瑞友会のご案内

会長選挙規程

一般社団法人 名古屋市立大学医学部同窓会 会長選挙規程

第1章 総則

(趣旨)

第1条
本規程は、定款に基づき、会長の選挙について定める。

(選挙管理委員会)

第2条
選挙管理委員会は3名をもって組織し、理事予定者の中から現会長が委嘱する。
  1. 委員の選出は、理事予定者確定後、速やかに行う。
  2. 委員長は、委員の互選により選出する。
  3. 委員が第6条に規定される立候補者となった場合は、委員を辞さなければならない。代わりの委員は委員長が指名する。
  4. 委員長が立候補者となった場合は、代わりの委員は現会長が指名し、委員長は委員の互選により選出する。

(選挙管理委員会の職務および権限)

第3条
選挙管理委員会は、投票の効力の裁決および当選人の決定等、選挙に関する一切の事務を管理し、これを執行する。

(選挙結果の報告)

第4条
選挙管理委員会は、選挙の結果を会員に報告する。

第2章 選挙権および被選挙権

(選挙権および被選挙権)

第5条
理事予定者は、選挙権および被選挙権を有する。

第3章 選挙

(候補者)

第6条
被選挙人は立候補した者とする。
  1. 立候補は自薦(様式1)又は正会員の推薦(様式2)により、公示日から2週間以内に指定の様式をもって選挙管理委員長に電子メール添付ファイル又は書面により届け出る。
  2. 立候補者は、所信を表明するものとする。

(選挙の方法)

第7条
選挙は理事予定者による。候補者が複数の場合は1名選択し、無記名の封筒に封入後、記名した封書に入れて郵送する。
  1. 候補者が1名の場合は信任投票とし、無記名の封筒に封入後、記名した封書に入れて郵送する。
  2. 開票は当該年度第1回通常理事会にて行う。
  3. 理事予定者会議は、過半数の出席(委任状を含む)により成立する。
  4. 有効投票の過半数を得た候補者、あるいは有効投票の過半数の信任を得た候補者を当選者とする。
  5. いずれの候補者の得票も過半数に満たない場合は、上位2名(同票の者を含む)にて決選投票を行う。
  6. 決選投票の選挙人は理事予定者会議の出席者とし、不在者投票は認めない。
  7. 決選投票でも過半数を得た者が無い場合や、信任投票が不信任となった場合は再選挙とする。
  8. 再選挙は通常の選挙に準じて行うが、日程などについては選挙管理委員会が決定する。

(選挙の公示)

第8条
選挙管理委員長は、次の事項について選挙管理委員会の議を経て定め、理事予定者全員に公示しなくてはならない。
  1. (1)立候補の方法
  2. (2)立候補の締切り日
  3. (3)その他必要な事項
  1. 選挙管理委員長は、次の事項について選挙管理委員会の議を経て定め、開票日の7日前までに理事予定者宛の郵便で通知しなくてはならない。
  1. (1)選挙方法等(投票用紙、投票締切り日、開票日、開票場所)
  2. (2)立候補者名リスト
  3. (3)立候補者の所信表明
  4. (4)その他必要な事項

(選挙結果の報告)

第9条
選挙管理委員会は、選挙の結果を会報及び同窓会ホームページで会員に報告する。

(投票の効力)

第10条
投票の効力に関する事項は、選挙管理委員の合議の上で決定する。

(会長の補充)

第11条
任期途中に会長が欠けた場合は、副会長による互選で会長を決める。その会長の任期は、欠けた会長の残余任期とする。副会長の補充は会長が指名して行う。

第4章 補則

(規定の改廃)

第12条
この規定の改廃は、理事会の議を経なければならない。

附則

  • この規程は、平成28年5月14日より施行する。

様式

必要な様式を下記よりダウンロード下さい。