評議員会は、評議員をもって構成する。
       5.名誉会員は、評議員会に出席し、意見を述べることができるが議決権はないものとする。
       6.評議員会は、本会の運営に関わる重要な案件を審議する。
       7.評議員会の議事は、出席した評議員の過半数の賛成をもって決し,賛否同数のときは、
       議長の決するところによる。
       8.評議員会を以て本会の最高議決機関とする。
       9.幹事会は、学術集会に先だって開催される。諸事情によってはメール審議として行われる。
       10.総会は、学術集会の当日に会長が会務等の報告を行う。

第6章  会計
(会計)
第 15 条   本会の会計年度は、毎年 11 月 1 日から翌年 10 月 31 日までの 1 期とする。
       2.本会の経費は、会費および寄付金をもってこれにあてる。
       3.本会の収支決算は、会長が評議員会に報告し、承認を受けるものとする。

第7章  事務局
(事務局)
第 16 条   本会の事務局は、名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1名古屋市立大学病院小児外科に置く。
       2.事務局は本会の総務を担当する。また会長の意を受け、本会の維持および円滑な運営にあたる。

第8章  会則変更
(会則変更)
第 17 条   本会則は、評議員会において出席した評議員の過半数の議賛成をもって変更することができる。

(附則)
1.従来の日本小児外科学会東海地方会に属した会員、評議員、名誉会員は、本会で継承する。
2.従来の日本小児外科学会北陸地方会に属した会員、評議員、名誉会員は、本会で継承する。
3.本会則は、 昭和53年12月2日から施行する。
       昭和59年12月15日一部改訂
       平成 2年12月 8日一部改訂
       平成 6年12月10日一部改訂
       平成10年12月12日一部改訂
       平成16年12月12日一部改訂
       平成19年12月 9日一部改訂
       平成20年12月14日一部改訂
       平成23年12月 4日一部改訂
       平成24年12月 9日一部改訂
       平成25年12月 8日一部改訂
       平成26年12月 14日一部改訂
       平成27年12月 6日一部改訂
       平成29年12月 2日一部改訂