専門医研修のご案内

名古屋市立大学・関連病院 脳神経外科 研修の強み

名古屋市立大学・関連病院での 研修の強み についての紹介です。

さあ、このような強みを持つ名古屋市立大学と関連病院での専門研修を考えてみませんか。

1. 充実した設備が整っています

※リンク[診療を支える設備・機器へ]

名古屋市立大学病院中央手術部には徹底したノイズ対策が施された生体信号を鋭敏にとらえられるシールドルームが1室備えられています。ナビゲーションシステム2システム、MRI定位装置レクセルフレーム1基、ハイブリッド手術室が1室、CT定位装置駒井式フレーム1基、手術顕微鏡2基、神経内視鏡システム2基、各種神経モニタリング装置(3種類)が手術室に備わっています。

名古屋市立大学病院中央放射線部には診断用CT検査装置3基、MRI検査装置(3T 3基、1.5T 1基を備えています。高精細な画像で2方向同時撮影が可能な血管造影検査装置を備えています。

2. 最新の電子カルテシステムを導入

名古屋市立大学病院には全国に先駆けて導入、開発・改良を重ねた高機能PACSビューワーつき電子カルテシステムが救急外来、手術室、脳神経外科外来に隅々まで多数備えられています。

関連病院にも備えられています。充実した設備に支えられた高度な手術治療について学ぶことができます。

3. 聴神経腫瘍の手術治療が多く行われています

名古屋市立大学病院では耳鼻咽喉科と合同で行われる聴神経腫瘍の手術が多く行われています。モニタリングを駆使し神経を温存する聴神経腫瘍の顕微鏡を用いた手術治療について学ぶことができます。

4. 覚醒下脳腫瘍摘出術を行うことができます

名古屋市立大学病院では日本で限られた施設でしかできない覚醒下脳腫瘍摘出術を行うことができます。脳機能を他職種と協力して手術中に確認しながら、摘出をすすめる高度な手術について学ぶことができます。

5.パーキンソン病の手術治療を行っています

名古屋市立大学病院では日本でもまだ数少ない、パーキンソン病に対する手術治療が行われ、遠方から治療を受けに患者さんがお越しになります。パーキンソン病に対するドパストンテスト、脳深部刺激装置埋め込み術、刺激装置交換術について学ぶことができます。

6. 多くの脳血管内治療学会指導医・専門医の指導を受けられる

名古屋市立大学脳神経外科、専門研修連携病院群には日本脳神経血管内治療学会指導医・専門医が多数在籍しており、カテーテル検査手技、治療手技について学ぶチャンスに多く接することができます。脳血管造影検査では血管の正常と異常な解剖構造について学べます。旧来からの外科手術治療のみならず、血管内治療手技の治療選択枝について学ぶことができます。

7.手術手技講習会が1年に2回開催されます

脳血管内治療を学ぶIVRハンズオン(実技講習会)が一年に一回開催されます。
名古屋市立大学病院・関連病院の先輩医師(日本脳神経血管内治療学会専門医)による基礎知識から最新のエビデンスの知識まで講義を受け、若手医師もエキスパートの医師も各社の血管内治療デバイスに触れて、使い方を実習できる生涯教育の場となっています。
また顕微鏡を用いた縫合実習棟の基本的な手術手技を習得できるサマーセミナーが1年に1回開催されます。医学部5年生から初期研修医、専攻医が熱心な指導医から指導を受けられる人気セミナーになっています。

※リンク:フォトトピックス「研修の風景」

8. 電子カルテを活用し、医療安全意識が高い

名古屋市立大学病院では医療安全管理室による講演会と欠席者には電子カルテ端末上でe-learningによる自己学習が定期的に行われ、多職種の間でインシデントレポート、アクシデントレポートが多数、提出されており、医療安全を向上する取り組みを学ぶことができます。

9. 研修施設が自然豊かな環境に立地し、地域医療に貢献できる

自然豊かな東海三県に立地する研修施設では患者さん1人1人と真摯に向き合い、最善の治療を行います。地域医療に貢献し、上司・若手医師は交代で休みをとります。職務の合間にはオンオフのメリハリをつけ、リフレッシュすることができます。オフには豊かな自然と味覚に接することができます。

10. 緩和ケア研修会の開催

癌拠点病院(名古屋市立大学病院、名古屋市立西部医療センター)で緩和ケア研修会が定期的に開催されており、緩和ケアについて学ぶことができます。

11. 名古屋市立大学・関連病院の脳神経外科では様々なこと、手術について学べます
専門研修で学べること、手技
  • 神経所見のとり方カテーテル検査手技
  • マタステスト
  • ドパストンテスト
  • 脳血管内治療手技
  • 患者・家族との接し方
  • 救急対応
  • 局所麻酔法
  • 全身管理
  • 地域医療
  • リハビリテーション
  • 神経画像診断
  • 症例呈示
  • 学会発表
  • 保存的療法
  • 病棟管理

専門研修で学べる手術
  • 血栓内膜剥離術
  • 開頭脳動脈瘤頚部クリッピング術
  • 浅側頭動脈-中大脳動脈バイパス術
  • High-flowバイパス術
  • 穿頭血腫洗浄術
  • 穿頭脳室ドレナージ術
  • 開頭血腫除去術
  • 定位的脳内血腫除去術
  • 内視鏡下血腫除去術
  • 減圧開頭術
  • 髄液漏閉鎖術
  • 頭蓋骨形成術
  • 脳膿瘍排膿術
  • 脳生検術
  • 内視鏡下脳生検術
  • 内視鏡下第三脳室底開窓術
  • 頭蓋内腫瘍摘出術
  • 広範囲頭蓋底腫瘍切除・再建術
  • 経鼻的下垂体腫瘍摘出術
  • 脳室腹腔シャント術
  • 腰椎腹腔シャント術
  • 椎弓切除術
  • 椎弓形成術
  • 脊髄腫瘍摘出術
  • 椎間板摘出術
  • 脊椎前方固定術
  • 脊髄動静脈奇形遮断術
  • 脊髄硬膜動静脈瘻遮断術
  • 大後頭孔減圧術
  • 脳刺激装置植込術
  • 脳刺激装置交換術
  • 脳動静脈奇形摘出術
  • 脊髄髄膜瘤修復術
  • 脊椎披裂手術
  • 頭蓋内微小血管検減圧術
  • 脊髄刺激装置植込術
  • 重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用埋込型ポンプ設置術
  • 経皮的脳血管形成術
  • 経皮的ステント留置術
  • 脳動脈瘤塞栓術
  • ステントアシスト脳動脈瘤塞栓術
  • 脳動静脈奇形塞栓術
  • 経静脈的塞栓術
  • 経動脈的塞栓術
  • 腫瘍血管塞栓術
  • 経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術
  • 経皮経管的脳血栓回収術
  • 頭蓋内動脈ステント留置術
  • その他

名古屋市立大学 大学院 医学研究科 神経機能回復学 脳神経外科学 〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1 名古屋市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 TEL:052-853-8286 FAX:052-851-5541 連絡先E-mail:ncunoge@med.nagoya-cu.ac.jp

Copyright © Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences,Medical School All Rights Reserved.