名古屋市立大学大学院医学研究科 産科婦人科|名古屋市立病院 産婦人科 〜不育症・習慣流産治療、出生前診断は全国で先駆けて行っております。〜

豆柴ダイヤル-名古屋市立大学病院 不育症専門電話窓口-

名古屋市立大学病院 不育症専門電話窓口「豆柴ダイヤル」のご案内

〜名古屋市立大学病院に不育症専門電話窓口「豆柴ダイヤル」が開設されました〜

妊娠後に流産や死産を繰り返す不育症についての正しい知識の普及と不育症で悩む方の不安を解消するために、先進的、専門的研究を行っている名古屋市立大学病院内に設置するに至りました。

1.相談可能曜日 時間

毎週  火曜:12時〜15時
           金曜:8時30分〜11時30分

※ 祝日および年末年始(12/29-1/3)は除きます

2.専用電話番号

相談窓口電話番号 052−851−4874

3.相談従事者

不育症の専門知識を有するカウンセラー(臨床心理士、助産師)

4.ご案内

2回以上連続する流産、死産があれば不育症と診断されます。名古屋市立大学による実態調査によれば、妊娠したことのある女性の38%が流産を経験しており、流産を繰り返す不育症も20人に1人の割合で発症しています。

豆柴ダイヤルは名古屋市不育症専門電話相談窓口の愛称です。豆柴は通常の柴犬より小型な犬のことです。犬は安産の象徴であり、厚生労働省の不育症啓発ポスターにも豆柴の写真が掲載されています。 

ページのトップへ

【名市大産科婦人科 専門分野】習慣流産・不育症・生殖免疫学・出生前診断・臨床遺伝学・周産期管理・生殖内分泌・不妊症・代謝・中高年・周産期管理・腫瘍