名古屋市立大学大学院医学研究科 産科婦人科|名古屋市立病院 産婦人科 〜不育症・習慣流産治療、出生前診断は全国で先駆けて行っております。〜

「シニアレジデント体験記」〜産科婦人科医を目指す方へ先輩からのメッセージ〜

シニアレジデント体験記     Vol.002

産婦人科レジデントとしての日々・・・

産婦人科の良いところは、
    生命の誕生「出産」にかかわることができる。
    ご家族とともにスタッフとともに、心から喜ぶことができる。
    もちろん、それと同時に大きな責任感も必要とする。
    「婦人科疾患」に対し考え、治療に取り組むことができる。
    手術、抗がん治療、最新治療と多岐にわたる。
    大学病院ではさまざまな治療や研究に触れることが可能である。
以上、多くの魅力があります。

臨床を通じて名古屋のために、研究を通して世界のために、何かお役にたてることがあれば、本当に良いなと考えております。

名古屋市立大学産婦人科医局

とにかくみんな明るいです。

産婦人科各分野エキスパートの先生がいらっしゃるので、何でも教えていただけます。どんどん見学にきて、見て学んでいってください。一緒に勉強しましょう。

大学病院で働くメリット、やりがい。

緊急症例に対し、NICU、ICU、麻酔科の先生方としっかり連携をとり症例に取り組むことができる。症例に対し、筋道立てて考え、合同カンファレンスで症例提示をする、かかわる全ての科がどのようにとらえているかをご教示いただくことで、方針を決めていく。大学病院のカンファは本当に規模が大きいです。そして大学では研究ができる!!生化学教室で研究もしています。コッヘルをピペットに持ちかえます。

産婦人科を考えている研修医の先生、学部生の方、ぜひ名古屋市立大学産婦人科に足をお運びください。

[掲載日:2009年6月17日]

ページのトップへ

【名市大産科婦人科 専門分野】習慣流産・不育症・生殖免疫学・出生前診断・臨床遺伝学・周産期管理・生殖内分泌・不妊症・代謝・中高年・周産期管理・腫瘍