研究活動

2012年 業績集

論文

  1. Yamanaka T, Ishii F, Umemura A, Miyata M, Horiba M, Oka Y, Yamada K, Okita K, Matsukawa N, Ojika K: Temporary deterioration of executive function after subthalamic deep brain stimulation in Parkinson's disease. Clin Neurol Neurosurg 114:347-351, 2012
  2. Yamada S, Sato F, Xia H, Takino H, Kominato S, Ri M, Ishida T, Iida S, Inagaki H, Yamada K: Forkhead box P1 overexpression and its clinicopathological significance in peripheral T-cell lymphoma, not otherwise epecified. Hum Pathol 42:1322-1327, 2012
  3. 山田和雄、峰松一夫、岡田芳和、坂井信幸、伊苅裕二:頚動脈治療の新たな展開(座談会). 脳と循環17:11-20、2012
  4. 田村 晃、山田和雄:Special interview 脳神経外科医の向学心、探求心-厳しさとユーモアと-(対談).脳神経外科速報22:856-866、2012
  5. 山田和雄、野崎和彦:私の手術論No,60 脳神経外科の道-好奇心を持って究めよ-(対談).脳神経外科速報236-245,2013
  6. 山田和雄:文献検索からみた世界の老年脳神経外科の現状.Geriatric Neurosurg 24:3-6, 2012
  7. 山田和雄、大蔵篤彦:脊椎・脊髄疾患、末梢神経の外科、p313-339,三木 保(編集)チャート脳神経外科第4版、医学評論社、東京、2011
  8. 生塩之敬、種子田護、山田和雄:ニュースタンダード脳神経外科第3版、三輪書店、東京、2013
  9. 山田和雄、片野広之、間瀬光人:手術の実際と工夫、壁縫合・止血、p166-171、遠藤俊郎、永田泉(編集)頚動脈内膜剥離術プラクティス、メディカ出版、大阪、2013
  10. Demura K, Mase M, Miyati T, Osawa T, Hattori M, Kasai H, Hara M, Shibamoto Y, Yamada K: Chaneges of fractional anisotropy and apparent diffusion coefficient in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus. Acta Neurochir Suppl.113: 29-32, 2012
  11. Osawa T, Mase M, Miyati T, Kan H, Demura K, Kasai H, Hara M, Shibamoto Y, Yamada K. Delta-ADC (apparent diffusion coefficient) analysis in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus. Acta Neurochir Suppl.114: 197-200, 2012
  12. 山田和雄,間瀬光人,真砂敦夫:2診断・検査 8鎖骨下盗血症候群.(脳卒中診療,こんなときどうするQ & A 第2版.棚橋紀夫,北川泰久編著,中外医学社,東京,2012)
  13. 間瀬光人,片野広之,西川祐介,山田和雄:無症候性頸動脈狭窄症に対する最新治療.脳神経外科速報22: 916-923, 2012
  14. Takashi Hatta, Kazuhito Yoshizaki, Yasuhiro Ito, Mitsuhito Mase, Hidehiro Kabasawa: Reliability and validity of the digit cancellation test, A brief screen of attention. Psychologia 55:246-256, 2012
  15. Katano H, Matsuo S, Yamada K. Disproportionately large, communicating fourth ventricle resulting from adjustable valve shunt in an infant. Acta Neurol Belg 112:91-93, 2012
  16. Katano H, Mase M, Sakurai K, Miyachi S, Yamada K. Revaluation of collateral pathways as escape routes from hyperemia/hyperperfusion following surgical treatment for carotid stenosis. Acta Neurochir (Wien) 154: 2139-2149, 2012
  17. Katano H, Mase M, Nishikawa Y, Yamada K. Surgical treatment for carotid stenosis with highly calcified plaques. J Stroke Cerebrovasc Dis DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2012.11.019. [Epub ahead of print]
  18. Katano H, Yamada K, Ohno M. Favorable effect of physical activity on IMT is offset by smoking. Cerebrovasc Dis 34 (suppl 1): 128, 2012
  19. 片野広之. ガイドラインレビュー. 頭蓋外頸動脈および椎骨動脈疾患管理ガイドライン:エグゼクティブ サマリー. 脳と循環 17: 269-274, 2012
  20. 片野広之、間瀬光人、西川祐介、山田和雄. 頚動脈狭窄症術後過還流からのescape routeとしての術前側副血行路評価. 脳循環代謝 24:195, 2012
  21. 後藤志信、鈴森伸宏、浅野恵理子、水谷栄太、小林良幸、大林伸太郎、熊谷恭子、北折珠央、片野広之、杉浦真弓. 胎児二分脊椎の検討.東海産科婦人科学会雑誌 47:189-196, 2012
  22. 片野広之、間瀬光人、山田和雄. 最近のCEA/CASの治療成績. 頸動脈内膜剥離術プラクティス. 遠藤俊郎編.メディカ出版, pp266-271, 2012
  23. Sakurai K, Nishio M, Yamada K, Shimohira M, Ozawa Y, Matsukawa N, Oguri T, Ueki Y, Tohyama J, Yamawaki T, Shibamoto Y.  Comparison of the radioisotope cisternography findings of spontaneous intracranial hypotension and iatrogenic cerebrospinal fluid leakage focusing on chronological changes.  Cephalalgia. 32(15):1131-9, 2012
  24. 西尾実、山田和雄 ブラッドパッチ療法 Clinical Neuroscience 中外医学社2012 Vol.30 No.4 409-411 
  25. 西尾実 低髄液圧症候群 今日の治療指針2013 医学書院 東京 2013 825-826
  26. Nishikawa Y, Satow T, Takagi T, Murao K, Miyamoto S, Iihara K. Efficacy and Safety of Single versus Dual Antiplatelet Therapy for Coiling of Unruptured Aneurysms.  J Stroke Cerebrovasc Dis. 2012 Mar 20. [Epub ahead of print]
  27. Kobayashi S, Sakurai K, Tanikawa M, Nishikawa Y, Matsukawa N, Okita K, Fujiyoshi Y, Shibamoto Y. A case of central nervous system lymphoma manifesting as multiple patchy white matter lesions with a past history of tonsil lymphoma.  Kurume Med J. 2012;59(1-2):33-8.
  28. 西川 祐介 脳卒中レジデントマニュアル第2班 中外医学社 峰松一夫監修 「頸動脈ステント留置術」p.194-6
  29. Kominato S, Nakayama T, Sato F, Yamada S, Xia H, Fujiyoshi Y, Hattori H, Inagaki H. Characterization of chromosomal aberrations in thymic MALT lymphoma. Pathol Int. 2012 Feb;62(2):93-8
  30. Ebi M, Shimura T, Yamada S, Hirata Y, Tsukamoto H, Okamoto Y, Mizoshita T, Tanida S, Kataoka H, Kamiya T, Inagaki H, Joh T. A patient with gastric adenosquamous carcinoma with intraperitoneal free cancer cells who remained recurrence-free with postoperative S-1 chemotherapy. Internal Medicine .2012;51(22):3125-29

学会発表

  1. 山田和雄:無症候性頚動脈狭窄症-治療の現状-、Stroke Management Forum in Chiba, 2012年2月3日、千葉
  2. 山田和雄:わが国における無症候性頚動脈狭窄症の現状調査(CASTER研究の中間報告より)、第42回日本脳卒中の外科学会シンポジウム、2012年4月28日、福岡
  3. 山田和雄:地域連携とチーム医療を中心とした脳卒中急性期治療、名古屋市東部医療学術講演会、2012年5月26日、名古屋
  4. 山田和雄、間瀬光人、出村光一朗、大沢知士:改善しうる認知障害・歩行障害-特発性正常圧水頭症について-、ウエルフェア2012健康大学講演会、2012年5月27日、名古屋
  5. 山田和雄:頚動脈治療の変遷-30年間の経験より-、第11回日本頚部脳血管治療学会会長講演、2012年6月1日、名古屋
  6. 山田和雄:名古屋市立病院群を例とした地域医療の再構築、第6回地域医療と健康生活を守るためのシンポジウム、2012年7月1日、あま市
  7. 山田和雄:CAS時代にCEAが必要な症例は?、第13回禁忌脳神経血管内治療学会(特別講演)、2012年9月8日、西宮
  8. 山田和雄、間瀬光人、片野広之、山田健太郎:無症候性頚動脈狭窄症の治療選択-CASTER研究の中間報告より-(シンポジウム)、脳神経外科学会総会、2012年10月17日、大阪
  9. 山田和雄:頚動脈狭窄症-最近の話題-、第10回奈良脳卒中サロン、2012年10月27日、大阪
  10. 山田和雄:脳卒中の原因として注目されている頚動脈狭窄症、偕行会講演会、2012年11月11日、名古屋
  11. 山田和雄:頚動脈狭窄症の外科治療-CEAとCaster中間報告第2回山田和雄の使い分け-、第24回弘前脳疾患臨床セミナー、2012年11月16日、弘前
  12. 間瀬光人,深川和利,日比野新,長野友里,阿部順子,小川鉄男,飯田昭彦,山田和雄,蒲澤秀洋:脳外傷後高次脳機能障害のPET所見・社会的行動障害の重症度との関係.第35回日本脳神経外傷学会(シンポジウム),平成24年3月10日(東京)
  13. 間瀬光人:脳梗塞の急性期治療.興和創薬社内講演会,平成24年3月5日(名古屋)
  14. 間瀬光人,谷川元紀,坂田知宏,岩田卓士,相原徳孝,西尾 実,中村善久,山田和雄:経鼻内視鏡下頭蓋底形成における"Gascket-seal" watertight closureが有用であった頭蓋咽頭腫の1例.第18回中部神経内視鏡勉強会.平成24年4月21日(岐阜)
  15. 間瀬光人,西川祐介,相原徳孝,片野広之,山田和雄:高齢者のCASについての検討.第41回脳卒中の外科学会.平成24年4月28日(福岡)
  16. 間瀬光人:CEAとCASのエビデンス:今後の課題.第32回日本脳神経外科コングレス総会(プレナリーセッション),平成24年5月13日(横浜)
  17. Mase M, Nishikasa Y, Aihara N, Watanabe K, Nakatsuka M, Yamada K: Endovascular stent placement for the treatment of carotid blowout syndrome / Report of long-term follow up case. 10th Meeting of Asian Australasian Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology (AAFITN 2012)(posster), 2012/6/15, Nagoya (Japan)
  18. Mase M, Aihara N, Nishikasa Y, Ohno T, Hyuga T, Yamada K: Safety approach to the cavernous sinus in the absence of inferior petrosal sinus; usefulness of retrograde venography (Pocket-Flash method). 10th Meeting of Asian Australasian Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology (AAFITN 2012)(oral), 2012/6/15, Nagoya (Japan)
  19. 間瀬光人:MRIによる頭蓋内water dynamicsの検討.第4回名古屋iNPHセミナー.講演.平成24年7月21日(名古屋)
  20. 間瀬光人(member of Study Group of Cerebrospinal Fluid: SGCSF):髄液ターンオーバーに関する仮説と問題点.第5回京都髄液フォーラム2012(pre-HC2012 Kyoto).平成24年8月5日(京都)
  21. 間瀬光人,相原徳孝,西川祐介,山田和雄:頭蓋内圧亢進を伴うdAVF症例の検討.第2回ホタルイカ.カンファレンス.平成24年8月18日(富山)
  22. 間瀬光人:脳梗塞急性期治療の最近のトピックスと二次予防のエビデンス,第16回飯塚脳卒中座談会(特別講演).平成24年10月3日(福岡)
  23. 間瀬光人,鳥飼 武司,大野貴之,西川祐介,片野広之,櫻井 圭太,佐々木 繁,山田和雄:バルーン閉塞試験に基づく内頚動脈遮断および血行再建法の選択プロトコール.日本脳神経外科学会第71回学術総会.平成24年10月18日(大阪)
  24. Mase M, Yamada S, Inagaki T, Miyajima M, Nishiyama K, Hayashi Y, Kida S, Members of Study Group of Cerebrospinal Fluid (SGCSF): A new concept of the cerebrospinal fluid physiology. The 4th Meeting of International Society for Hydrocephalus and Cerebrospinal Fluid Disorders (Hydrocephalus 2012)(poster). 2012/10/20(Kyoto)
  25. Mase M, Osawa T, MIiyati T, Ohno N, 2 Demura K, Kasai H, Hara M, Shibamoto Y, Yamada K: Changes of the regional apparent diffusion coefficient of the brain during the cardiac cycle in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus. The 4th Meeting of International Society for Hydrocephalus and Cerebrospinal Fluid Disorders (Hydrocephalus 2012)(oral). 2012/10/22 (Kyoto)
  26. 間瀬光人:脳室内コース・切開操作.平成24年度第2回日本神経内視鏡学会講習会,平成24年11月1日(東京)
  27. 間瀬光人,谷川元紀,坂田知宏,岩田卓士,相原徳孝,西尾 実,中村善久,山田和雄:経鼻内視鏡下頭蓋底形成における"Gascket-seal" watertight closureの有用性.第19回日本神経内視鏡学会.平成24年11月2日(東京)
  28. 間瀬光人,鳥飼 武司,大野貴之,西川祐介,片野広之,櫻井 圭太,佐々木 繁,山田和雄:バルーン閉塞試験に基づく内頚動脈血行再建法の選択プロトコール.第24回日本脳循環代謝学会総会.平成24年11月9日(広島)
  29. 間瀬光人,大沢知士,宮地利明,菅 博人,出村光一朗,笠井治昌,山田和雄:特発性水頭症における大脳白質心拍同期ADCの変化.第5回日本水頭症脳脊髄液学会(シンポジウム).平成24年11月11日(東京)
  30. 間瀬光人,西川祐介,相原徳孝,片野広之,山田和雄:高齢者のCASの治療成績.第28回日本脳神経血管内治療学会総会.平成24年11月15日(仙台)
  31. 間瀬光人,西川祐介,相原徳孝,日向崇教,渡辺賢一,山田和雄:Carotid Blowout Syndromeに対するステント治療の1例・その後.第40回西関東NeuroIVRセミナー,平成24年12月1日(大宮)
  32. 間瀬光人,山田健太郎,片野広之,山田和雄:CASTER研究報告,頸動脈狭窄の最前線,平成24年12月8日(大阪)
  33. 片野広之、西川祐介、間瀬光人、山田和雄. 頸動脈内膜剥離術(CEA)時のRoutine Shunting. 第41回日本脳卒中の外科学会 2012年4月26-28日 福岡
  34. Katano H, Yamada K, Ohno M. Favorable effect of physical activity on IMT is offset by smoking. Asia Pacific Stroke Conference 2012. 2012.9.10-12 Tokyo
  35. 片野広之、西川祐介、間瀬光人、山田和雄. プラーク石灰化分類による頚部頚動脈狭窄症治療選択. 第71回日本脳神経外科学会総会2012年10月19日 大阪
  36. 片野広之、間瀬光人、櫻井圭太、宮地重徳、山田和雄. 頚動脈狭窄症術後過還流からのescape routeとしての術前側副血行路評価. 第24回日本脳循環代謝学会総会 2012年11月9日 広島
  37. 相原徳孝、坂田知宏、谷川元紀、山田和雄、竹村景史、村上信五 聴神経腫瘍手術時の聴性脳幹反応の至適パラメーターとその限界 第71回日本脳神経外科学会総会 平成24年10月18日 大阪
  38. 相原徳孝、坂田知宏、谷川元紀、山田和雄、竹村景史、村上信五 聴神経腫瘍手術時の聴性脳幹反応のwarning signalとその限界 第17回日本脳腫瘍の外科学会 平成24年9月8日 横浜
  39. 相原徳孝、山田和雄、竹村景史、村上信五 聴神経腫瘍手術の術後有用聴力に対する聴性脳幹反応(ABR)上の"warning signal"の検討 第24回 日本頭蓋底外科学会 平成24年7月12日 東京
  40. 相原徳孝、山田和雄、竹村景史、村上信五 聴神経以外の神経症状を有する聴神経腫瘍では、高齢でも手術適応を考慮すべき 第21回 日本聴神経腫瘍研究会 平成24年6月9日 東京
  41. Noritaka Aihara, MD, PhD, Shingo Murakami*, MD, PhD, Keiji Takemura*, MD, PhD, Kazuo Yamada, MD, PhD Warning sign of hearing preservation determined by intra-, pre- and postoperative auditory brainstem response in acoustic neuroma with Gardner-Robertson Class II hearing 6th International Congress of the World Federation of Skull Base Societies  May 17, 2012 Brighton UK
  42. 相原徳孝、山田和雄、竹村景史、村上信五 聴神経腫瘍手術におけるABRのwarning signの検討 第28回東海頭蓋底外科研究会 平成24年3月3日 名古屋
  43. M Nishio, M Mase, K Sakurai, Y Shibamoto, K Yamada: Usefulness of radionuclide cisternography for detecting cerebrospinal fluid leakage in patients with orthostatic headache. The Fourth Meeting of the International Society for Hydrocephalus and Cerebrospinal Fluid Disorders (Hydrocephalus 2012 Kyoto) 2012.10.19-22 Kyoto
  44. M Nishio , M Nishio, K Sakurai, Y Shibamoto , K Yamada: The usefulness of radionuclide cisternography for detecting cerebrospinal fluid leakage and the effect of epidural blood patch for the patients with orthostatic headache. The 25th Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine (EANM2012) 2012.10.27-31 Milan
  45. 西尾実、櫻井圭太、大沢知士、間瀬光人、山田和雄:タップテストにおける穿刺後髄液漏と機能改善との関係について 第10回脳脊髄液減少症研究会 H24.3.31-4.1 神戸
  46. 西尾実、山田和雄:脳脊髄液減少症の現状と展望 第42回日本ペインクリニック学会関西支部学術集会 H24.5.12 大阪
  47. 西尾実、櫻井圭太、大沢知士、間瀬光人、山田和雄:脳脊髄液漏出症に対する脳槽シンチグラフィーの結果を診断根拠としたブラッドパッチ療法の治療成績と今後の治療方針について 第71回日本脳神経外科学会総会H24.10.17-19 大阪
  48. 西尾実、櫻井圭太、間瀬光人、山田和雄:脳脊髄液漏出症に対するブラッドパッチ療法の治療成績と診断基準の方向性について 第14回名古屋脳神経外科領域痛みの研究会 H25.2.2 名古屋
  49. 西尾 実, 櫻井 圭太, 間瀬 光人, 山田 和雄:脳脊髄液漏出症に対するブラッドパッチ療法の治療成績と診断基準の方向性について 第11回脳脊髄液減少症研究会 H25.3.23-3.24 東京
  50. 大蔵篤彦、片野広之、山田紘史、坂田知宏、山田和雄:キアリ第一奇形手術一年後に再発がみられた一症例 第6回 ニューロスパイナルセミナー 2012.1.28 松山
  51. 大蔵篤彦、片野広之、山田紘史、坂田知宏、山田和雄:再手術したキアリ第一奇形の一症例 第20回札幌脊髄集談会 2012.2.4 札幌
  52. 大蔵篤彦、坂田知宏、西川祐介、山田和雄:気動式ドリルに既存機器を用いて水かけ機構を追加した試み 第48回中部脊髄外科ワークショップ 2012.3.24 名古屋
  53. 大蔵篤彦、片野広之、山田紘史、坂田知宏、山田和雄:大後頭孔減圧術一年後に脊髄空洞が再発したキアリ第一奇形の一症例 第27回日本脊髄外科学会 2012.6.21 浦安
  54. 大蔵篤彦 、岡雄一 、山田紘史 、岩田卓士、山田和雄:3次元頚椎模型から硬膜模型を作成した試み 第49回中部脊髄外科ワークショップ 2012.9.29 名古屋
  55. 大蔵篤彦、西川祐介、坂田知宏、岡雄一、山田和雄:内視鏡レンズ洗浄装置Endo-Scrub 2 pumpによる気道式ドリルへの冷却洗浄機構追加 第71回日本脳神経外科学会総会 2012.10.17 大阪
  56. 岡雄一、梅村淳、山田和雄:多発性硬化症における振戦に対する脳深部刺激術 第51回日本定位・機能神経外科学会 2012.1.21 東京
  57. 岡雄一、梅村淳、山田和雄:振戦に対するPSA-DBS 第6回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2012.10.12 京都
  58. 岡雄一、梅村淳、山田和雄:振戦に対するPSA-DBSの効果 日本脳神経外科学会第71回学術集会 2012.10.17 大阪
  59. 青山公紀 機能性頭痛の治療-急性期治療及び予防治療について- 桜山脳神経外科フォーラム 2012.9.21 名古屋
  60. 青山公紀 難治性頭痛に対するプレガバリンの使用 日本脳神経外科学会第71回学術総会 2012.10.17-19 大阪
  61. 西川祐介 間瀬光人 大沢知士 相原徳孝 山田和雄 Carotid blowout syndromeに対するステント治療の1例 第43回近畿脳神経血管内手術法ワークショップ 2012.1.7 鳥羽
  62. 西川祐介 血管内治療に関係があるevidenceのまとめ~2012~ 名市大血管内hands onセミナー 2012.1.29
  63. 西川祐介 間瀬光人 岩田卓士 大沢知士 大野貴之 相原徳孝 山田和雄 A new strategy for the treatment of thrombosed vertebral aneurysm 第41回脳卒中の外科学会 2012.4.28 福岡
  64. 西川祐介 Efficacy and safety of single versus dual antiplatelet therapy for coiling of unruptured aneurysms 川澄インタラクション 2012.5.19 名古屋
  65. Nishikawa Y. Mase M. Ohsawa T. Aihara N. Yamada K. Long term follow-up intradural saccular aneurysms treated by GDC AAFITN 2012.6.15 名古屋
  66. 西川祐介 間瀬光人 大沢知士 坂田知宏 大野貴之 相原徳孝 片野広之 山田和雄 内頚動脈(C1/C2)破裂解離性動脈瘤の一例 Endovascular & Bypass Case Conference 2012.7.6 名古屋
  67. 吉田智子 匂坂尚史 小栗卓也 植木美乃 松川則之 西川祐介 大沢知士 山田健太郎 大野貴之 緊急STA-MCAバイパス術にて良好な転帰を得た右内頸動脈閉塞症の一例 神経内科中部地方会 2012.7
  68. 西川祐介 間瀬光人 大沢知士 相原徳孝 山田和雄 ターゲットコイルの「しっぽ」が切れてしまった時のリカバリーショット実践編 第3.8回中部血管内治療懇話会 2012.8.4 岐阜
  69. 西川祐介 間瀬光人 山田和雄 Highflow bypassのgraftを介して血栓溶解を行った一例 第13回舞連カンファレンス 2012.8.13 徳島
  70. 西川祐介 間瀬光人 大沢知士 大野貴之 日向崇教 岡雄一 大蔵篤彦 相原徳孝 山田和雄 Hybrid NeurosurgeonはSAHの予後を改善させることができるか? 脳神経外科学会総会 2012.10.18 大阪
  71. 西川祐介 間瀬光人 相原徳孝 片野広之 山田和雄 当院におけるStaged angioplastyの治療成績とpit fall 日本脳神経血管内治療学会総会 2012.11.14 仙台
  72. 山田勢至、夏洪晶、佐藤文彦、滝野寿、藤吉行雄、服部日出雄、稲垣宏:成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)におけるFOXP1遺伝子発現の臨床病理学的意義 第101回日本病理学会総会 2012.4.28 東京
  73. 山田勢至、夏洪晶、佐藤文彦、滝野寿、藤吉行雄、服部日出雄、稲垣宏:成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)におけるFOXP1遺伝子発現とその意義の検討 第52回日本リンパ網内系学会総会 2012.6.16 福島
  74. 山田勢至、佐藤文彦、藤吉行雄、服部日出雄、稲垣 宏、吉田眞理:Neuromyelitis optica spectrum disorderの一例 第70回日本病理学会中部支部交見会 2012.12.15 名古屋(学術奨励賞受賞)
  75. 岩田卓士 谷川元紀 坂田知宏 西川祐介 青山公紀 大沢知士 岡 雄一 大蔵篤彦 西尾 実 片野広之 相原徳孝 梅村 淳 間瀬光人 山田和雄 再発時に異所性病変を認めた頭蓋咽頭腫の1例 第82回日本脳神経外科学会中部支部会 2012年4月21日 岐阜
  76. 岩田卓士 西川祐介 山田紘史 青山公紀 坂田知宏 岡 雄一 大蔵篤彦 西尾 実 谷川元紀 片野広之 相原徳孝 間瀬光人 山田和雄 重複中大脳動脈に合併した脳動脈瘤の1例 第83回日本脳神経外科学会中部支部会 2012年9月15日 愛知

名古屋市立大学 大学院 医学研究科 神経機能回復学 脳神経外科学 〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1 名古屋市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 TEL:052-853-8286 FAX:052-851-5541 連絡先E-mail:ncunoge@med.nagoya-cu.ac.jp

Copyright © Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences,Medical School All Rights Reserved.