専門医研修のご案内

専門医研修コースプログラム

名古屋市立大学医学部 脳神経外科専門医研修プログラムの概要です。
各メニューをクリックして、詳細をご覧ください。

1.診療科(部)の概要
特色、指導体制、特色とする医療の治療成績、研究会・サークルについて。
2.研修目標
コース名とGIO、ユニット構成、取得できる資格について。
3.研修プログラム
年次計画表、専門研修施設、院外研修、学会活動、研修評価の方法、修了認定について。
4.大学院との関係
 
5.研修修了後の進路
研修終了後の進路や、留学先のご紹介。

 診療科(部)の概要

特色

脳神経外科では、主に脳血管障害(脳卒中)、脳腫瘍、頭部外傷、中枢神経系の先天異常・炎症性疾患・機能的疾患、脊髄・脊椎疾患などの診断と外科治療を行っています。一般市中病院では脳卒中、外傷などを対象とすることが多く、救急医療の中で中心的な役割を担っています。意識障害を伴った重症患者さんが多く、神経系のみでなく全身管理を行うための幅広い見識が必要で、脳神経外科を専攻することにより、種々の救急処置、輸液・栄養管理、呼吸循環管理、重症感染症の管理、高血圧・糖尿病など慢性疾患の管理、など医師としての総合的な能力を身につけることができます。

指導体制
 1)診療科部長
間瀬 光人  (教授)
 2)責任指導医
間瀬 光人  (教授)
 3)診療科副部長
相原 徳孝  (准教授)
 4)スタッフ
片野 広之  (准教授)
 5)スタッフ
谷川 元紀  (講師)
 6)スタッフ
岡 雄一   (講師)
 7)スタッフ
大蔵 篤彦  (医局長、助教)
 8)スタッフ
坂田 知宏  (助教)
9)スタッフ
青山 公紀  (助教)
10)スタッフ
西川 祐介  (助教)
11)スタッフ
山田 紘史  (助教)
12)スタッフ
柴田 帝式  (病院助教)
特色とする医療の治療成績
1.脳血管障害
伝統的に虚血性脳血管障害の外科治療(特に頸動脈狭窄症)においては症例も豊富でこの地区の中心的センターとなっている。
脳血管内手術症例も豊富で、脳動脈瘤、頸動脈狭窄症に対しては、症例に応じて直達手術または血管内手術いずれの方法も対応が可能である。
神経内科と共同で脳卒中センターを運営している。
2.脳腫瘍
聴神経腫瘍の手術においては耳鼻咽喉科との連携により聴力温存を重視した手術を行っている。
内視鏡を使用したより低侵襲な経咽喉鼻下垂体手術を行っている。
手術ナビゲーションシステム、覚醒手術により安全かつ最大限の摘出を目的としたグリオーマ手術を行なっている。
3. 頭部外傷
重症頭部外傷に対して、麻酔科との連携により各種モニタリングや脳低温療法を行なっている。
4.機能的疾患
パーキンソン病をはじめとした各種不随意運動症の治療として神経内科と連携して深部脳刺激療法(DBS)を行っている。
5.脊椎脊髄疾患
脊椎脊髄疾患に対し診断・術前計画に3Dワークステーションを利用し、手術顕微鏡を用いた手術治療を行っている。
研究会・サークルについて
  1. 入院患者症例検討会(週1回)
  2. 手術症例検討会(週1回)
  3. 英語での術後症例検討会(週1回)
  4. 神経内科との合同カンファレンス・回診(週1回)
  5. 英文雑誌抄読会(週1回)
  6. 専門医試験勉強会(週1回)
  7. 入退院患者カンファレンス(週1回)
  8. 関連施設合同M&Mカンファレンス(年1回)
  9. 脳出血管内治療ハンズオンセミナー(年1回)
  10. 関連施設研究会(年1回)

ページの先頭へ

 研修目標

コース名とGIO
1.コース名
名古屋市立大学病院脳神経外科 専門医研修コース
2. GIO
脳神経外科専門医研修プログラムにおける最大の目標は、脳神経外科医として診療に必要な知識、技能、態度を身につけ脳神経外科専門医資格を取得することである。
ユニット構成
1. ユニット1: 基本的事項
ユニットのGIO:以下の事項につき、適切に検査・処置を行い、診療に参加する。
SBO 1:
入院患者管理
(病歴の聴取、神経学的検査、救急患者の診察、検査、治療の修得、確定診断および鑑別診断)
SBO 2:
術前、術後の管理
(術前検査の分析、薬剤投与の指示、体位変換の指示、安静度の指示、輸液管理、合併症の管理(高血圧、糖尿病、心肺疾患等)
SBO 3:
退院時要約
(外来通院までの計画作成および説明、紹介病院への回答)
SBO 4:
神経放射線学的検査
(頭蓋、脊椎単純写、CT、MR、SPECT、PET、脳血管撮影、神経超音波検査)
SBO 5:
神経生理学的検査(脳波、誘発電位、頭蓋内圧測定 など)
SBO 6:
神経精神学的検査(知能検査など)
SBO 7:
神経内分泌学的検査(内分泌負荷テスト、内分泌補充療法)
2. ユニット2: 基本的手技
ユニットのGIO:以下の手技につき、適切に実施できる。
SBO 1:
剃毛および消竃法
SBO 2:
無菌操作
SBO 3:
糸結びおよび糸切り
SBO 4:
縫合および抜糸
SBO 5:
中心静脈穿刺およびカテーテル挿入
SBO 6:
局所麻酔法
SBO 7:
手術体位および頭部固定
SBO 8:
脳室穿刺およびドレナージ術
SBO 9:
穿頭術
SBO 10:
開頭術
SBO 11:
脳室腹腔シヤント術
SBO 12:
陥没骨折整復術
SBO 13:
頭蓋形成術
SBO 14:
慢性硬膜下血腫手術
SBO 15:
CTガイド下定位的血腫吸引術
SBO 16:
手術用顕微鏡の操作法
SBO 17:
マイクロサージェリーの基本
SBO 18:
血管内手術の基本
SBO 19:
局所血栓溶解術
取得できる資格
  1. 日本脳神経外科学会専門医
  2. 日本脳神経血管内治療学会専門医
  3. 日本脊髄外科学会認定医
  4. 日本脳卒中学会専門医

ページの先頭へ

 研修プログラム

  1. 原則的に3年次より大学院に所属して研修を行う。
  2. 専門医研修は、症例数の豊富な専門研修施設を中心としたローテーションを行う。これにより4年間で専門医試験に合格するに足る臨床経験を積むとともに学位取得のための臨床研究を行う。
  3. 研修中は院外研修での収入も含めて生活するために十分な給与を保証する。
年次計画表
年次計画表
卒後 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
3年次 名古屋市立大学病院または研修施設での脳神経外科研修
4年次 名古屋市立大学病院または研修施設での脳神経外科研修
5年次 名古屋市立大学病院または研修施設での脳神経外科研修
6年次 名古屋市立大学病院または研修施設での脳神経外科研修
専門研修施設
専門研修基幹施設
名古屋市立大学病院
専門研修連携施設
名古屋市立東部医療センター、豊川市民病院、蒲郡市民病院、中東遠総合医療センター、
知多厚生病院、大隈病院、名鉄病院
専門研修関連施設
浜松赤十字病院、稲沢厚生病院、善常会リハビリテーション病院、名古屋市立緑市民病院、
中日病院検診センター、ヨナハ総合病院、済衆館病院、公立福生病院、菰野厚生病院、
いなべ総合病院、足助病院、名古屋市立西部医療センター
週間スケジュール(名古屋市立大学病院)
週間スケジュール
 
午前 抄読会
手術
病棟診療
血管内手術
手術 病棟診療
血管内手術
症例検討会
手術
午後 手術 血管内手術 手術
症例検討会
専門医勉強会
病棟診療
血管内手術
手術
院外研修

名古屋市立大学病院での研修中は週に1~2日の関連施設での外来診療、手術応援など

学会活動・論文発表

研修期間中に、脳神経外科中部地方会、各種研究会での症例発表を必ず行う。日本脳神経外科学会など各種全国学会、国際学会での発表も奨励する(発表に対しては金銭的援助あり)。

筆頭著者として論文執筆を行う。

研修評価の方法、修了認定

研修期間中に専門医試験受験に必要な十分な臨床経験を積み、日本脳神経外科学会専門医認定試験に合格することで研修終了と認定される。

ページの先頭へ

 大学院との関係

希望者は3年次より大学院に所属して研修を行う。

ページの先頭へ

 研修修了後の進路

  1. 研修終了後の進路としては、大学病院でさらにsubspecialityの研鑽を積む、一般市中病院に脳神経外科スタッフとして赴任する、留学など各人の希望を考慮する。
  2. これまでの留学実績は、ロンドン大学神経学研究所、セントルイス大学、NY Mt.Sinai病院、ペンシルベニア大学、シカゴ大学、国立循環器病センターなど。

名古屋市立大学 大学院 医学研究科 神経機能回復学 脳神経外科学 〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1 名古屋市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 TEL:052-853-8286 FAX:052-851-5541 連絡先E-mail:ncunoge@med.nagoya-cu.ac.jp

Copyright © Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences,Medical School All Rights Reserved.