研究活動

2011年 業績集

論文

  1. 菊田健一郎、山田和雄:私の手術論No. 50;脳神経外科手術の学び方、教え方(対談). 脳神経外科速報21:592-601、2011
  2. 山田和雄、峰松一夫、岡田芳和、坂井信幸、伊苅裕二:頸動脈治療の新たな展開(対談).脳と循環17:11-20、2012
  3. 山田和雄:炉辺閑話;脳神経外科医によるオーケストラ. 日本医事新報4576:90-91、2012
  4. 山田和雄:医学英語教育の是非について考える.先進医薬値年報12:6-7、2011
  5. 山田和雄:宿題報告:文献検索からみた世界の老年脳神経外科の現状、Geriatric Neurosurgery 24:3-6、2012
  6. 山田和雄、谷川元紀:基底核部の脳動静脈奇形に対する手術.ビジュアル脳神経外科3(脳幹・基底核・小脳)p86-101、メジカルビュー、東京、2011
  7. Yamada S, Sato F, Xia H, Takino H, Kominato S, Ri M, Ishida T, Iida S, Inagaki H, Yamada K: Forkhead box P1 overexpression and its clinicopathological significance in peripheral T-cell lymphoma, not otherwise specified. Human Pathol (in press)
  8. Maki T, Wakita H, Mase M, Itagaki I, Saito N, Ono F, Adachi K, Ito H, Takahashi R, Ihara M, Tomimoto H: Watershed infarcts in a multiple microembolic model of monkey. Neurosci Lett 499:80-83, 2011
  9. 菅 博人,宮地利明,間瀬光人,笠井治昌,原 眞咲,芝本雄太,川野 誠,大野直樹,北中章博,依光里沙,南 貴司:心電同期拡散MRIによる脳のADC測定時の最適心時相.日本放射線技術学会誌67: 661-665, 2011
  10. Aihara N, Mase M, Nishikawa Y, Ohno T, Yamada K: Lumbar peritoneal shunt containing a programable valve for intracranial hypertension caused by Borden type 1 dural arteriovenous fistula. Acta Neurochir (Wien)153: 2219-2223, 2011
  11. Ohno N, Miyati T, Mase M, Osawa T, Kan H, Kasai H, Hara M, Shibamoto Y, Hayashi N, Gabata T, Matsui O: Idiopathic normal pressure hydrocephalus: Temporal changes in ADC during cardiac cycle. Radiology261: 560-565, 2011
  12. Torigai T, Mase M, Ohno T, Katano H, Nishikawa Y, Sakurai K, Sasaki S, Toyama J, Yamada K: Usefulness of dual and fully automated measurements of cerebral blood flow during balloon occlusion test of the internal carotid artery. J Stroke Cerebrovasc Dis 2011 Sep 17 (Epub ahead of print)
  13. Umemura A, Oka Y, Okita K, Matsukawa N, Yamada K: Subthalamic nucleus stimulation for Parkinson disease with severe medication-induced hallucinations or delusions. J Neurosurg 114: 1701-1705, 2011
  14. Umemura A, Oka Y, Okura A, Okita K, Yamada K: Newly developed back pain after subthalamic nucleus stimulation in Parkinson's disease. Acta Neurochir 153: 1591-1592, 2011
  15. Umemura A, Oka Y, Yamamoto K, Okita K, Matsukawa N, Yamada K: Complications of Subthalamic Nucleus Stimulation in Parkinson's Disease. Neurol Med Chir (Tokyo) 51: 749-755, 2011
  16. Miyata M, Matsukawa N, Umemura A, Ishii F, Yamanaka T, Okita K, Oka Y, Tsuboi R, Yamada K, Ojika K: Gender differences in depression mood in Parkinson's disease patients after deep brain stimulation of the subthalamic nucleus. Nagoya Med J 52: 39-49, 2011
  17. Yamanaka T, Ishii F, Umemura A, Miyata M, Horiba M, Oka Y, Yamada K, Okita K, Matsukawa N, Ojika K: Temporary deterioration of executive function after subthalamic deep brain stimulation in Parkinson's disease. Clin Neurol Neurosurg, 2011 Dec 14. [Epub ahead of print]
  18. Connolly PJ, Umemura A, Baltuch GH, Byrne RW: Topectomy and multiple subpial transection. Winn HR (ed): Youmans Neurological Surgery, 6th edition, Philadelphia: Elsevier Saunders, 2011, Vol 1, pp 785-795
  19. Umemura A: Deep brain stimulation for Parkinson's disease. Proceedings of The 26th Symposium on Biological and Physiological Engineering (BPES 2011)
  20. 梅村淳,岡雄一,大喜多賢治,豊田剛成,宮田美和子,山中武彦,石井文康,松川則之,山脇健盛,山田和雄:パーキンソン病に対する両側視床下核DBSの長期治療成績:5年間の追跡調査.機能的脳神経外科 50: 24-25, 2011
  21. 梅村淳,岡雄一,大喜多賢治,山田和雄:視床下核DBSの治療合併症とその対策についての検討.機能的脳神経外科 50: 84-85, 2011
  22. 梅村淳,山田和雄:パーキンソン病に対するDBS 最新のエビデンスより.脳神経外科速報 21: 168-174, 2011
  23. 横地房子,梅村淳,古和久典,波田野?:パーキンソン病の長期治療戦略 ?外科的治療も含めて ?.Pharma Medica 29: 79-85, 2011
  24. Katano H, Mase M, Yamada K. Evaluation for hardness of carotid plaque with Volume Score ? Hounsfield Unit matrix and Calcium Score. In: Adv Med Biol Vol.29 (Ed. Verhardt EL) pp261-279, Nova Science Publishers, Inc. NY, 2011
  25. Katano H, Matsuo S, Yamada K. Disproportionately large, communicating fourth ventricle resulting from adjustable valve shunt in an infant. Acta Neurol Belg 2011 (in press) [DOI 10.1007/s13760-012-0031-3]
  26. Katano H, Ohno M, Yamada K. Protection by physical activity against deleterious effects of smoking on carotid intima-media thickness and atherosclerosis in young Japanese. J Stroke Cerebrovasc Dis 2011 (in press) [DOI:10.1016/j. jstrokecerebrovasdis.2011.07.009]
  27. Katano H, Yamada K, Ohno M. Smoking attenuates the beneficial effect of physical activity on intima-media thickness of carotid artery in young and middle-aged smokers. J Neurol Res 1: 201-209, 2011
  28. Katano H, Ohno M, Yamada K. Effect of physical activity on IMT of carotid artery in smokers. Atherosclerosis 12:152, 2011
  29. Katano H, Mase M, Yamada K. Is acetazolamide-challenged SPECT necessary before CEA/CAS? International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function S573, 2011 [http://kenes.com/brain2011/abstracts/]
  30. Miura T, Matsukawa N, Sakurai K, Katano H, Ueki Y, Okita K, Yamada K, Ojika K. Plaque vulnerability in internal carotid arteries with positive remodeling. Cerebrovasc Dis Extra 1:54-65, 2011
  31. 片野広之、松尾州佐久、鈴森伸宏、金子さおり、片野衣江、加藤晋、上田博子、佐々木繁、中川基生、山田和雄. 神経管閉鎖不全における胎児・新生児MRIの役割と限界. 小児の脳神経 36:473-477, 2011
  32. Aihara N, Mase M, Nishikawa Y, Ohno T, Yamada K Lumbar peritoneal shunt containing a programmable valve for intracranial hypertension caused by Borden type 1 dural arteriovenous fistulas  Acta Neurochirurgica: Volume 153, Issue 11 (2011), Page 2219-2223
  33. 相原徳孝 手術のコツとピットフォール 聴力温存を企図した聴神経腫瘍摘出術:中頭蓋窩法 脳神経外科速報音 vol.21 964-969 2011
  34. 相原徳孝 手術のコツとピットフォール 聴力温存を企図した聴神経腫瘍摘出術-後頭下開頭法:腫瘍の摘出方法- 脳神経外科速報 vol.21 614-620 2011
  35. 相原徳孝 手術のコツとピットフォール 聴力温存を企図した聴神経腫瘍摘出術-後頭下開頭法:モニタリングのセットアップから腫瘍の露出まで- 脳神経外科速報 vol.21 26-32 2011
  36. 西尾実、山田和雄 ブラッドパッチ療法 Clinical Neuroscience Vol.30 No.4 409-411

総説

  1. 軽症くも膜下出血と画像診断 青山公紀 大野貴之 山田和雄  脳と循環 Vol.16 No.2 2011.5 p154-156

学会発表

  1. 山田和雄:宿題報告:文献検索から見た世界の老年脳神経外科の現状、第24回老年脳神経外科学会総会(誌上発表)、2011年3月18日、名古屋
  2. 山田和雄: 脳卒中にならないために、健康フェア2011 講演会、名古屋、2011年5月21日
  3. Caster研究グループ、代表山田和雄:無症候性病変のCAS/CEAの適応(シンポジウム)、第10回JASTNEC、2011年6月10日、大阪
  4. 山田和雄:無症候性頚動脈狭窄の治療~内科治療 vs 外科治療~ 第2回Joshiidai Stroke Conference、2011年6月25日、東京
  5. 山田和雄:シャント合併症のあれこれ.三島セミナー、2011年8月20日、東京
  6. 山田和雄:頚動脈狭窄症に対する抗血小板療法~急性期から無症候例まで~ 第70回日本脳神経外科学会モーニングセミナー、2011年10月14日、横浜
  7. 山田和雄:名市大病院~これまでの成果と今後の発展~ 名市大同窓会東三河支部会、2011年10月22日、豊橋
  8. 山田和雄、間瀬光人、出村光一朗、大沢知士:特発性正常圧水頭症の治療~愛知県における実態調査を含めて~、愛知県難病教育講演会、2011年10月27日、名古屋
  9. 山田和雄:電子カルテの開発導入を通して発展した市大病院のチーム医療、メディカルオアシス研究会講演会、2011年11月8日、名古屋
  10. 間瀬光人:頭蓋内water dynamicsのMRIによる検討 - iNPH診断への応用,第15回ニューロイメージングカンファレンス(指名講演),平成23年2月5日(名古屋)
  11. 間瀬光人:脳外傷と高次脳機能障害について.三井住友海上中部地区医療研修会.平成23年2月17日(名古屋)
  12. 間瀬光人,相原徳孝,西川祐介,大野貴之,山田和雄:CAS合併症:過還流症候群の2例,第36回西関東Neuro IVRセミナー,平成23年3月5日(大宮)
  13. 間瀬光人:虚血,問題対策.第9回藤田学園脳神経外科勉強会,平成23年4月30日(豊明)
  14. 間瀬光人,西川祐介,大野貴之,相原徳孝,山田和雄:動静脈瘻を伴った硬膜静脈洞奇形の1例.第5回ニッチ脳血管脈管カンファレンス,平成23年5月21日(大阪)
  15. 間瀬光人:脳梗塞二次予防における抗血小板療法Up to Date.名古屋市中区医師会学術講演会,平成23年6月23日(名古屋)
  16. Mase M, Aritake K, Saito N, Ono F, Urade Y, Yamada K: Effect of intrathecal injection of lipocalin-type prostaglandin D synthase on cerebral vasospasm after subarachnoid hemorrhage and outcome in primates. 11th International Conference on Neurovascular Events after Subarachnoid Hemorrhage, (poster), 2011/7/21, Cincinnati (USA)
  17. CASTER研究グループ 間瀬光人,山田健太郎,片野広之,山田和雄:無症候性頸動脈狭窄の自然経過と治療成績に関する観察研究(CASTER)の中間報告2.第36回日本脳卒中学会総会.平成23年7月31日(京都)
  18. 間瀬光人,有竹浩介,山田和雄,裏出良博:髄液中リポカリン型プロスタグランジンD 合成酵素(beta-trace)の機能について.京都髄液フォーラム23.   平成23年8月7日(京都)
  19. 間瀬光人,山田健太郎,片野広之,山田和雄:CASTER研究中間報告.頸動脈狭窄の最新治療,平成23年9月3日(大阪)
  20. Mase M, Osawa T, Miyati T, Ohno N, Demura K, Kasai H, Hara M, Shibamoto Y, Yamada K: Temporal changes of the regional apparent diffusion coefficient of the brain during cardiac cycle in idiopathic normal pressure hydrocephalus. Hydrocephalus 2011, (oral), 2011/9/6, Copenhagen (Demmark)
  21. 間瀬光人:下垂体コース,中部神経内視鏡勉強会 第5回ハンズオンセミナー,平成23年9月25日(名古屋)
  22. 間瀬光人,深川和利,日比野新,長野友里,阿部順子,小川鉄男,飯田昭彦,山田和雄,蒲澤秀洋:脳外傷後高次脳機能障害の脳循環代謝・社会的行動障害のPET所見.日本脳神経外科学会第70回学術総会,平成23年10月13日(横浜)
  23. 間瀬光人:頸動脈遮断試験に基づく血行再建術の選択(モーニングセミナー),日本脳神経外科学会第70回学術総会,平成23年10月13日(横浜)
  24. M Mase, K Demura, T Miyati, T Osawa, M Hattori, H Kasai, M Hara, Y Shibamoto, K Yamada: Analysis of interstitial brain water dynamics using MRI with possible idiopathic normal pressure hydrocephalus before and after tap test. The XVth International Symposium of Brain Edema and Cellular Injury, (oral). 2011/10/22. Tokyo
  25. 間瀬光人,谷川元紀,相原徳孝,鈴木元彦,中村善久,山田和雄:経鼻経蝶形骨洞手術における鼻中隔有茎粘膜弁の有用性.第7回新都心神経内視鏡症例検討会,平成23年10月29日(東京)
  26. 間瀬光人,深川和利,日比野新,長野友里,阿部順子,小川鉄男,飯田昭彦,山田和雄,蒲澤秀洋:脳外傷後高次脳機能障害(社会的行動障害)のPET所見.第23回日本脳循環代謝学会総会,平成23年11月4日(東京)
  27. M Mase, N Aihara, Y Nishikawa, T Ohno, T Hyuga, K Yamada: Usefulness of Venography (Pocket-Flash method) for the approach to the cavernous sinus in the absence of inferior petrosal sinus. The 11th congress of World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology (WFITN), (oral). 2011/11/10, Cape Town (South Africa)
  28. 間瀬光人、谷川元紀、相原徳孝、松尾州佐久、坂田知宏、西尾 実、鈴木元彦、中村善久、山田和雄:有茎鼻中隔粘膜弁を用いた内視鏡下経両鼻孔経鼻経蝶形骨洞手術の手術成績.第17回日本神経内視鏡学会,平成23年11月17日(岡山)
  29. 間瀬光人,西川祐介,相原徳孝,大野貴之,片野広之,山田和雄:高齢者のCASの検討.第27回脳神経血管内治療学会総会,平成23年11月25日(幕張)
  30. 間瀬光人,相原徳孝,西川祐介,日向崇教,渡辺賢一,山田和雄:Carotid Blowout Syndromeに対するステント治療の1例.第38回西関東NeuroIVRセミナー,平成23年12月3日(大宮)
  31. 間瀬光人:脳梗塞予防に関する最近の話題.興和創薬社内講演会,平成23年12月9日(名古屋)
  32. Umemura A, Oka Y, Yamada K: Optimization of microelectrode recording in subthalamic nucleus stimulation. International Neuromodulation Society 10th World Congress, 2011.5.23, London
  33. Umemura A, Oka Y, Yamada K: Effect of subthalamic nucleus stimulation on postural abnormality in Parkinson disease. The 8th Scientific Meeting for the Asian Austrasian Society of Stereotactic & Functional Neurosurgery (AASSFN 2011), 2011.6.16, Jeju Island
  34. 梅村淳:Parkinson病に対する外科的治療.第50回日本定位・機能神経外科学会 合同教育セミナー 2011.1.21 広島
  35. 梅村淳,岡雄一,大喜多賢治,豊田剛成,宮田美和子,山中武彦,石井文康,松川則之,山脇健盛,山田和雄:パーキンソン病に対する両側視床下核DBSの長期治療成績:5年間の追跡調査.第50回日本定位・機能神経外科学会 2011.1.22 広島
  36. 梅村淳,岡雄一,大喜多賢治,山田和雄:視床下核DBSの治療合併症とその対策についての検討.第50回日本定位・機能神経外科学会 2011.1.22 広島
  37. 梅村淳:パーキンソン病のDBSにおける最近のエビデンス.第31回日本脳神経外科コングレス総会 ランチョンセミナー 2011.5.6 横浜
  38. 堀場充哉,松川則之,梅村淳,山下豊,田中照洋,佐橋健斗,大喜多賢治,岡雄一,石井文康,山中武彦,宮田美和子,山田和雄,小鹿幸生,和田郁雄:視床下核深部脳刺激療法後の立位姿勢制御 -Stabilogram diffusion解析による検討-.第52回日本神経学会学術大会 2011.5.18 名古屋
  39. 大喜多賢治,梅村淳,坪井理佳,藤井園子,清水陽子,堀場充哉,山下豊,佐橋健斗,田中照洋,石井文康,山中武彦,宮田美和子,岡雄一,松川則之,山田和雄,小鹿幸生:認知機能低下を伴うパーキンソン病患者に対する脳深部刺激療法の効果.第52回日本神経学会学術大会 2011.5.19 名古屋
  40. 宮田美和子,松川則之,石井文康,山中武彦,大喜多賢治,豊田剛成,梅村淳,岡雄一,坪井理佳,藤井園子,清水陽子,服部学,小鹿幸生:高齢PDにおけるSTN-DBS前後の高次脳機能の変化 術後1年までの検討.第52回日本神経学会学術大会 2011.5.19 名古屋
  41. 梅村淳:パーキンソン病に対する視床下核DBS.名古屋DBSセミナー 2011.6.24 名古屋
  42. 梅村淳:パーキンソン病に対する脳深部刺激療法(DBS).第11回東名地区医療ネットワークオープン講座 2011.8.27 名古屋
  43. 梅村淳:脳神経外科診療においてパーキンソン病を見逃さないために.桜山脳神経外科フォーラム 2011.9.2 名古屋
  44. 梅村淳:パーキンソン病に対する視床下核DBS.南泉州神経フォーラム 2011.9.10 泉佐野
  45. 梅村淳:パーキンソン病の歩きにくさとその治療.日本脳神経外科学会中部支部会 市民公開講座2011 2011.9.18 福井
  46. 梅村淳:パーキンソン病に対する脳深部刺激療法(DBS).第26回生体・生理工学シンポジウム 2011.9.21 草津
  47. 山下豊,梅村淳,松川則之,岡雄一,大喜多賢治,堀場充哉,田中照洋,佐橋健斗,藤井園子,坪井理佳,清水陽子,石井文康,山中武彦,宮田美和子,和田郁雄:進行期パーキンソン病における起立性低血圧とその背景について.第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2011.10.7 東京
  48. 藤井園子,坪井理佳,清水陽子,岡雄一,梅村淳,大喜多賢治,山田和雄,和田郁雄:進行期パーキンソン病の視床下核深部刺激療法前後の排尿障害の変化.第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2011.10.7 東京
  49. 佐橋健斗,梅村淳,岡雄一,松川則之,大喜多賢治,堀場充哉,山下豊,田中照洋,藤井園子,坪井理佳,清水陽子,石井文康,山中武彦,宮田美和子,浅井友詞,山田和雄,小鹿幸生,和田郁雄:進行期パーキンソン病の動的立位姿勢制御に対する視床下核脳深部刺激療法の効果.第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2011.10.7 東京
  50. 堀場充哉,梅村淳,松川則之,岡雄一,大喜多賢治,山下豊,田中照洋,佐橋健斗,石井文康,山中武彦,宮田美和子,小鹿幸生,山田和雄,和田郁雄:進行期パーキンソン病の静的立位姿勢制御に対する視床下核脳深部刺激療法の効果 -術後1年時の評価から-.第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2011.10.7 東京
  51. 清水陽子,梅村淳,松川則之,岡雄一,大喜多賢治,藤井園子,坪井理佳,堀場充哉,山下豊,田中照洋,佐橋健斗,石井文康,山中武彦,宮田美和子,小鹿幸生,山田和雄,和田郁雄:進行期パーキンソン病患者の手指・功緻動作に対する視床下核DBSの効果.第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2011.10.7 東京
  52. 坪井理佳,藤井園子,清水陽子,堀場充哉,山下豊,田中照洋,佐橋健斗,和田郁雄,石井文康,山中武彦,宮田美和子,大喜多賢治,松川則之,岡雄一,梅村淳,山田和雄:パーキンソン病の聴覚性検出課題に対する視床下核刺激術の影響.第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2011.10.7 東京
  53. 梅村淳,岡雄一,大喜多賢治,宮田美和子,山中武彦,石井文康,堀場充哉,山下豊,佐橋健斗,田中照洋,坪井理佳,藤井園子,清水陽子,松川則之,山田和雄:パーキンソン病に対する両側視床下核DBSの長期治療成績.第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2011.10.8 東京
  54. 田中照洋,梅村淳,松川則之,岡雄一,大喜多賢治,堀場充哉,山下豊,佐橋健斗,坪井理佳,藤井園子,清水陽子,山田和雄,和田郁雄:加速度センサーによるパーキンソン病の方向転換課題の定量的評価.第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2011.10.8 東京
  55. 大喜多賢治,梅村淳,岡雄一,植木美乃,松川則之,山田和雄,小鹿幸生:レボドパ誘発性の眼瞼痙攣が見られたパーキンソン病2症例に対するDBSの効果.第12回東海パーキンソン病治療・症例検討会 2011.10.14 名古屋
  56. 梅村淳:パーキンソン病に対する視床下核DBS.第10回高知セレギリン研究会 2011.10.21 高知
  57. Katano H, Mase M, Yamada K. Is acetazolamide-challenged SPECT necessary before CEA/CAS? XXVth International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function & Xth International Conference on Quantification on Brain Function with PET (BRAIN and PET 2011) 2011.5.25-28 Barcelona
  58. Katano H, Ohno M, Yamada K. Effect of physical activity on IMT of carotid artery in smokers. The 79th European Atherosclerosis Society Congress (EAS 2011) 2011.6.26-29 Gothenburg
  59. 片野広之、大野貴之、西川祐介、間瀬光人、山田和雄. ハードプラークと頸動脈狭窄治療 (シンポジウム). 第40回日本脳卒中の外科学会総会 2011年8月1日 京都
  60. 片野広之、西川祐介、大野貴之、間瀬光人、山田和雄. 高度石灰化頚部頚動脈狭窄症治療の成績と戦略. 第70回日本脳神経外科学会総会2011年10月13日 横浜
  61. Lumbar peritoneal shunt containing a programmable valve for intracranial hypertension caused by dural arteriovenous fistulas Noritaka Aihara, MD, PhD, Mitsuhito Mase, MD, PhD, Yusuke Nishikawa, MD, PhD, Takayuki Ohno, MD, PhD, Kazuo Yamada, MD, PhD 11th congress WFITN, Cape Town, South Africa, 11/08/2011
  62. 高齢聴神経腫瘍症例に対するマネージメント 相原徳孝、谷川元紀、坂田知宏、山田和雄、高橋真理子*、竹村景史*、村上信五* 名古屋市立大学 医学部 脳神経外科、耳鼻咽喉科* 第70回日本脳神経外科学会総会 平成23年10月14日 横浜
  63. 聴神経腫瘍手術における機能温存の工夫-名古屋市立大学病院でのとりくみ 相原徳孝、谷川元紀、坂田知宏、山田和雄、高橋真理子*、竹村景史*、村上信五* 名古屋市立大学 医学部 脳神経外科、耳鼻咽喉科* 第16回日本脳腫瘍の外科学会 平成23年9月9日 横浜
  64. 脳神経外科手術後の抗てんかん剤の投与について-ラミクタールの使用経験- 相原徳孝 名古屋市立大学 医学部 脳神経外科 桜山脳神経外科フォーラム 平成23年9月2日 名古屋
  65. 相原徳孝、山田和雄、高橋真理子*、村上信五* 名古屋市立大学 医学部 脳神経外科 耳鼻咽喉科* 高齢聴神経腫瘍症例に対する治療方針と成績 第23回日本頭蓋底外科学会 平成23年6月16日 大阪
  66. 相原徳孝、谷川元紀、山田和雄、竹村景史、村上信五 突発型難聴で発症後、摘出術にて聴力改善をしめした聴神経腫瘍の一例 第20回 日本聴神経腫瘍研究会 平成23年6月4日 東京
  67. 西尾実、櫻井圭太、山田和雄:より正確な脳槽シンチグラフィー所見を得るために 第9回脳脊髄液減少症研究会 H23.2.26-27 東京
  68. 西尾実、櫻井圭太、山田和雄:最近の症例より 30F 第9回脳脊髄液減少症研究会 H23.2.26-27 東京
  69. 西尾実:悪路の先に見たもの 第17回中部神経内視鏡勉強会 H23.9.16 福井
  70. 西尾実、櫻井圭太、山田和雄:脳槽シンチグラフィー後の穿刺後髄液漏評価とブラッドパッチ療法の効果について 第70回日本脳神経外科学会総会H23.10.12-14 横浜
  71. 伊藤明美、山田悠史、太田美穂、大蔵篤彦、大喜多賢治、若尾佳代、峯惠、矢野能美、杉岡佳世子、栢下淳 4段階の嚥下咀嚼訓練食導入による有用性の調査 第14回日本病態栄養学会 2011.1.15 横浜
  72. 大蔵篤彦、松尾州佐久、山田紘史、山田和雄:髄液漏に悩まされた頚髄ependymomaの一症例 第18回札幌脊髄集談会 2011.3.5 札幌
  73. 大蔵篤彦、松尾州佐久、山田和雄:脊椎損傷60年後に腰部脊柱管狭窄症の手術を施行した一症例 第24回老年脳神経外科学会 2011.3.18 名古屋
  74. 大蔵篤彦、坂田知宏、青山公紀、岡雄一、梅村淳、山田和雄:臀部褥創と腰椎癒合を伴った頚髄損傷後痙性麻痺にITB療法を行った一症例 第46回中部脊髄外科ワークショップ 2011.3.19 名古屋
  75. 大蔵篤彦、坂田知宏、青山公紀、岡雄一、梅村淳、山田和雄:臀部褥創と腰椎癒合を伴った痙性麻痺患者のITB療法における工夫 第26回日本脊髄外科学会 2011.6.9 沼津
  76. 大蔵篤彦、岡雄一、坂田知宏、大沢知士、西川祐介、松尾州佐久、山田紘史、山田和雄:LEDライトによる脊椎手術術野の照明補助 第47回中部脊髄外科ワークショップ 2011.9.10 名古屋
  77. 大蔵篤彦、岡雄一、坂田知宏、大沢知士、西川祐介、松尾州佐久、山田紘史、山田和雄:脊椎手術における術野照明の工夫 第32回桜山脳神経外科手術手技研究会 2011.9.10 名古屋
  78. 大蔵篤彦、岡雄一、坂田知宏、大沢知士、西川祐介、松尾州佐久、山田紘史、山田和雄:脊椎脊髄手術におけるLEDライトの有用性 第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.14 横浜
  79. 岡雄一、梅村淳、山田和雄 DBS適応判定におけるL-dopa静注試験の有効性 第50回日本定位・機能神経外科学会 2011.1.22 広島
  80. 岡雄一、梅村淳、大喜多賢治、松川則之、山田和雄 視床下核脳刺激術によるジスキネジアの変化 第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDSJ) 2011.10.7 東京
  81. 岡雄一、梅村淳、大喜多賢治、松川則之、山田和雄 視床下核脳刺激術前後のジスキネジアの変化 第70回日本脳神経外科学会総会 2011.10.14 横浜
  82. 坂田 知宏, 谷川 元紀, 山田 和雄 In vitroにおけるラットグリオーマ細胞株C6の浸潤能の考察(反発因子が浸潤に及ぼす影響の評価) 日本脳神経外科学会第70回学術集会 23.10.13 横浜
  83. 青山公紀 脳卒中の急性期治療 ―実際の症例から― 第8回城南脳卒中学術講演会 2011.4.21 名古屋
  84. 青山公紀 山田和雄 頸動脈プラークの三次元画像 日本脳神経外科学会総会2011.10.12-14 横浜
  85. 青山公紀 大野貴之 山田和雄 若年発症くも膜下出血における頭痛 頭痛学会総会 2011.11.25-26 埼玉
  86. 大沢知士、間瀬光人、宮地利明、出村光一郎、山田和雄 特発性正常圧水頭症における脳実質water dynamics:心拍同期ADCによる検討 第12回日本正常圧水頭症研究会 2011.2.12 千歳
  87. 大沢 知士, 間瀬 光人, 宮地 利明, 大野 直樹, 西尾 実, 出村 光一朗, 笠井 治昌,山田 和雄 心拍同期ADCを用いた特発性正常圧水頭症における脳実質water dynamicsの検討 日本脳神経外科学会 第70回学術総会 2011.10.12 横浜
  88. T. Osawa, M. Mase, T. Miyati, N. Ohno, K. Demura, H. Kasai, Y. Shibamoto, M. Nishio, K. Yamada  The change in the regional apparent diffusion coefficient of the brain during the cardiac cycle in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus  The XVth International Symposium of Brain Edema and Cellular Injury 2011.10.22 Tokyo
  89. 西川祐介 間瀬光人 大野貴之 坂田知宏 相原徳孝 山田和雄 Enterpriseの初期経験 中部血管内治療懇話会 2010.4.2 名古屋
  90. 西川祐介 間瀬光人 大沢知士 大野貴之 相原徳孝 山田和雄 再治療を行ったIC top aneurysmの一例 Neuroendovascular therapy joint forum 2010.7.1名古屋
  91. 西川祐介 間瀬光人 大沢知士 大野貴之 相原徳孝 山田和雄 血管内治療を併用した内頚動脈閉塞症の一例 Endovascular & Bypass Case Conference 2010.7.15 名古屋
  92. 西川祐介 間瀬光人 大野貴之 相原徳孝 山田和雄 Long term follow-up intradural saccular aneurysms treated by GDC 脳卒中の外科学会 2010.7.31 京都
  93. 西川祐介 間瀬光人 大沢知士 大野貴之 相原徳孝 山田和雄 頭蓋底ICSに対するPTA+Stentの工夫 中部血管内治療懇話会 2010.8.20 松本
  94. 岩田卓士 西川祐介 青山公紀 大沢知士 坂田知宏 大野貴之 岡雄一  大蔵篤彦 西尾実 谷川元紀 片野広之 相原徳孝 梅村淳 間瀬光人 山田和雄 頸部後屈で症候化する右後下小脳動脈部分血栓化大型大動脈瘤の一例 中部地方会 2011.9.17 福井
  95. 西川祐介 間瀬光人 大沢知士 大野貴之 相原徳孝 山田和雄 New strategy for the treatment of partial thrombosis vertebral aneurysm 脳神経外科学会総会 2011.10.14 横浜

名古屋市立大学 大学院 医学研究科 神経機能回復学 脳神経外科学 〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1 名古屋市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 TEL:052-853-8286 FAX:052-851-5541 連絡先E-mail:ncunoge@med.nagoya-cu.ac.jp

Copyright © Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences,Medical School All Rights Reserved.