名古屋市立大学大学院 医学研究科 心臓・腎高血圧内科学   市民公開講座
心臓・腎高血圧内科学HOME >> 診療グループ紹介

診療グループ紹介

循環器内科

地域中核の名古屋市立大学病院において、循環器内科は生活習慣病の管理から救急医療に至るまでの広範囲な循環器診療を担っております。循環器救急診療では、緊急の心臓カテーテル検査・心血管インターベンションを24時間365日行える体制を敷いているだけでなく、door to punctureまでの時間短縮を常に念頭において活動しています。本邦における心血管インターベンションの発展に中心的な役割を果たしてきた豊橋ハートセンターで専門研修を受けたスタッフが、左冠動脈主幹部病変や慢性閉塞性病変(CTO)にも積極的かつ難易度の高いインターベンションを行っています(心臓カテーテル検査概数:年間1,000件以上、冠動脈および末梢動脈インターベンション概数:年間400件)。また循環器内科は病院中央部門である急性心臓疾患治療部(CCU)4床の運営を担当しています。隣接する集中治療部(ICU)10床と合わせて計56名の看護師を有し、高度かつきめ細かい集中治療を行っています。CCUを自由に利用できることが、われわれの心不全・不整脈診療のレベルを確かなものにしています。当科の特徴の一つとして、一般病院では対処困難な難治性肺高血圧症の患者を積極的に受け入れており、現時点での最高の管理・治療を提供できることが挙げられます。特発性肺動脈性高血圧症のみならず、膠原病、先天性心疾患、慢性肺血栓塞栓に伴う肺高血圧症に対しても積極的に治療を行っています。不整脈アブレーションは従来当科関連の名古屋市東部医療センターで多数行っており(概数:年間250例)、大学としては得意としない分野でしたが、患者サービス向上さらには研修レベルの向上を考え、積極的に施行する方向へ転換しています(日本不整脈学会不整脈専門医研修施設取得済み)。当科のさらなる特徴は、高血圧や脂質異常症の管理に精通した専門医師を有することであり、それら医師による生活習慣病の診断・治療が積極的に行われています。心筋梗塞後あるいは心臓手術後のリハビリテーションは、名古屋市総合リハビリテーションセンターにて運動耐容能改善に主眼を置いた心臓リハビリテーションを施行しています。このように当循環器内科では、心血管病の予防から急性期治療・病後のリハビリに至るまで、幅広い守備範囲を有しています。

腎臓内科

蛋白尿/血尿の精査から腎不全進行抑制対策、腎代替療法(血液透析や腹膜透析)、腎移植への紹介に至るまでトータルとしての腎臓病診療に取り組み、特に腎臓病の進行を阻止するのみならず機能回復を目指す腎不全寛解(レミッション)クリニックに力を注いでいます。このレミッションクリニックは、我が国でも先駆け的に始めたものであり、各方面で取り上げられ全国に波及しつつあります。さらに当科の特徴として、腎病理組織に精通した東海地区でも屈指の専門医を有することです。腎炎の診断からから腎不全管理に至る腎臓病のトータル管理を実践しています。なお、人工透析部10床も腎臓内科が担当しています。

このページのTOPへ