瑞友会のご案内

沿革

名古屋市立大学医学部、名古屋市立大学病院の沿革です。(大学の沿革も含みます。)
※写真をクリックすると、拡大表示します。

昭和18年~20年代

昭和18年 4月 1日 名古屋市立女子高等医学専門学校(5年制、入学定員120名) 開校
昭和19年 4月 1日 名古屋市立女子医学専門学校(4年制)と校名変更
昭和21年 4月 1日 再び5年制となり、入学定員80名
昭和22年 6月 18日 名古屋女子医科大学(予科3年、専門4年、入学定員40名) 開学
昭和24年 10月 28日 名古屋市議会において名古屋女子医科大学と名古屋薬科大学を統合して、名古屋市立大学とする件議決
昭和25年 4月 1日 名古屋市立大学設置(旧制医学部入学定員40名、新制薬学部入学定員80名)
昭和27年 4月 1日 新制医学部医学科設置(入学定員40名)

昭和30年代

昭和30年 4月 1日 医学部進学課程設置に伴い、同課程及び薬学部一般教育系列の教育を行う教養部を設置
昭和34年 5月 25日 大学本部を川澄地区へ移転
  5月 28日 旧制医学部研究科に学位論文審査権付与
昭和35年 11月   医学部図書館を附属病院内から川澄地区へ移転
昭和36年 3月 31日 旧制医学部および同研究科廃止
      医学部基礎医学館改築工事完成
  4月 1日 大学院医学研究科設置
  12月 21日 附属病院の病床数を512床とする
昭和38年 3月 30日 名古屋市は国との間に、川澄地区土地建物の交換および購入契約を締結
  4月 1日 医学部医学科入学定員を40名から60名に増員

昭和40年代

昭和40年 3月 31日 名古屋氏は国との間に、山の畑地区土地建物の交換および購入契約を締結
  4月 7日 教育部の一部および学生部を、山の畑地区へ移転(田辺通地区から)
昭和41年 7月 29日 附属病院改築工事完成
  11月 7日 附属病院を改築、新病院(川澄キャンパス)にて診療開始、病床数624床
昭和42年 3月 31日 経済学部教養部合同図書館改築工事完成
  4月 1日 計算センター発足
昭和43年 3月 30日 教養部校舎改築工事完成
昭和43年     医学部同窓会発足
  4月 1日 教養部を山の畑キャンパスへ統合
昭和44年 3月 17日 医学部臨床医学研究館完成
昭和45年 10月 30日 体育館兼講堂完成(山の畑地区)
昭和46年 12月 15日 医学部共同研究室完成
昭和47年 10月 27日 本部棟完成
昭和49年 1月 7日 学生会館完成(山の畑地区)

昭和50年代

昭和50年 4月 1日 医学部医学科入学定員を60名から80名に増員
  9月 10日 教養部校舎増築工事完成(山の畑地区)
昭和52年 6月 7日 医学部基礎教育棟完成
昭和55年 3月 31日 医学部動物舎増築工事完成
昭和56年 6月 2日 附属病院増築工事完成(914床)
昭和57年 3月 31日 野外教育施設蓼名荘完成(長野県茅野市)
  9月 9日 共同利用研究施設完成(田辺地区)
昭和58年 1月 7日 附属病院の病床数を821床とする
  5月 16日 附属病院の病床数を808床とする
昭和59年 11月 1日 医学部基礎教育棟増築工事完成

昭和60年代

昭和60年 3月 30日 磁気共鳴診断装置室完成
  9月 13日 医学部アイソトープ研究室完成
昭和61年 3月 31日 教養部トレーニングルーム完成(山の畑地区)
昭和62年 4月 1日 医学部分子医学研究所発足
  12月 28日 計算センター完成(山の畑地区)
昭和63年 4月 1日 名古屋市立大学看護短期大学部設置
  5月 12日 医学部同窓会館開館

平成~

平成 3年 3月 31日 学生会館増築工事完成(山の畑地区)
平成 4年 12月 1日 医学部アイソトープ研究室増築工事、分子医学研究所、医学部実験動物研究教育センター完成
平成 7年 3月 31日 薬学部先端薬学研究施設、共同利用研究施設完成(田辺地区)
  7月 1日 附属病院の特定機能病院承認
平成 8年 3月 31日 教養部廃止
  4月 1日 人文社会学部・芸術工学部・自然科学研究教育センター設置(5学部1センターとなる)
  6月 1日 医学部研究棟竣工
平成10年 8月 1日 蝶ヶ岳ボランティア診療所開設
平成11年 2月 1日 附属病院の内科・外科診療科の臓器別標傍開始
  4月 1日 看護学部設置(6学部1センターとなる)
      計算センターを情報センターに名称変更
  9月 13日 附属病院病棟・中央診療棟建築工事起工
平成12年 4月 1日 名古屋市における組織の見直し(局の再編)により、総務局所管から市長直轄の市立大学となる
      大学院医学研究科の専攻を再編し、入学定員を27名から52名に増員
平成13年 4月 1日 副学長制を導入
      図書館と情報センターを統合し、総合情報センターを設置
平成14年 4月 1日 大学院医学研究科部局化
平成16年 1月 1日 附属病院の病棟・中央診療棟(病床数808床)が稼働開始
  5月 1日 副学長が増員され、2名となる
平成18年 4月 1日 公立大学法人名古屋市立大学設立
平成19年 4月 1日 同窓会の会則を改定し、正会員の条件や名称変更(瑞友会)などを行う
  5月 7日 外来診療棟が開院
平成26年 4月 1日 法人格取得により、一般社団法人 名古屋市立大学医学部同窓会となる