施設の沿革

1969年6月(昭和44年)
 臨床研究棟地階において科学技術庁より放射性同位元素の使用が許可される

1969年10月(昭和44年)
 放射性同位元素研究治療室(約440㎡)開設

1983年(昭和58年)
 放射性同位元素使用施設の研究部門と臨床部門の混在を解消するため「RI施設建築委員会」が発足

1985年3月(昭和60年)
 現在の場所において科学技術庁より放射性同位元素の使用が許可される

1985年10月(昭和60年)
 医学部アイソトープ研究室(約600㎡)開設

1990年12月(平成2年)
 医学部アイソトープ研究室の増築及び分子医学研究所RI施設設置計画による放射性同位元素使 用施設の変更が許可される

1992年10月(平成4年)
 医学部アイソトープ研究室の増築(約1,200㎡)開設(1~2F)
 分子医学研究所の各部門にRI施設設置(3~7F)

2002年4月(平成14年)
 大学院の部局化に伴い医学研究科アイソトープ研究室と名称変更

2007年4月(平成19年)
 大学法人化に伴い医学研究科共同研究教育センターRI施設と名称変更

2009年10月(平成21年)
 分子医学研究所のRI施設を廃止