ごあいさつ

副センター長 飯田真介

当院の研修システムは、研修医・後期専攻医ともに患者さんやそのご家族と同じ目線で接することができ、チームの一員として信頼される標準的な医療を実践できること、そして自分で解決できない問題に直面してもそれを解決しようと努力できる質の高い医療人を育成することを目標にしています。
当院の利点である救急から専門診療科まで多領域にわたる豊富な指導医体制下での高度医療や研究マインドの習得に加え、地域に密着した連携病院での高いGeneralityを持つ指導医の下でのcommon diseaseや地域医療の経験など、希望に応じた自由度の高いプログラム選択が可能です。また研修期間中に切磋琢磨した仲間達とは、何歳になっても厚い信頼関係でむすびついています。
教育好きな熱い指導医のもと、仲間とともに研修医から専門医まで名市大病院であなたのキャリアをつくってみませんか。総合研修センターが、最大限のお手伝いをさせていただきます。

名古屋市立大学病院 病院長補佐
名古屋市立大学病院総合研修センター
副センター長(血液・腫瘍内科部長) 
飯田真介