名古屋市立大学大学院 医学研究科 口腔外科学
Department of Maxillofacial Surgery,
Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
トップページ ご挨拶 教室の沿革 診療
研究・業績 関連病院・施設 入局希望の方へ  

ご挨拶
 
渋谷 恭之 教授

 私は横井基夫初代教授(現・名誉教授)を引継ぎ、2014年7月1日付で名古屋市立大学口腔外科学の教授(二代目)を拝命致しました。千葉市に生まれ神戸市で育ち、九州大学進学の際は福岡市で6年間を過ごしました。1989年に同大学を卒業後は神戸大学医学部の口腔外科学教室に入局し、1990年には兵庫県立成人病センター (現 兵庫県  がんセンター)で研修を行いました。1992年からは神戸大学大学院医学研究科に進学し、当時の第2解剖学教室の井出千束教授(現・京都大学名誉教授)の指導の下、末梢神経再生における接着因子カドヘリンに関する研究で博士(医学)の学位を取得しました。大学院修了後は神鋼加古川病院、および神戸大学病院に所属し、そのうちの5年間は神戸大学病院手術部の副部長としてその運営に携わりました。
 私の得意とする診療範囲は、口腔腫瘍、顎顔面インプラント、顎関節疾患や顎変形症など、いわゆる口腔外科領域が中心ですが、障害者に対する歯科診療や周術期の口腔衛生管理など、口腔外科以外の領域にも従事しています。従ってこれまでに、日本口腔外科学会・指導医、日本障害者歯科学会・認定医、顎顔面インプラント学会・指導医、 日本口腔腫瘍学会・口腔がん暫定指導医、日本がん治療認定医機構・暫定教育医の資格を取得し、またがん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会などを修了しております。
 研究面では、大学院時代の末梢神経再生に関する研究に加えて、インプラント(人工歯根)埋入の際に用いる骨補填材や人工骨に関する研究、顎骨切除後の咀嚼機能をガムやグミゼリーにて評価する研究、周術期における歯科的介入の研究、口腔前癌病変の治療薬開発に関する研究などを行っています。
 名古屋市立大学口腔外科は若い先生を中心とした活気のある教室です。このような雰囲気を保ちながら、口腔外科手術を主体とし、さらに多職種医療チームの一員として口腔衛生管理などの業務にも積極的に取り組んでまいりたいと存じます。今後も皆様方のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

名古屋市立大学大学院医学研究科 生体機能・構造医学専攻 感覚器・形成医学講座 口腔外科学分野

渋谷 恭之(しぶや やすゆき)


略歴;
1989年3月 九州大学歯学部 卒業
1989年6月 神戸大学医学部附属病院 歯科口腔外科 研修医
1990年6月 兵庫県立成人病センター(現兵庫県立がんセンター) 歯科口腔外科 医員
1992年4月~1996年3月 神戸大学大学院医学研究科 学位(医学博士)取得
1996年4月 神鋼加古川病院 歯科口腔外科 医長
2001年7月 神戸大学医学部附属病院 歯科口腔外科 助手
2002年5月 神戸大学医学部附属病院 手術部 副部長
2008年7月 神戸大学医学部附属病院 歯科口腔外科 講師
2011年7月 神戸大学大学院医学研究科 口腔外科学分野 准教授
2014年7月 名古屋市立大学大学院医学研究科 口腔外科学分野 教授
現在に至る


主な所属学会
日本口腔外科学会、日本口腔科学会、日本顎関節学会、日本障害者歯科学会、日本口腔腫瘍学会、日本顎顔面インプラント学会、日本顎変形症学会、日本顎顔面補綴学会、日本頭頸部癌学会

主な著書 
 日常の口腔外科はじめから 2004年(永末書店)古森孝英 編著、渋谷恭之 共著
 医療従事者のための口腔外科 2006年(永末書店)古森孝英 編著、渋谷恭之 共著
 開業医のための安全・確実な抜歯技術 その基礎と臨床 2010年(デンタルダイヤモンド社)古土井春吾 他 編著、渋谷恭之 共著
 歯科衛生士のための口腔外科学 2011年(永末書店)古森孝英 編著、渋谷恭之 共著
 こんな患者さんが歯科に来たときは?全身疾患・口腔外科疾患に対する診療マニュアル 2011年(第一歯科出版)古森孝英 編著、渋谷恭之 共著
 周術期口腔機能管理の基本がわかる本 -基礎知識から口腔管理の実際まで- 2013年(クインテッセンス)梅田正博 編著、渋谷恭之 共著
 新こんな患者さんが歯科に来たときは?全身疾患・口腔外科疾患に対する診療マニュアル  2014年(第一歯科出版)古森孝英 編著、渋谷恭之 共著