瑞友会トピックス

クローズアップ

「クローズアップ」トップへ

No.049 <瑞友会賞 社会部門賞>
「受賞課題:365日24時間稼働する ドクターカーシステムによる地域福祉医療と交通事故患者搬送への長年の貢献」

[更新日:2019年10月31日/掲載日:2019年10月31日]

受賞報告:「瑞友会賞・社会部門賞」受賞のご挨拶

在宅医療 ロータス
院長 小林勝正(こばやし かつまさ)(S44卒)

昭和44年は激動の時代であった。昭和42年に始 まった東大医学部紛争により国家試験のボイコッ ト、インターン制度の廃止、非入局が全国的に広 がった。そんな中で我々昭和44年卒業生は「卒後 研修をどこでするか」個人がその決定を迫られ た。このような局面を迎えたが為に名大・名市 大・関連病院と医局関連の垣根を越えた人事が行 われた。私も当時2年年長の兄の勧めにより名大 関連の名古屋第一赤十字病院に誘われ外科研修医 となった。この選択が市民病院に囚われることな く他大学が混成となる研修制度の中で切磋琢磨す る環境を与えられたのは幸運であった。

名大・岐阜大学・三重大学など多くの大学から 研修医が流入し研修の充実を争ったものである。そ の後国立がんセンターに誘われ続く3年を国立がん センター外科レジデントとしてさらに激しい臨床研 修にさらされた。それまでの縫合不全や術後合併 症に悩まされた日赤時代とは異なり、ハイレベルな 癌の拡大根治手術を体験することとなった。術後 合併症で亡くなっていく患者を目の前にして昭和46 年より鎖骨下静脈穿刺と静脈栄養を独学にて学び、 昭和47年にそれを実施することにより相当数の患者 を術後合併症から救った。昭和48年国立がんセン ターに移ると同時に鎖骨下静脈穿刺とカテーテル留 置の手技をがんセンターに広め自分自身も放射線診 断学、病理学を再度学ぶと共に外 科の手術療法、 特に合併切除による拡大根治手術を徹底的に学ん だ。もちろん、開胸・開腹手術の双方を学んだ。

レジデント終了後、父の発病のため帰名したが 臨床外科手術の極地まで極めたことにより先輩の 勧めにより学位論文の為の研究に入った。当時の 愛知医科大学はまだ黎明期にあり実験室はがら空 きの状態であった。外科教授には臨床免除をお願 いし、朝7時半から研究室で肝臓に関する犬の手 術を行った。400例の手術の末、日本外科学会に 発表し名古屋大学の学位審査を受けた。

そこで名大の指示があり名古屋掖済会病院、名 鉄病院、岐阜県関中濃病院にて御礼奉公を終了し た。手術をやりきり学位を取得してしまえばあと は臨床にて自分の腕を試すだけである。

35歳の時に当時無医村であった愛知県丹羽郡に て有床診療所を開設した。24時間決して断らない救 急診療を旗印に掲げ母校 の名市大から同窓生の整 形外科、皮膚科、泌尿器 科、耳鼻咽喉科や名大の 脳神経外科から助けてもらい3年後に救急病院となった。地域医療に徹する 為に避けて通れない警察の仕事をし、検死業務に おいても断らない医療を掲げて遮二無二働いた。高 速道路の検視業務から救急医療との兼合いでドク ターカーの必要性を感じ、2008年愛知県で最初のド クターカーの許可を得た。無論このドクターカーの 許可には愛知県警からの協力もあったが、1995年1 月17日に発生した阪神淡路大震災の救助活動が認 められたことも大きい。2011年3月11日発生した東 日本大震災では4月に放射能に汚染された福島に赴 き検死業務を行った。同年6月には宮城県警の仙台 から石巻と気仙沼に赴いた。こうした救急業務、検 死業務をやる側ではなく受ける側にとって今後何が 必要かと言うことを学び、自分の仕事にフィード バックしてきたものである。40年行ってきた検死活 動から「避けることのできる死」をテーマに2017年 より在宅医療に取り組んだ。動けない患者、受診で きない患者、そうした人達を自分が動けるうちに救 いたい。というテーマが私にとって最後に残された テーマである。「書かれた教科書の中には過去の医 学があり目の前の患者の内に未来の医学がある。」

略歴
1969年
名古屋市立大学医学部卒業
1969年-1973年
名古屋第一赤十字病院外科
1973年-1976年
国立がんセンター外科
1976年-1979年
名古屋掖済会病院嘱託
1978年-1979年
愛知医科大学第一外科研究員
1980年
名鉄病院
1980年
名古屋大学医学研究科において医学博士の 学位を取得
1979年-1980年
岐阜県厚生連 関中濃病院
1980年
大口外科クリニック開院
1983年
医療法人医仁会 理事長
1994年
愛知県警察医会入会
1995年
阪神淡路大震災 災害救助活動(全国で初の救援チームとして活動)
1996年
老人保健施設さくら荘開設 医療法人医仁会 さくら病院に名称変更
2008年
有料老人ホーム 太郎と花子開設
2010年
医療法人医仁会 さくら総合病院に名称変更
2011年
東日本大震災 検案(福島県)
2011年
東日本大震災 検案(宮城県)
2015年
愛知県警察医会会長
2016年
大阪大学大学院科目等履修生高度プログラム(死因診断能力の向上と死因究明の研究)修了
2016年
愛知県警察部会副部長
2019年
在宅医療ロータス 院長
小林勝正氏 授賞理由

多彩な社会奉仕活動である。

  1. 地域自治体(小牧市、犬山市、江南市、岩倉市、地域警察等)と組んだ採算度外視の365日24時間待機救急搬送システムを構築し運営している。
  2. 自前のドクターカーに医薬を満載して阪神淡路・東日本大震災地に震災翌日に駆けつけ救援活動を行った。また日本法医学会と警察庁の要請に応えて高放射能物質汚染立入り禁止地域での多くの津波被害者の死体検案を実施した。
  3. 死因不明の異常死体のCT画像診断(Autopsy imaging, Post-mortem imaging)を愛知・岐阜県警の依頼で行っている。(2018年1300体実施)。