名古屋市立大学大学院 医学研究科 心臓・腎高血圧内科学   市民公開講座
心臓・腎高血圧内科学HOME >> 入局をご希望の方

入局をご希望の方

当教室は循環器内科と腎臓内科という2診療領域から構成されます。さらに両領域にまたがる高血圧診療にも力を入れております。当教室での研修は、内科医としての幅広い基礎能力(総合診療の能力)を十分身に着けた上で、循環器内科・腎臓内科の高度専門臨床を行える医師を育てることを目指しております。名古屋市立大学病院は、内科学会はもとより循環器学会、腎臓病学会、心血管インターベンション治療学会、不整脈学会、高血圧学会、透析医学会、超音波医学会などの認定研修施設となっており、それらを専門とする指導医のもとで専門領域の研修を積むことができます。さらに、細分化された領域や先進的な医療に携わりながらの修錬を希望される方には、国立循環器病研究センターなどの施設に国内留学、あるいは海外留学することも可能です。また、当教室では実地臨床に携わりながら臨床研究を行って国内はもとより海外の一流の学会で成果を発表することを推奨しています。研究の出来る臨床医となる為、積極的に大学院に進学してください。大学病院や関連病院で臨床業務に従事しながら社会人大学院生になって勉強や研究をすることも可能です。基礎的な研究をご希望の方は、後期研修終了後に学内基礎教室や他大学の研究室に出向して研究生活を送ることを教室としてサポートします。
以下に医師国家試験合格後の一般的なキャリアアッププランを示します。

現在、専門医制度改革が進行中であり内科認定医、総合内科専門医が新内科専門医に統合されようとしています。当科では、内科医としてのキャリアのスタートラインともいえる新内科専門医を入局者全員が取得できるように内科他分野へローテートを含めて応援して行きます。

【循環器領域】専門医研修モデルプラン (図1

循環器領域では循環器専門医資格を取得することを必須とし、内科から循環器領域を広く研修することにより生活習慣病から心血管疾患全般に至る疾患の診断と治療が行える医師の育成を目標としています。
<日本循環器学会認定専門医資格要件>
・内科認定医あるいは総合内科専門医であること。
・日本循環器学会正会員であり,通算して6 年以上の正会員歴を有すること。
・学会指定の研修施設で3年以上研修していること。
・2004 年度(平成 16 年度)以降に医師免許を取得したものは、認定内科医資格取得後、3 年以上本学会指定の研修施設で研修していること。
・AHA認定のACLSを受講し、受験年度の 4 月 1 日現在有効な認定を受けていること。
・喫煙が心血管病の危険因子であることを認識し自ら禁煙し且つ禁煙の啓発に努めること。
循環器専門医資格に加えて、さらに細分化された専門領域における知識や技術の習得を希望される方には以下のようなモデルプランがあります。

1.心血管インターベンション専門医希望者
@A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. カテーテル専門施設へ(豊橋ハートセンターや名古屋ハートセンターなど)
AA. 各研修指定病院で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学で後期研修 ⇒ C. 症例の豊富な関連施設(名古屋市東部医療センター東市民病院、豊川市民病院、岐阜県立多治見病院など)またはカテーテル専門施設へ

2.心不全(心機能解析)専門医希望者
@A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 引き続き後期研修 ⇒ C. 国立循環器病センターへ
AA. 各研修指定病院で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. 大学で心不全臨床に携わりながら大学院に進学

3.不整脈専門医希望者
@A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 引き続き後期研修 ⇒ C. 国立循環器病センターへ
AA. 大学または各研修病院で2年間の研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. アブレーション件数の豊富な関連施設へ(名古屋市東部医療センター東市民病院など)

4.肺高血圧・先人先天性心疾患専門医希望者
@A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 引き続き後期研修 ⇒ C. 国立循環器病センターへ
AA. 各研修指定病院で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学で後期研修 ⇒ C. 大学で肺高血圧の臨床に携わりながら大学院に進学

5.高血圧・動脈硬化専門医希望者
@A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 引き続き後期研修 ⇒ C. 国立循環器病センターへ
AA. 各研修指定病院で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で年間後期研修 ⇒ C. 大学で高血圧臨床携わりながら大学院に進学


【腎臓領域】専門医研修モデルプラン (図2

以下1〜4を通じて腎疾患の診断・治療を修練し腎生検・シャント手術・PTAの技術も身につけて頂きます。

1. 腎臓内科専門医希望者
<専門医申請資格要件>
・日本内科認定医取得後3年
・日本腎臓学会入会後5年
・学会指定の研修施設での研修3年(この3年には初期研修2年を含まず)
@ A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. 大学で臨床に携わりながら大学院に進学
A A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. 学会指定の研修施設 (西部医療センター・旭労災病院・刈谷豊田総合病院・第二赤十字病院・豊川市民病院) へ

2. 透析専門医希望者
<専門医申請資格要件>
・日本内科学会認定医または専門医取得後
・日本透析医学会入会後3年
・臨床経験5年以上 (この5年には初期研修1年を含まず)
・学会認定施設で1年以上,もしくは教育関連施設で3年以上の経験
@ A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. 大学で臨床に携わりながら大学院に進学
A A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. 学会指定の認定施設 (刈谷豊田総合病院・第二赤十字病院),もしくは学会指定の教育関連施設 (豊川市民病院) へ

3. リウマチ専門医希望者
<専門医申請資格要件>
・日本内科学会認定医または専門医取得後
・日本リウマチ学会入会後5年
・学会認定教育施設で5年以上の経験
・学会指定の研修単位30単位以上
@ A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. 大学で臨床に携わりながら大学院に進学
A A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. 学会指定の認定施設 (東部医療センター・西部医療センター・刈谷豊田総合病院・豊川市民病院)へ

4. 高血圧専門医希望者
<専門医申請資格要件>
・日本内科学会認定医取得
・日本高血圧学会入会後3年
・過去5年間に日本高血圧学会総会に1回以上出席
・日本内科学会認定医取得後3年以上日本高血圧学会認定研修施設で学会指定のカリキュラムを終了
・高血圧に関連した学会発表もしくは論文発表のべ2件 (1件は主著)
@ A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. 大学で臨床に携わりながら大学院に進学
A A. 大学または関連施設で2年間の初期研修 ⇒ B. 大学または関連施設で後期研修 ⇒ C. 学会指定の研修施設 (東部医療センター・旭労災病院・刈谷豊田総合病院・第二赤十字病院・豊川市民病院) へ

このページのTOPへ