研究活動

2010年 業績集

論文

  1. 山田和雄:電子カルテを巡る医療の変化.日本医事新報4523:36,2011
  2. 山田和雄:医学英語教育の重要性.日本医事新報 4503:39,2010
  3. 山田和雄、宮本 享、根本茂、滝 和郞:座談会『脳動脈瘤のマネジメント』.日経メディカル2010年3月号118-121頁
  4. 山田和雄:もやもや病、今日の治療指針2011年版 794頁
  5. 岡田芳和、山田和雄:Vein Graftを用いたhigh flow bypassの手術戦略(座談会)、脳神経外科速報20:380-390、2010
  6. Yo Chin, Yuki Sato, Mitsuhito Mase, Tomomasa Kato, Bruno Herculano, Masaki Sekino, Hiroyukji Ohsaki, Naohide Ageyama, Fumiko Ono, Keiji Terao, Yasuhiro Yoshikawa, Tatsuhiro Hisatsune: Transient decrease in cerebral motor pathway fractional anisotropy after focal ischemic stroke in monkey. Neurosci Res 66: 406-411, 2010
  7. 間瀬光人,出村光一朗,大沢知士,服部 学,笠井治昌,宮地利明,山田和雄:特発性正常圧水頭症疑い患者のタップテスト前後におけるMRI TENSOR画像による検討(総説:発達期における骨格系と脳脊髄循環動態の発生学的特性に基づく高次脳脊髄機能障害の治療および総合医療に関する研究).小児の脳神経35: 77-80, 2010
  8. 間瀬光人:高次脳機能障害 pp161-165(ナースのための脳神経外科,橋本信夫編,メディカ出版,大阪,2010)
  9. 間瀬光人:認知症 pp166-169(ナースのための脳神経外科,橋本信夫編,メディカ出版,大阪,2010)
  10. Katano H, Yamada K. Carotid endarterectomy for stenoses of twisted carotid bifurcations. World Neurosurgery 73: 147-154, 2010
  11. Katano H, Mase M, Yamada K. Evaluation for hardness of carotid plaque with Volume Score ? Hounsfield Unit matrix and Calcium Score. In: Carotid Artery: Anatomy, Function and Disorders. Nova Science Publishers, Inc. NY (in press)
  12. Katano H, Kato S, Ueda H, Suzumori N, Katano K, Sasaki S, Yamada K. Role and limitations of fetal and neonatal MRI for delineation of the neural tube defect. Korean J Pediatric Neurosurg 7:121, 2010
  13. Katano H, Yamada K. The twisted carotid bifurcation and micro- thrombendarterectomy. Atherosclerosis 11:184, 2010
  14. 片野広之、山田和雄. 頸動脈エコー検査のあてにならない所見とは?. 小川 彰編. 脳神経検査のグノーティ・セアウトンpp130-135 シナジー出版, 東京2010
  15. 片野広之、山田和雄. 脳卒中の再発予防:外科的治療. 頸動脈内膜剥離術. 動脈硬化予防 9: 63-72, 2010
  16. 片野広之、松尾州佐久、鈴森伸宏、金子さおり、加藤晋、上田博子、中川基生、佐々木繁、山田和雄. 神経管閉鎖不全における胎児・新生児MRIの役割と限界. 小児の脳神経 (印刷中)
  17. Umemura A, Oka Y, Ohkita K, Yamawaki T, Yamada K: Effect of subthalamic deep brain stimulation on postural abnormality in Parkinson's disease. J Neurosurg 112: 1283-1288, 2010
  18. Umemura A, Oka Y, Okita K, Toyoda T, Matsukawa N, Yamada K: Predictive factors affecting early deterioration of axial symptoms after subthalamic nucleus stimulation in Parkinson's disease. Parkinsonism Relat Disord 16: 582-584, 2010
  19. Umemura A, Oka Y, Okita K, Matsukawa N, Yamada K: Subthalamic nucleus stimulation for Parkinson disease with severe medication-induced hallucinations or delusions. J Neurosurg, 2011 Mar 4. [Epub ahead of print]
  20. 梅村淳,岡雄一,大喜多賢治,松川則之,山田和雄:高度の薬剤性の幻覚・妄想症状を伴うパーキンソン病に対する視床下核DBSの効果.機能的脳神経外科 49: 30-31, 2010
  21. 梅村淳,岡雄一,大喜多賢治,松川則之,堀場充哉,山田和雄:パーキンソン病に対する視床下核DBS術後早期の体軸症状悪化に影響する要因についての検討.機能的脳神経外科 49: 74-75, 2010
  22. 矢野大仁,梅村淳,八十川雄図,林祐一,中山則之,大江直行,野村悠一,保住功,犬塚貴,岩間享:GPi-DBSが奏功したハンチントン病の1例.機能的脳神経外科 49: 120-124, 2010
  23. 梅村淳,山田和雄:クモ膜下出血 脳動脈瘤の治療法選択 -保存的治療.Clinical Neuroscience 28: 655-656, 2010
  24. 梅村淳,岡雄一,山田和雄:脳深部刺激治療における神経内科医の役割 -脳神経外科の立場から-.神経内科 73: 456-461, 2010
  25. 片山容一,武田篤,山脇健盛,梅村淳:パーキンソン病治療 -運動合併症の予防と治療- .Pharma Medica 28: 135-141, 2010
  26. 梅村淳:話題の海外文献紹介 脳卒中治療ガイドライン2009 -ガイドライン2004との変更点について- IV. クモ膜下出血.BRAIN RESCUE 21:25-26, 2010
  27. 梅村淳:質疑応答 パーキンソン病のDBS療法の適応と効果.日本医事新報 4499: 82-83, 2010
  28. 相原徳孝、谷川元紀、間瀬光人、山田和雄 高齢者頭蓋底腫瘍の治療 日本臨床 68巻 増刊号10 565-569, 2010
  29. 相原徳孝、村上信五*、谷川元紀、高橋真理子*、山田和雄 有効境界域聴力を有する聴神経腫瘍症例の手術成績 Surgical result of vestibular schwannoma with boundary hearing 脳腫瘍の外科 Science, Art and Technology 186-191, 2009
  30. Sakurai K, Nishio M, Sasaki S, Ogino H, Tohyama J, Yamada K, Shibamoto Y. Postpuncture CSF leakage: a potential pitfall of radionuclide cisternography. Neurology.75(19):1730-4,2010

医学雑誌

  1. 西尾実、山田和雄 ブラッドパッチ療法 医学のあゆみ Vol.235 No.7 771-774、2010
  2. 大蔵篤彦、山田紘史、山田和雄:頚椎椎弓形成術におけるX線不透過湿綿の活用.脊髄外科24:144-146,2010
  3. 西川祐介 脳卒中レジデントマニュアル 中外医学社 峰松一夫監修 「頸動脈ステント留置術」p.260-2

学会発表

  1. 山田和雄:脳卒中地域連携パスの取り組み.第4回城南脳卒中学術講演会、2010年1月27日、名古屋
  2. 山田和雄:頸動脈狭窄症の治療~症候性と無症候性の狭間で~.第5回Progressing Stroke研究会、2010年2月4日、福岡
  3. 山田和雄:無症候性頸動脈狭窄症に対する外科治療の現状;Caster研究の中間報告.脳卒中の外科学会シンポジウム、2010年4月17日
  4. 山田和雄:名古屋市立大学病院のめざすもの.名古屋市立大学学びなおし講座:病院管理者よりみた医療従事者の在り方、2010年4月9日、名古屋
  5. 山田和雄:Caster研究の中間報告、Caster研究中間報告会、講演会、2010年6月5日、大阪
  6. 山田和雄:無症候性頸動脈狭窄症にまつわる諸問題、第3回福岡ストローク・ラボラトリー・フォーラム、2010年9月2日、福岡
  7. 山田和雄:多様な病態のもやもや病患者さんとともに歩んで、もやの会中部ブロック医療講演会、2010年9月19日、吹上ホール
  8. Yamada K: Should asymptomatic carotid stenosis be treated? Current status in Japan: Report from Caster Study Group. Korea-Japan Frendship Conference on Stroke, 2010年10月9日、長崎
  9. 山田和雄:頸動脈狭窄症の症候化機序について~基礎的・臨床的研究より、第18回奈良脳神経ネットワーク研究会、2010年11月22日、橿原
  10. 間瀬光人:虚血.第7回藤田学園脳神経外科勉強会,平成22年2月7日(豊明)
  11. 間瀬光人:症例検討「各施設における治療戦略」ストラテジーから実践テクニックまで.症例3.第3回脳血管手術研究会.平成22年3月14日(名古屋)
  12. 間瀬光人,山田健太郎,片野広之,山田和雄,CASTER研究グループ:無症候性頸動脈狭窄の自然経過と治療成績に関する観察研究(CASTER)の中間報告.第35回日本脳卒中学会総会.平成22年4月15日(盛岡)
  13. 間瀬光人,大野貴之,片野広之,鳥飼武司,櫻井圭太,佐々木繁,山田和雄:バルーン閉塞試験による内頸動脈血流遮断の可否基準について.第39回脳卒中の外科学会.平成22年4月17日(盛岡)
  14. 間瀬光人,片野広之,山田和雄:なぜCEAはCASより少ないか.第9回日本頸部脳血管治療学会,(プレナリーセッション),平成22年4月24日(横浜)
  15. Mase M, Demura K, Osawa T, Hattori M, Kasai H, Miyati T, Yamada K: Changes of fractional anisotropy (FA) and apparent diffusion coefficient (ADC) in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus. 5th International Hydrocephalus Workshop, (oral), 2010/05/22, Crete (Greece)
  16. 間瀬光人:MRIによるCSF flow dynamicsの検討.第2回名古屋iNPHセミナー,平成22年5月29日(名古屋)
  17. 間瀬光人:虚血,問題対策.第8回藤田学園脳神経外科勉強会,平成22年6月6日(豊明)
  18. 間瀬光人:脳梗塞の外科的治療.第2回豊明ISLS研究会,平成22年6月19日(豊明)
  19. 間瀬光人:脳梗塞二次予防における抗血小板療法Up Date,第2回Endovascular and Bypass Case Conference,平成22年7月16日(名古屋)
  20. 間瀬光人,相原徳孝,渡辺賢一,中塚雅雄,日向崇教,山田和雄:Carotid blowout syndromeに対するstent治療:フォローアップ.第16回日本血管内治療学会総会.平成22年7月23日(名古屋)
  21. 間瀬光人:下垂体コース,中部神経内視鏡勉強会 第4回ハンズオンセミナー,平成22年7月31日(名古屋)
  22. 間瀬光人:MRIによる非侵襲的頭蓋腔のコンプライアンス測定とその意義.髄液フォーラム,平成22年8月1日(京都)
  23. 間瀬光人,相原徳孝,大野貴之,西川祐介,山田和雄:頚部頸動脈瘤のステント治療・lesion crossのこつ.第34回中部脳神経血管内手術懇話会(ナイトセッション),平成21年8月21日(高山)
  24. 間瀬光人:具体例からビジュアルに学ぶ頭部外傷,社団法人日本損害保険協会医研センター2010年度特別医療セミナー,平成22年9月2日(金沢)
  25. 間瀬光人,谷川元紀:内視鏡下経鼻経蝶形骨洞手術における工夫.第31回桜山脳神経外科手術手技研究会,平成22年9月4日(名古屋)
  26. Mase M, Demura K, Osawa T, Hattori M, Kasai H, Miyati T, Yamada K: Analysis of diffusion tensor magnetic resonance images in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus before and after tap test. 14th International Conference on Intracranial Pressure and Brain Monitoring, (oral), 2010/09/13, Tubingen (Germany)
  27. 間瀬光人:MRIによる非侵襲的頭蓋腔コンプライアンス測定とその意義.名古屋髄液フォーラム,平成22年10月16日(名古屋)
  28. 間瀬光人,大野貴之,片野広之,鳥飼 武司,櫻井 圭太,佐々木 繁,山田和雄:内頚動脈バルーン閉塞試験による血流遮断の可否基準と血行再建法の選択,第69回日本脳神経外科学会学術総会,平成22年10月28日(福岡)
  29. 間瀬光人,大野貴之,片野広之,西川祐介、鳥飼 武司3,櫻井 圭太2,佐々木 繁2,山田和雄:バルーン閉塞試験に基づいた内頸動脈血行再建法の選択,第22回日本脳循環代謝学会総会,平成22年11月27日(大阪)
  30. Mase M, Miyati T, Kasai H, Demura K, Osawa T, Hara M, Shibamoto Y, Yamada K: Noninvasive estimation of intracranial compliance in idiopathic NPH using MRI. 第3回日本水頭症脳脊髄液学会(シンポジウム),平成22年11月28日(東京)
  31. 間瀬光人,大沢知士,出村光一朗,笠井治昌,宮地利明,山田和雄:特発性正常圧水頭症における脳実質water dynamics/心拍同期ADCによる検討,厚生労働精神神経疾患研究委託費「発達期における骨格系と脳脊髄液循環動態の発生学的特性に基づく高次脳脊髄機能障害の治療および総合医療に関する研究」平成22年度研究報告会.平成22年11月29日(東京)
  32. 間瀬光人,谷川元紀,相原徳孝,大沢知士,西川祐介,松尾州佐久,山田紘史,西尾実,山田和雄:内視鏡下経鼻経蝶形骨洞手術における有茎鼻中隔粘膜弁の有用性と限界,第17回日本神経内視鏡学会,平成22年12月10日(幕張)
  33. Mitsuhito Mase, Motoki Tanikawa, Noritaka Aihara, Tomoshi Osawa, Yusuke Nishikawa, Yoshihisa Nakamura, Motohiko Suzuki, Kazuo Yamada: Usefulness and limitation of a pedicled nasal septal flap for reconstruction in endoscopic endonasal transsphenoidal surgery. IFNE (International Federation for Neuroendoscopy) Interim Meeting; The Neuroendoscopy Masters, 2010/12/13 (Tokyo)
  34. 片野広之、櫻井圭太、宮地重徳、中野真有子、廣瀬保次郎、間瀬光人、山田和雄. 側副血行から見た頚動脈狭窄症術前SPECT検査の必要性の検討. 第39回日本脳卒中の外科学会総会 2010年4月15日 盛岡
  35. 片野広之、松尾州佐久、鈴森伸宏、金子さおり、加藤晋、上田博子、中川基生、佐々木繁、山田和雄. 神経管閉鎖不全における胎児・新生児MRIの役割と限界. 第38回日本小児神経外科学会 2010年6月5日 富山
  36. Katano H, Yamada K. The twisted carotid bifurcation and micro- thrombendarterectomy. The 78th European Atherosclerosis Society Congress (EAS 2010) 2010.6.20-23 Hamburg
  37. 片野広之、大沢知士、三浦敏靖、間瀬光人、山田和雄. Clinicopathologic analysis of carotid plaques obtained during carotid endarterectomy. 第42回日本動脈硬化学会総会(シンポジウム) 2010年7月15日 岐阜
  38. 後藤志信、浅野恵理子、水谷栄太、小林良幸、大林伸太郎、熊谷恭子、服部幸雄、北折珠央、鈴森伸宏、杉浦真弓、片野広之. 胎児二分脊椎の検討. 第127回東海産婦人科学会 2010年9月12日 名古屋
  39. 片野広之、大野貴之、西川祐介、間瀬光人、山田和雄. 頚部頚動脈狭窄症治療?石灰化の視点からの再考. 第69回日本脳神経外科学会総会 2010年10月27日 福岡
  40. Katano H, Matsuo S, Kato S, Ueda H, Suzumori N, Katano K, Sasaki S, Yamada K. Role and limitations of fetal and neonatal MRI for delineation of the neural tube defect. The 38th Annual meeting of international society for pediatric neurosurgery (ISPN2010) 2010.10.30-11.4 Jeju
  41. Umemura A, Oka Y, Ohkita K, Toyoda T, Matsukawa N, Yamada K: Effect of subthalamic deep brain stimulation on Parkinson's disease with severe medication-induced hallucinations or delusions. American Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery 2010 2010.6.14 New York
  42. 梅村淳,岡雄一,大喜多賢治,松川則之,山田和雄:高度の薬剤性の幻覚・妄想症状を伴うパーキンソン病に対する視床下核DBSの効果.第49回日本定位・機能神経外科学会 2010.1.23 大阪
  43. 梅村淳,岡雄一,大喜多賢治,松川則之,堀場充哉,山田和雄:パーキンソン病に対する視床下核DBS術後早期の体軸症状悪化に影響する要因についての検討.第49回日本定位・機能神経外科学会 2010.1.23 大阪
  44. 矢野大仁,梅村淳,八十川雄図,林祐一,中山則之,大江直行,野村悠一,保住功,犬塚貴,岩間享:GPi-DBSが奏功したハンチントン舞踏病の1例.第49回日本定位・機能神経外科学会 2010.1.23 大阪
  45. 梅村淳:手術手技の概要2(電極挿入から同定まで).第30回日本脳神経外科コングレス総会 ハンズオンセミナー DBSコース 2010.5.6 横浜
  46. 梅村淳:パーキンソン病の姿勢異常に対する視床下核DBSの効果.第1回川澄インタラクション 2010.5.22 名古屋
  47. 石井文康,山中武彦,松川則之,宮田美和子,梅村淳,川島将司,豊田剛成,植木美乃,大喜多賢治,小鹿幸生:視床下核刺激療法(STN-DBS)が高次脳機能に影響したパーキンソン病2症例の検討.第51回日本神経学会総会 2010.5.20 東京
  48. 牧美奈,田中照洋,佐橋健斗,山下豊,堀場充哉,梅村淳,大喜多賢治,岡雄一,宮田美和子,山中武彦,石井文康,和田郁雄,松川則之,山田和雄,小鹿幸生:進行期パーキンソン患者におけるSTN-DBS前後のUPDRSとバランス評価の比較検討.第51回日本神経学会総会 2010.5.21 東京
  49. 山中武彦,石井文康,松川則之,宮田美和子,梅村淳,川島将司,豊田剛成,植木美乃,大喜多賢治,小鹿幸生:視床下核刺激療法(STN-DBS)の高次脳機能への影響 -薬物設定の検討-.第51回日本神経学会総会 2010.5.21 東京
  50. 大喜多賢治,坪井理佳,岡雄一,梅村淳,松川則之,小鹿幸生:パーキンソン病の記憶機能における脳深部刺激療法(DBS)の影響.第51回日本神経学会総会 2010.5.21 東京
  51. 宮田美和子,松川則之,石井文康,山中武彦,大喜多賢治,豊田剛成,服部学,岡雄一,梅村淳,坪井理佳,小鹿幸生:進行期PDにおけるSTN-DBS前後の気分について -術後1年までの検討-.第51回日本神経学会総会 2010.5.21 東京
  52. 小鹿幸生,堀場充哉,松川則之,梅村淳,山下豊,田中照洋,佐橋健斗,大喜多賢治,岡雄一,山中武彦,宮田美和子,石井文康,和田郁雄,山田和雄:進行期パーキンソン病に対するSTN-DBS後の立位保持の安定性.第51回日本神経学会総会 2010.5.22 東京
  53. 服部学,山下豊,松川則之,梅村淳,堀場充哉,田中照洋,佐橋健斗,大喜多賢治,岡雄一,藤井園子,坪井理佳,清水陽子,山中武彦,宮田美和子,石井文康,和田郁雄,山田和雄,小鹿幸生:パーキンソン病における認知機能障害と自律神経障害との関連.第51回日本神経学会総会 2010.5.22 東京
  54. 梅村淳:パーキンソン病とその治療 外科治療(DBS)を中心に.衣浦東部保健所 神経難病患者・家族教室 2010.10.6 刈谷
  55. 梅村淳,岡雄一,大喜多賢治,松川則之,山田和雄:パーキンソン病に対する視床下核DBSの治療合併症についての検討.第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010.10.8 京都
  56. 田中照洋,梅村淳,松川則之,岡雄一,大喜多賢治,堀場充哉,山下豊,佐橋健斗,山中武彦,宮田美和子,石井文康,山田和雄,小鹿幸生,和田郁雄:進行期パーキンソン病患者におけるSTN-DBS前後の方向転換課題の有用性について-360°回転に着目して-.第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010.10.8 京都
  57. 清水陽子,梅村淳,松川則之,坪井理佳,藤井園子,佐橋健斗,田中照洋,山下豊,堀場充哉,岡雄一,大喜多賢治,宮田美和子,石井文康,小鹿幸生,山田和雄,和田郁雄:パーキンソン病の上肢機能に対する視床下核DBSの効果.第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010.10.8 京都
  58. 坪井理佳,藤井園子,清水陽子,堀場充哉,山下豊,佐橋健斗,田中照洋,和田郁雄,石井文康,山中武彦,宮田美和子,大喜多賢治,松川則之,梅村淳,岡雄一,山田和雄:視床下核DBSがパーキンソン病の病的賭博に及ぼす影響についての検討.第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010.10.8 京都
  59. 大喜多賢治,坪井理佳,藤井園子,清水陽子,佐橋健斗,田中照洋,山下豊,堀場充哉,宮田美和子,山中武彦,石井文康,岡雄一,梅村淳,松川則之,小鹿幸生:パーキンソン病の言語性記憶における脳深部刺激療法(DBS)の影響.第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010.10.9 京都
  60. 藤井園子,坪井理佳,清水陽子,佐橋健斗,田中照洋,山下豊,堀場充哉,和田郁雄,岡雄一,梅村淳,山田和雄,大喜多賢治,松川則之,小鹿幸生,宮田美和子,山中武彦,石井文康:視床下核DBS術後の気分変化と注意機能の悪化.第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010.10.9 京都
  61. 佐橋健斗,梅村淳,松川則之,岡雄一,植木美乃,大喜多賢治,堀場充哉,山下豊,田中照洋,山中武彦,宮田美和子,石井文康,浅井友詞,山田和雄,小鹿幸生,和田郁雄:進行期パーキンソン病の立位姿勢制御に対する視床下核脳深部刺激療法の効果.第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010.10.9 京都
  62. 堀場充哉,梅村淳,松川則之,岡雄一,大喜多賢治,山下豊,田中照洋,佐橋健斗,山中武彦,宮田美和子,石井文康,小鹿幸生,山田和雄,和田郁雄:視床下核に対する脳深部刺激療法後の立位姿勢制御 -Stabilogram diffusion解析による検討-.第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010.10.9 京都
  63. 山下豊,梅村淳,松川則之,堀場充哉,田中照洋,佐橋健斗,岡雄一,大喜多賢治,藤井園子,坪井理佳,清水陽子,石井文康,山中武彦,宮田美和子,山田和雄,小鹿幸生,和田郁雄:パーキンソン病における視床下核深部脳刺激が心拍と血圧に及ぼす影響.第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010.10.9 京都
  64. 松浦慶太,梅村淳,金丸憲司,荒木朋浩,濱田和秀,金丸英樹,矢田健一郎,木田博隆,冨本秀和:淡蒼球刺激術5年後に視床下核刺激術を追加施行した一例.第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 2010.10.9 京都
  65. 梅村淳:パーキンソン病治療における視床下核DBSの役割とその問題点.第7回HOPE講演会 in 名古屋 2010.10.17 名古屋
  66. 梅村淳,岡雄一,山田和雄:パーキンソン病に対する視床下核DBSの治療合併症とその対策.社団法人日本脳神経外科学会 第69回学術総会 2010.10.29 福岡
  67. 梅村淳:パーキンソン病に対する視床下核DBS.第2回湘南神経治療研究会 2010.11.9 横浜
  68. 梅村淳:DBS後の薬物治療と刺激調整について 名古屋市立大学の実際について.第1回脳神経外科医のためのPD薬物療法フォーラム 2010.11.13 東京
  69. 相原徳孝、間瀬光人、大野貴之、西川祐介、山田和雄 硬膜動静脈瘻による頭蓋内亢進症へのLPシャント術 第26回日本脳神経血管内治療学会 平成22年11月19日 小倉
  70. 相原徳孝、谷川元紀、山田和雄 頭蓋底部髄膜腫に対する分割手術の利点:腫瘍軟化作用と治療選択の再検討 第69回日本脳神経外科学会総会 平成22年10月29日 福岡
  71. 相原徳孝、谷川元紀、山田和雄、竹村景史、村上信五術後聴力の著明な改善を示した聴神経腫瘍の一例 第15回日本脳腫瘍の外科学会 平成22年10月2日  大阪
  72. 相原徳孝、谷川元紀、山田和雄 錐体斜台部髄膜腫に対する分割手術の利点:腫瘍軟化作用と手術戦略の再検討 第22回 日本頭蓋底外科学会 平成22年7月15日 久留米 
  73. 相原徳孝、谷川元紀、山田和雄、竹村景史*、村上信五 脳脊髄手術用洗浄灌流液(アートセレブ)による顔面神経異常筋収縮の抑制 第19回日本聴神経腫瘍研究会 平成22年6月12日 東京
  74. 相原徳孝、村上信五、谷川元紀、高橋真理子、山田和雄 Cyberknife後の聴神経腫瘍手術症例の検討 第26回頭蓋底研究会 平成22年3月13日 名古屋
  75. 西尾実、山田和雄:より正確な脳槽シンチグラフィー所見を得るために 第8回脳脊髄液減少症研究会 H22.2.13-14 神戸
  76. 西尾実、櫻井圭太、山田和雄:脳脊髄液減少症においてより正確な所見を得るために ‐脳槽シンチグラフィー前後の腰椎MRI画像の施行について‐ 第69回日本脳神経外科学会総会H22.10.27-29 福岡
  77. 西尾実、山田和雄:低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の現況と展望 平成22年度秋季名古屋市立大学整形外科開業医会総会講演会 H22.10.30 名古屋
  78. 西尾実、櫻井圭太、山田和雄:より正確な脳槽シンチグラフィー所見を得るために 第9回脳脊髄液減少症研究会 H23.2.26-27 東京
  79. 西尾実、櫻井圭太、山田和雄:最近の症例より 30F 第9回脳脊髄液減少症研究会 H23.2.26-27 東京
  80. 大蔵篤彦、松尾州佐久、山田和雄:脊椎損傷60年後に腰部脊柱管狭窄症の手術を施行した一症例 第44回中部脊髄外科ワークショップ 2010.3.27 名古屋
  81. 大蔵篤彦、大沢知士、出村光一朗、山田和雄 ナビゲーションによる頚椎椎弓形成術の外側溝位置決定支援 第25回日本脊髄外科学会 2010.6.10 名古屋
  82. 大蔵篤彦、松尾州佐久、山田和雄:脳血管攣縮をきたした脊髄血管奇形からの脊髄出血の一症例 第45回中部脊髄外科ワークショップ 2010.8.28 名古屋
  83. 大蔵篤彦、松尾州佐久、山田和雄:脳血管攣縮を合併した脊髄出血の一症例 第31回桜山脳神経外科手術手技研究会 2010.9.4 名古屋
  84. 大蔵篤彦、大沢知士、出村光一朗、山田和雄 ナビゲーション支援頚椎椎弓形成術の一回レジストレーション法による外側溝位置決定の正確性 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.26 博多
  85. 打田佑人、南仁哲、大野貴之、三浦敏靖、久保貞裕、大蔵篤彦、増田和彦、服部友紀、祖父江和哉 ワルファリン内服中、感染性腸炎に伴い脊髄くも膜下出血をきたした一例 第12回日本救急医学会中部地方会総会・学術集会 2010.11.7 長久手
  86. 岡雄一、梅村淳、大喜多賢治、大蔵篤彦、松川則之、山田和雄 パーキンソン病に対する視床下核刺激術後の腰痛 第49回日本定位・機能神経外科学会 2010.1.22 大阪
  87. 岡雄一、梅村淳、大喜多賢治、大蔵篤彦、松川則之、山田和雄 パーキンソン病に対する脳深部刺激術後の腰痛 第11回名古屋脳神経外科領域痛みの研究会 2010.1.30 名古屋
  88. 岡雄一、梅村淳、大喜多賢治、松川則之、山田和雄 高齢パーキンソン病患者における脳深部刺激療法の有効性 第23回日本老年脳神経外科学会抄録 2010.3.26 松山
  89. 岡雄一、梅村淳、山田和雄 パーキンソン病のオン時のジストニアに対するDBS 第78回日本脳神経外科学会中部支部学術集会 2010.4.3 富山
  90. 岡雄一、梅村淳、大喜多賢治、松川則之、山田和雄 オン時のジストニアが問題となったパーキンソン病に対する脳深部刺激術 第4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDSJ) 2010.10.9 京都
  91. 岡雄一, 梅村淳, 大喜多賢治, 松川則之, 山田和雄 パーキンソン病のオン時のジストニアに対する脳深部刺激術 第69回日本脳神経外科学会総会 2010.10.28 福岡
  92. 大野貴之 若手・中堅脳神経外科医(40才未満)の手術ビデオ発表 頭蓋外PICA解離性部分血栓化動脈瘤に対する「OA - PICA anastomosisを併用した動脈瘤trapping、瘤内血栓除去術」(社)日本脳神経外科学会 第69回学術総会:2010/10/28
  93. 大野貴之 服部友紀  増田和彦  久保貞祐  高柳猛彦  三浦敏靖  南 仁哲  木村卓二  青山公紀  山田 和雄  祖父江和哉 若年発症くも膜下出血症例についての検討 第38回日本救急医学会総会 2010/10/09
  94. 大野 貴之 間瀬 光人 相原 徳孝 岡 雄 大沢 知士 佐々木 繁 山田 和雄 内頚動脈血栓化動脈瘤の1例 Endovascular & Bypass Case Conference 2010/1/29
  95. 大野 貴之  間瀬 光人 大蔵 篤彦  西川 祐介  山田 和雄 後下小脳動脈部分血栓化動脈瘤の一例 第10回瑞穂カンファレンス学術講演会 2010/6/18
  96. 大野貴之 救急医療ブラッシュアップ「脳卒中の初期診療」名古屋市立大学 学び直し講座2010/10/14
  97. 打田佑人、南仁哲、大野貴之、三浦敏靖、久保貞裕、大蔵篤彦、増田和彦、服部友紀、祖父江和哉 ワルファリン内服中、感染性腸炎に伴い脊髄くも膜下出血をきたした一例 第12回日本救急医学会中部地方会総会・学術集会 2010.11.7 長久手
  98. 大沢知士、間瀬光人、宮地利明、出村光一朗、山田和雄 Delta-ADC analysis in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus 14th International Conference on Intracranial Pressure and Brain Monitoring (T?bingen / Germany)2010/9/13
  99. 大沢知士、間瀬光人、片野広之、山田和雄 頸動脈粥状硬化症における、Hypoxia-inducible factor-1 αとvascular endothelial growth factorの発現とMRIのプラーク所見の検討 第69回日本脳神経外科学会総会(博多)2010/10/28
  100. 大沢知士、間瀬光人、宮地利明、官博人、笠井治昌、山田和雄 心拍同期脳実質内水拡散係数(delta-ADC)の変動:特発性正常圧水頭症における検討 第3回日本水頭症脳脊髄液学会(東京)2010/11/28
  101. 大沢知士、間瀬光人、宮地利明、出村光一郎、山田和雄 特発性正常圧水頭症における脳実質water dynamics:心拍同期ADCによる検討 第12回日本正常圧水頭症研究会(千歳)2011/2/12
  102. 青山公紀 顔面神経に対する脳幹聴覚反応(BAEP)モニタリングの限界 Kawasumi Interaction of Neurosurgeons' Group 2010.5.22 Nagoya
  103. 青山公紀 頸動脈病変の画像 日本脳神経外科学会総会 2010.10.27 福岡
  104. 西川祐介、佐藤 徹、高木俊範、岡崎貴仁、村尾健一、飯原弘二 Optimal antiplatelet therapy for coil embolization of unruptured cerebral aneurysms 第 35 回日本脳卒中学会総会 2010.4.15 盛岡 
  105. 西川祐介 国立循環器病センターでの経験 第1回川澄インタラクション 2010.5.22 名古屋 
  106. 西川祐介、間瀬光人、大野貴之、相原徳孝、山田和雄 左椎骨動脈巨大動脈瘤の一例 第2回 IVR and bypass conference 2010.7.16 名古屋
  107. 西川祐介、佐藤 徹、高木俊範、岡崎貴仁、村尾健一、飯原弘二 Optimal antiplatelet therapy for coil embolization of unruptured cerebral aneurysms 第16回日本血管内治療学会総会 2010.7.24 名古屋 
  108. 西川祐介、間瀬光人、大野貴之、相原徳孝、山田和雄 両側中小脳脚梗塞で発症した椎骨動脈狭窄症の一例 第34回中部地区脳神経血管内手術懇話会 2010.8.21 高山 
  109. 西川祐介、間瀬光人、大野貴之、相原徳孝、山田和雄 Long term follow-up intradural saccular aneurysms treated by GDC 日本脳神経外科学会 第69回学術総会 2010.10.27 福岡 
  110. 西川祐介、間瀬光人、大野貴之、相原徳孝、山田和雄 Long term follow-up intradural saccular aneurysms treated by GDC 第26回 日本脳神経血管内治療学会学術総会 2010.11.19  北九州

名古屋市立大学 大学院 医学研究科 神経機能回復学 脳神経外科学 〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1 名古屋市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 TEL:052-853-8286 FAX:052-851-5541 連絡先E-mail:ncunoge@med.nagoya-cu.ac.jp

Copyright © Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences,Medical School All Rights Reserved.