診療案内

診療の特徴

主な疾患とその治療法

脳血管障害
頚動脈狭窄症

一過性脳虚血発作(TIA)や脳梗塞の原因となります。最近患者さんが増加しています。無症状で見つかる方も増えています。治療は病状に併せて、ステント治療(カテーテル手術)、内膜剥離術(切開手術)、内科的治療(抗血小板剤)、経過観察を使い分けています。この地区の中心的センターとしての役割を果たしています。セカンドオピニオンにも積極的に対応しています。

[>>「脳神経外科学会HP 脳神経外科疾患情報ページ:頸部頸動脈狭窄症」]

破裂脳動脈瘤(くも膜下出血)

救急脳神経疾患の代表的なものです。突然の頭痛、嘔吐、意識障害などで発症します。治療にはクリッピング(開頭手術)とコイル塞栓術(カテーテル手術)があり、病状にあわせて選択しています。救急部と協力して治療に当たっています。

未破裂脳動脈瘤

MRA検査で偶然見つかる脳動脈瘤が増加しています。CT血管撮影(CTA)による確定診断を行い、大きさ、部位、形状を考慮して、今後のリスクを詳しく説明しています。さらに患者さんの希望を十分聞いて、経過観察するか、手術(カテーテル手術、クリッピング手術)すべきかを、患者さんとともに選択しています。

[>>「未破裂脳動脈瘤詳細」詳細へ]

もやもや病

原因不明ですが、内頚動脈が次第に閉塞する病気です。若いときは脳虚血をきたし、中年になると脳出血を起こします。治療は頭皮の血管を脳表につなぐバイパス手術(STA-MCA吻合術)が行われます。これまで厚生労働省の研究班に参加したり、ランダム化比較試験に参加し、多くの患者さんの治療に当たってきました。

[>>「脳神経外科学会HP 脳神経外科疾患情報ページ:もやもや病」]

脳血管閉塞による脳梗塞

内頚動脈や中大脳動脈が閉塞して、脳虚血発作を起こします。治療はもやもや病と同じバイパス手術が再発予防に行われます。やはり厚生労働省の研究班に参加したり、ランダム化比較試験に参加して、多くの患者さんの治療に当たってきました。

[>>「脳神経外科学会HP 脳神経外科疾患情報ページ:脳梗塞」]

脳腫瘍
聴神経腫瘍

耳鳴り、難聴があり、MRI検査で発見される場合が大部分です。耳鼻いんこう科と協力しながら、病状に応じて、経過観察か手術か、判断しています。手術は小さいものは中頭蓋窩法で、大きなものは後頭蓋窩法で行います。脳神経外科医と耳鼻いんこう科医が協同して、手術を行っています。また臨床工学技士が聴力機能をモニターしながら、多くの患者さんの治療を行っています。

神経膠腫手術

脳内に拡がる脳腫瘍で、摘出範囲の決定と、術後の後療法が重要となります。覚醒下手術で脳機能をモニターして摘出範囲を決定し、手術ナビゲーションにより正確な摘出手術を行っています。

下垂体腫瘍

視力障害、ホルモン異常で発見されます。鼻孔から内視鏡を挿入し、ナビゲーション装置を併用して、安全で正確な内視鏡手術を行っています。

機能的脳神経外科手術
パーキンソン病

体のこわばり、手足の震えを主な症状とし、生活機能低下をきたします。神経内科での薬物治療が行われますが、薬が効いている時間が短くなったり、副作用がひどいときに手術を行います。現在は両側の視床下核に電極を挿入して電気刺激する治療法が中心です。

不随意運動症

本態性振戦、ジストニアなど患者さんの機能障害を起こす病気です。パーキンソン病と同様に深部電極刺激術が有効で、治療を行っています。

三叉神経痛

突然上あごや下あごに強い痛みが起こる病気で、薬による治療痛みが制御できない場合に手術を考慮します。

顔面痙攣

片側の顔面が不随意に収縮する病気で、ボトックス局所注射が行われますが、根治を希望する場合、手術を考慮します。

三叉神経痛、顔面痙攣とも耳の後ろに小開頭を行い、脳内の血管が三叉神経や顔面神経に当たっている部分を除圧して治療します。

脊髄脊椎疾患

脊椎脊髄疾患に対し診断・術前計画に3Dワークステーションを利用し、手術顕微鏡を用いた手術治療を行います。

  • 脊椎変性疾患、靱帯骨化症に対して外科治療を行います。
    [詳細を見る]
  • 脊髄腫瘍に対し外科治療を行います。
    [詳細を見る]
  • 脊髄血管奇形に対し外科治療を行います。
    [詳細を見る]
  • 脊髄空洞症、キアリ奇形に対し外科治療を行います。
    [詳細を見る]
  • 重症痙性麻痺に対しバクロフェン髄注療法を行います。
    [詳細を見る]

[「脊椎脊髄疾患」の詳細を見る]

小児脳神経外科、その他
小児脳神経外科

新生児、小児の脳神経外科的疾患にも専門医を配置し、最適で最善の治療を心がけています。とくに新生児奇形の修復、水頭症性疾患への神経内視鏡治療などを行っています。

脳脊髄液漏出症

起立性頭痛を主訴とする疾患群です。診断と治療に実績を持ち、厚生労働省の研究班に参加し、診断法の確立に努力しています。治療法のブラッドパッチ療法は先進医療として施行しております。

名古屋市立大学 大学院 医学研究科 神経機能回復学 脳神経外科学 〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1 名古屋市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 TEL:052-853-8286 FAX:052-851-5541 連絡先E-mail:ncunoge@med.nagoya-cu.ac.jp

Copyright © Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences,Medical School All Rights Reserved.