診療案内

受診案内

脳神経外科では脳・脊髄疾患を対象に、手術を中心とする方法で、患者さんを治療しています。患者さんの希望を十分に聞いた上で、できるだけ低侵襲な方法で機能改善を図ることを診療科のモットーとしています。専門分野を脳血管障害、脳腫瘍、機能的脳脊髄疾患の3つ分け、それぞれの担当医が的確な診断と治療に心がけています。

診療科の特色

当科で行っている診療の特徴です。

1.脳血管障害
  • 虚血性脳血管障害の外科治療(特に頸動脈狭窄症)においては症例も豊富でこの地区の中心的センターとなっています。
  • 脳動脈瘤(くも膜下出血)に対しては、症例に応じて直達手術(クリッピング術)または血管内手術(コイル塞栓術)いずれの方法も対応が可能です。
  • 急性期脳塞栓症には積極的に局所血栓溶解療法を行い良好な成績を挙げています。
2.脳腫瘍
  • 手術ナビゲーションシステムを使用し、より正確・安全な手術を行います。
  • 聴神経腫瘍の手術においては耳鼻科との連携により聴力温存を重視した手術を行います。
  • 内視鏡を使用したより低侵襲な下垂体手術を行います。
  • 麻酔科と連携しながら、覚醒下手術を行います。
3.頭部外傷
  • 重症頭部外傷に対して、麻酔科との連携により脳低温療法を行います。
4.機能的疾患
5.脊椎脊髄疾患
  • 脊椎脊髄疾患に対し診断・術前計画に3Dワークステーションを利用し、手術顕微鏡を用いた手術治療を行います。
  • 重症痙性麻痺に対しバクロフェン髄注療法を行います。

[「脊椎脊髄疾患」の詳細を見る]

診療・治療に対する心がけ

  • スタッフ全員で一つ一つの症例を検討し、最善と思われる治療を提供します。
  • 緊急性が問われる疾患にも、24時間迅速に対応します。
  • 患者さん、ご家族の方に対して、誠実で十分な説明を行います。
  • 低侵襲でより安全な医療を心がけます。

外来受診案内

当科の診療案内です。

【診療受付時間】 午前8時30分~午前11時 (※診療開始時間:午前9時)
*火曜特殊外来:午前
*月・木曜特殊外来:午後
※担当表は病院ホームページ[外来担当者一覧]よりご覧ください

名古屋市立大学 大学院 医学研究科 神経機能回復学 脳神経外科学 〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1 名古屋市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 TEL:052-853-8286 FAX:052-851-5541 連絡先E-mail:ncunoge@med.nagoya-cu.ac.jp

Copyright © Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences,Medical School All Rights Reserved.