名古屋市立大学大学院医学研究科 産科婦人科|名古屋市立病院 産婦人科 〜不育症・習慣流産治療、出生前診断は全国で先駆けて行っております。〜

研究グループ:遺伝グループ

遺伝グループについて

我々の研究グループは、染色体はもとより遺伝子解析などの研究技術を利用して、産科婦人科学領域の臨床研究を進めています。

胎児異常、子宮内胎児発育遅延、不育症、不妊症、子宮内膜症、卵巣腫瘍などについて分子遺伝学的に生化学講座、病理学講座、他施設と共同して研究しています。

 羊水検査や絨毛検査による出生前診断や、超音波検査、MRIやCTによる胎児異常の画像診断も行っています。また、遺伝カウンセリング、情報提供と自律的決断支援にも携わっています。

スタッフ

  • 鈴森伸宏
  • 熊谷恭子
  • 大林伸太郎
  • 水谷栄太
  • 林裕子
  • 大瀬戸久美子

対象患者

  • 遺伝性疾患
  • 先天異常

主な検査

  • 羊水検査
  • 絨毛検査
  • 画像診断(超音波検査、MRI)

【連絡先メールアドレス】
      og.n.suz@med.nagoya-cu.ac.jp(鈴森伸宏)
      (@マークは全角です。メール送信時は半角に修正してください。)

ページのトップへ

【名市大産科婦人科 専門分野】習慣流産・不育症・生殖免疫学・出生前診断・臨床遺伝学・周産期管理・生殖内分泌・不妊症・代謝・中高年・周産期管理・腫瘍