ごあいさつ

センター長 明智龍男

名市大病院には現在の研修制度が開始される以前より年月をかけて育んできた研修体制があります。これらを深化させ、大学病院での研修に加えて、みなさんの希望に応じて、より専門的な内容を含めて総合的な研修を受けることが可能となるよう多くの研修連携病院の強みを学ぶことができるシステムを構築しています。この研修システムで、充実した初期研修を受けることができます。加えて、あらゆる領域の専門医の資格を取得できる体制を整えています。私どもと一緒に歩んでいただければ、基盤となるゆるぎない総合力を身につけることができるのみならず、実力とバランスの双方を身につけた専門医レベルに十分達することができます。私たちが、大学病院と研修連携病院の総力をあげてみなさんのキャリアをサポートいたします。

皆さんもご存知のように、日本の専門医制度はこれから大きく変わります。2018年度からは、初期研修を終えた後に、基本領域としての内科、外科、小児科、産婦人科、精神科、総合診療などの専門医をまず取得し、それに加えて専攻に応じてサブスペシャルティ領域の専門医を目指すことになります。

まだ未確定な部分も多いのですが、大学病院が中心となり、専門研修プログラムを策定し、研修に必要な医療機関と協力する形になります。名市大病院には専門医制度に精通したスタッフが多数在籍していますので、タイムリーに状況を把握しています。名市大病院では充実した初期研修プログラムを経験できるのみならず、安心してこれからの専門医への道を歩んでいただけます。まずは一度、名市大病院に見学にお越しください!

名古屋市立大学病院 副病院長
名古屋市立大学病院総合研修センター
センター長(精神科部長)
明智龍男