名古屋市立大学大学院医学研究科 産科婦人科|名古屋市立病院 産婦人科 〜不育症・習慣流産治療、出生前診断は全国で先駆けて行っております。〜

名古屋市立大学臨床遺伝医療部のご案内

臨床遺伝医療部について

臨床遺伝医療部は、平成24年5月現在、4名の臨床遺伝専門医、1名の認定遺伝カウンセラー、スタッフが診療を担当しています。

当院、名古屋市立西部医療センター、名古屋市児童福祉センター、愛知県コロニー中央病院など主に産婦人科医および小児科医により構成されており、学会や研究会、セミナーにも積極的に参加しています。

遺伝カウンセリングは、妊娠前遺伝カウンセリング、出生前遺伝カウンセリング、小児期遺伝カウンセリング、家族性腫瘍カウンセリングなど幅広い分野で診療をしています。

相談内容としては、お子さんに遺伝性の疾患が診断された場合の詳しい説明や次子のリスクについて、出生前診断の可否や先天異常について、家族に重篤な疾患や遺伝性疾患がある場合のご本人やその家族についての相談などがあります。

カウンセリングの後、必要に応じて遺伝子検査や染色体検査などの対象となる方もありますが、検査の適応にならないこともありますので、予めご了承下さい。

名古屋市立大学臨床遺伝医療部のスタッフ
名古屋市立大学臨床遺伝医療部のスタッフ

名古屋市立大学臨床遺伝医療部のスタッフ

関連先リンク

ページのトップへ

【名市大産科婦人科 専門分野】習慣流産・不育症・生殖免疫学・出生前診断・臨床遺伝学・周産期管理・生殖内分泌・不妊症・代謝・中高年・周産期管理・腫瘍