名古屋市立大学大学院医学研究科 産科婦人科|名古屋市立病院 産婦人科 〜不育症・習慣流産治療、出生前診断は全国で先駆けて行っております。〜

名古屋市立大学大学院 医学研究科 産科婦人科 「母として医師として」〜産科婦人科医を目指す方へ先輩からのメッセージ〜

[産婦人科医を目指す方へ:TOPへ]

産婦人科は女性医師が多く活躍する場です。

母でもあり、医師でもある当科の女性医師に、仕事と育児の両立について、経験から感じた事、両立する事のやりがいをレポートいただきました。

母として医師として

私が産婦人科を選んだのは・・・

もしも産婦人科以外の科を選びなおせるとしたら?もうちょっと楽な科がいいなあ、当直も少なくて・・・でもやっぱりまた産婦人科を選んでしまうと思います。

学問的にも臨床的にもとても魅力的な科であることは入局当時も今も変わらず、またそう感じることができるという点で幸せだと思います。女性であることを生かせること、また外科的側面も内科的側面もあり、何より人の誕生は他の科にはないおめでたい瞬間であることなどが志望の理由でした。

実際に仕事をはじめて

実際仕事してみると腹腔鏡手術が婦人科でもよい適応となるため研修に行ったり、悪性腫瘍に対し化学療法が他の臓器より著効して患者さんが元気になったり、不妊症の方が無事妊娠にいたり一緒に喜んだりと初め興味を持った周産期医療以外にもいろいろ興味深くやりがいをもてました。それに加え大学院にすすみ研究にも携わり、国内はもちろん海外でも発表する機会を得ることもできました。忙しいにもかかわらず産婦人科の先輩方は趣味にも手を抜かず冬にはスキーツアー、仕事帰りにテニス、秋にはゴルフコンペ、さらにスキューバダイビングにも誘ってくれるのです。初めの5年位はただひたすら突き走って過ごしてきました。6年目に結婚した後、当時の医局長に期間限定でといわれ赴任した病院では週に1回平日当直と9時から5時まで勤務が可能という恵まれた環境だったのでいわゆる「仕事と家庭の両立」のスタートとしては順調でした。その数年後周産期医療を中心に産婦人科をやっていきたいという希望が叶い、地域周産期センターに指定されている名古屋市の市民病院に配属されました。

仕事と子育ての両立

仕事内容以外の重要なメリットとしてここには院内に保育所があり、2人のお子さんを持つ先輩女性医師がいらっしゃいます。その年に息子を出産し、産休に加えて育休も少々いただきました。生後1ヶ月半で夜中は起きなくなってくれましたが、当直の夜は夫が授乳をし、お風呂に入れ朝には院内保育所に送ってきてくれました。私は当直の日こそ早々と寝て、運悪く夜中起こされてもまたすぐ寝て、翌日久々に我が子に会うと感動の再会!仕事と育児も大変だけど、一日中家事と育児というのも大変だろうなーと世間のお母さん達を尊敬しつつ、職場の先生方の理解、夫と近くにいる母にも多大なる協力をもらえたからこそやってこれたと思います。不安になったり悩んだりする時もありましたが、すでに子育てしながら誰よりも働く先輩女性医師や同じ保育所のママ友、すなわち看護婦さん達にいろいろ教えてもらえて気が楽になりました。部長先生には、オペが長引いたり緊急オペの時など先に帰らせてもらったりといろいろ気を使ってもらっています。

産婦人科医を目指すあなたへ

どの科を選んでも「仕事と育児を両立」なんて簡単じゃないと思います。

産婦人科においては特に医師不足と過酷な勤務が世間で注目されています。愛知県の20代30代の産婦人科医は約60%が女性医師なので最近「女性医師の就労を支援する委員会」が立ち上げられ、今まで以上に女性医師が働きやすい環境が他科に先んじて作られていくと期待できます。時短勤務やワークシェアリング、当直の免除や軽減、24時間体制の院内保育所の設置、休業後の復帰に対する支援などが提案されています。女性に限らずこれからの産婦人科は勤務環境と待遇の改善が図られる(たとえお産を扱う施設が今以上減ろうとも)はずです。

産婦人科に興味さえあればぜひ!

かわいい我が子も仕事も思い切り愛しましょう。

[掲載日:2008年3月6日]


我が家の王子さまです。
ページのトップへ

【名市大産科婦人科 専門分野】習慣流産・不育症・生殖免疫学・出生前診断・臨床遺伝学・周産期管理・生殖内分泌・不妊症・代謝・中高年・周産期管理・腫瘍