名古屋市立大学大学院医学研究科 産科婦人科|名古屋市立病院 産婦人科 〜不育症・習慣流産治療、出生前診断は全国で先駆けて行っております。〜

名古屋市立大学大学院 医学研究科 産科婦人科 スタッフ紹介

名古屋市立大学大学院 医学研究科 産科婦人科について

習慣流産・不育症、生殖内分泌(不妊)、遺伝、腫瘍の4グループがありますが、各グループが検体の共有、知識や技術の提供により協力しあっています。

診療内容は産科婦人科全般に及び、外来では、初診、一般再診、妊婦健診の他、特殊外来として不育症外来、生殖内分泌・不妊外来、腫瘍外来、羊水検査外来等を開設して診療体制を整え、それぞれの専門医が担当しています。特に不育症、出生前診断・胎児治療に関しては国内でも有数の施設であり、県内はもとより他県の施設からも紹介患者様が受診されます。

女性の寿命が延び、価値観も多様化している現代においては、個々のライフスタイルに合わせた管理・治療方針が求められます。当科では、患者様のさまざまなニーズに的確かつきめ細やかに応えるべく、他科との協力のもと大学病院としての特徴を活かした集学的医療を行うとともに、学会・研究会へも積極的に参加して新しい知識や技術を吸収しより高度で安全な医療の提供を心がけています。

スタッフ一同協力し、外来に掲げてあります基本方針の如く、女性の一生涯を通じた心身の健康をサポートできるよう日々頑張っております。

名古屋市立大学大学院 医学研究科 産科婦人科のスタッフ
私達が名古屋市立大学大学院 医学研究科 産科婦人科のスタッフです。

スタッフ紹介

【病院准教授】  荒川  敦志  先生
所属グループ 腫瘍グループ
専門分野 腫瘍
略歴 1961年  愛知県名古屋市生まれ。私立東海高校卒。
1987年  名古屋市立大学医学部卒。同大学産科婦人科入局。
1992年  同大学院修了。
1993年  同助手。
2000年  講師。
2007年  病院准教授。
所属学会・資格 日本産科婦人科学会(専門医)、日本婦人科腫瘍学会(専門医)、
日本癌治療学会、日本癌学会、医学博士

【准教授・医局長】  尾崎  康彦  先生
所属グループ 習慣流産・不育症グループ
専門分野 不育症、習慣流産、生殖免疫学
紹介コメント
    by HP担当
臨床、研究、教育全てに全力投球! 患者さんを第一に考え、優しく、温厚です。もちろん、みなから慕われています。医局を訪れる老若男女、両手を大きく広げて歓迎してくれます。そして、ここぞとばかりに放つユーモアあふれるトークは教室の明るさの秘訣です。あこがれの存在なのです。

【准教授・産科病棟医長】  鈴森  伸宏  先生
所属グループ 遺伝グループ
専門分野 出生前診断・臨床遺伝医学・周産期管理
所属学会 日本産科婦人科学会、日本人類遺伝学会、日本生殖医学会、
日本周産期・新生児医学会、日本癌学会
 臨床遺伝医療部ホームページへ

【講師・外来医長】  佐藤  剛  先生
所属グループ 生殖内分泌(不妊)グループ
専門分野 生殖内分泌、不妊症、周産期
資格 日本産科婦人科学会認定医、日本生殖医学会生殖医療指導医
コメント 産婦人科では、卵子・精子の受精という新しい命の成り立ちの瞬間から、胎児を含めた妊娠・分娩の管理、婦人科腫瘍での終末期医療に至るまで、女性の一生の生命に関わるさまざまな場面に遭遇します。即ち、生命について考えさせられることの多い、言い方を変えれば生命について考える機会を多く与えてもらえる、医師として非常にやり甲斐のある素晴らしい医学・医療の分野といえます。私自身もそのような環境の中で常に緊張感を持って仕事ができることに大きな喜び、充実感を感じています。私は主に生殖医療を専門としていますが、生命誕生の神秘に対する畏怖の念を常に忘れず、卵子・受精卵の美しさに見蕩れつつ、次世代を担う新しい命の誕生の一助となれるよう日々診療に従事しています。

【病院講師・婦人科病棟医長】  西川  博  先生
所属グループ 腫瘍グループ
専門分野 腫瘍
略歴 1967年  愛知県名古屋市生まれ。名古屋市立桜台高校卒。
1993年  名古屋市立大学医学部卒。同大学産科婦人科入局。
2002年  同助手。
2007年  病院講師。
所属学会・資格 日本産科婦人科学会(専門医)、日本婦人科腫瘍学会、
日本癌治療学会、日本癌学会、医学博士。

【講師】  片野  衣江  先生
所属グループ 習慣流産・不育症グループ
専門分野 習慣流産、不育症、生殖免疫学、周産期管理、婦人科内視鏡手術
所属学会 日本産科婦人科学会、日本生殖免疫学会、日本周産期新生児医学会、
日本産婦人科内視鏡学会
資格 医学博士、日本産科婦人科学会認定医
血液型 A型
性格 のんびり(でも実は心配性)
趣味 ダイエット(ときどき試合前減量ボクサーのようになる)
座右の銘 「健康は努力なくしては得られない」

【助教】  北折  珠央  先生
所属グループ 習慣流産・不育症グループ
専門分野 不育症・習慣流産・周産期管理
担当 妊婦健診、不育症外来、一般再診
コメント 新しい命を産みだすという素晴らしい生理現象をもつ女性ならではの喜びもあれば、それにまつわる不安、悩み、女性特有の病気もあります。私自身も一人の女性としてそれに共感し、女性の一生をサポートしていく産婦人科医という職業に誇りを感じながら日々過ごしています。

【助教】  熊谷  恭子  先生
担当 妊婦健診 一般再診
コメント 産科に憧れて医学部に入り、産婦人科医になりました。毎日楽しくお産と格闘しています。もちろん婦人科も興味深い分野で、産婦人科医として、とても充実した日々を過ごしています。少し疲れた時には、新生児室の赤ちゃんたちや、窓から遠く見える鈴鹿の山々に癒されています。

【助教】  西川  隆太郎  先生
所属グループ 腫瘍グループ
 自己紹介

平成15年に名古屋市立大学医学部を卒業後、実は3年間名古屋市立大学の麻酔科にいました。この3年間で、安全確実な麻酔を行うには、というリスクマネージメントや、ベースになる技術を学ばせて頂きました。狙っていた訳では全くありませんが、結果的にこの3年間は非常に現在の診療に役立っていると感じています。

麻酔科に3年間在籍させていただいた後、名古屋市立大学産科婦人科へ入局し、名古屋市立城北病院で1年間周産期を中心に学びました。その後名古屋市立大学大学院医学研究科へ進学致しました。大学院では専門を婦人科悪性腫瘍とし、主に卵巣癌における腫瘍マーカーに関する検討を行っていました。前半のサボりが災いしかなり苦労は致しましたが、この大学院における経験で、自分の中には絶対にない!と思っていたリサーチマインド、研究に対する興味が励起されました。現在は大学院を卒業致しまして、平成24年4月より名古屋市立大学産科婦人科助教を拝命し日々頑張っております。

私は学生時代から自分で言うのもなんですが不真面目でありまして、ぐうたらな性格でありますが、現在は本医局において、診療、リサーチ、そして医学教育の3本柱をいかに充実してゆくかを考えながら日々過ごしております。特に医学教育という大学における職務においては、学生の皆さんにできるだけ産婦人科への興味を持っていただけるようにと、指導を心がけています。そして産婦人科が素晴らしい科であるという事を伝えるためには、自分自身が楽しく、生き生きと精力的に日々の仕事をこなしてゆくことが大事であると、そう思っています。

杉浦教授という、日本唯一の女性産婦人科教授(とってもフランクなお方です)のもと、名古屋市立大学産科婦人科の一員として精進していきたいと思っていますので宜しくお願い申し上げます。

ちなみに趣味はゴルフ(90がなかなか切れない)、クラシック(聴くのが専門)、グルメ(美味しいところ大好きです)、サッカー(体力的に無理があります)、ランニング(必要に迫られて行っています)、Facebook(せっせとアップしています)、などなど。仕事も趣味も精一杯やっていきたいです。


【助教】  後藤  志信  先生
所属グループ 習慣流産・不育症グループ
専門 周産期学、産科婦人科学全般
 担当 妊婦健診

【臨床研究医】  出原  麻里  先生
専門 産科婦人科全般、不妊症
 担当 妊婦健診、不妊症外来

【臨床研究医】  松川  泰  先生
専門 産科婦人科全般、不妊症
 担当 妊婦健診、不妊症外来

【臨床研究医】  竹下  奬  先生
専門 産科婦人科全般、腫瘍
 担当  

【臨床研究医】  橋本 恵理子  先生
専門 周産期学、産科婦人科学全般
 担当 妊婦健診

【臨床研究医】  倉兼  さとみ  先生
専門 産科婦人科学全般
 担当 妊婦健診

【臨床研究医】  間瀬  聖子  先生
専門 産科婦人科学全般
 担当 妊婦健診

【臨床研究医】  大林  勇輝  先生
専門 産科婦人科学全般
 担当 妊婦健診

【臨床研究医】  澤田  祐季  先生
専門 産科婦人科学全般、不妊症
 担当 妊婦健診

【後期研修医】  森  亮介  先生
専門 産科婦人科学全般
 担当 妊婦健診

【臨床検査技師】  齋藤 知恵子  さん
 コメント 不妊治療のお手伝いをしています。大学病院で治療して良かったなぁと思って頂けるよう日々努力しています。

 大瀬戸 久美子  さん
所属グループ 遺伝グループ

【医局秘書】  小嶋 妙子  さん、北村 美幸  さん
 コメント よろしくお願い申し上げます。
ページのトップへ

【名市大産科婦人科 専門分野】習慣流産・不育症・生殖免疫学・出生前診断・臨床遺伝学・周産期管理・生殖内分泌・不妊症・代謝・中高年・周産期管理・腫瘍